おぐけんの経済研究所

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについての記事を中心に書いています。

台風19号の影響で運動会などのイベント中止~まれにみる大型台風

SPONSORED LINK

台風19号接近中

近年まれにみる大型の台風19号

東海や関東甲信では、ところどころの河川で水位が上昇しており、12日の午前ですでに、氾濫危険水位を超えている川があるそうです。

f:id:se-keneconomy:20191012113538j:plain

↑ イメージ画像

 

 

コンビニでも営業を取りやめるところも

今回の台風19号の影響で、一部のコンビニエンスストアの首都圏エリアの約700店を臨時休業としています。

仮に営業しているコンビニでも、消費者が集まり、商品の品切れが目立っているそうです。

 

牛丼チェーン大手のの吉野家では、関東地方と東海地方の約600店を休業としています。

13日については、状況をみて、店舗の安全を確認したうえで営業を再開するとのこと。

吉野家の担当者の話では「台風のルートによっては東北地方の店舗でも休業する可能性はある」と話しているそうです。

 

最近の台風は大型化が進む

最近多く発生している大型台風。

原因は一体何なのでしょうか。今年7月ごろ、南米赤道付近の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が終了して、赤道付近を東から西へ吹く風により太平洋の西にあたるフィリピン沖の海水温が高くなりました。

これに従い、フィリピン沖で熱帯低気圧が発生しやすくなり、温度の高い海水温のために熱帯低気圧はエネルギーを供給され続ける状況となり、勢力を増し強く大型の台風に発達しやすい状態になっているそうです。

 

そもそも、日本付近の海水温の上昇は、エルニーニョ現象の終了でも説明は可能だそうです。

気候変動は、いろんな説があり、一部では単なる気候変動の周期だという人もいます。

 

何が正解かはよくわかりません、

周期が大きすぎて、人類が生きている周期と比較できないからです。

 

鉄道各社は運行取りやめ

新幹線は、山陽新幹線で、新大阪〜岡山間を終日運転見合わせています。

東海道新幹線も、東京〜名古屋間を始発から運転を取りやめています。

東北・山形・秋田・北陸・上越各新幹線は、正午頃から一部運転を取りやめ、15時頃にはすべての運転を見合わせます。

 

飛行機はどうかと言うと。
全日空ANA)は、羽田・成田両空港発着の国内線全便と国際線の一部を欠航するとしています。

日本航空JAL)も国内線・国際線の多数の運航便で欠航を決めています。

 

皆さん移動は気を付けるように。