おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

今日で仕事は終わり~今年一年頑張ったな

SPONSORED LINK

今日で仕事は終わりです。

振り返ってみればあっという間だったな。

1月から振り返ると、担当したプロジェクトは3つ。

1つ目のプロジェクトは、少し手間取ったが何とか納めた。

立ち上がり時は、まとめる予定ではなかったので、急に言われてとまどりました。

だから、点数で言うと50点。

だから2つ目は最初から頑張りました。

見積段階から担当し、要件定義も基本設計も、顧客とみっちり話し合い、議事録で再度確認するなど、徹底した。

開発も、日々進捗管理し、対面で話を聞き、全くの遅れなく進めた。

上長への報告も、これでもかと言わんばかりに、数字を明示した。

そのおかげで、かなりの評価を得られたと思う。

まぁ、それはボーナスという形で、しっかりと実感できてる。




f:id:se-keneconomy:20191226183027j:image


 

3つ目は2つ目のプロジェクトの派生といった感じで、粛々と進めるのみと言う感じだ。

お客様も紳士的で、最高にやりやすい。

やはり、お客様のレベルが高いと、仕事もメリハリが出来、やりがいもある。

その辺は非常に恵まれたと思う。

 

システムエンジニアという仕事は、昔は新3Kと呼ばれるような、どちらかというとブラックな仕事だった。

もちろん今でもそう言う会社はある。

しかし、大手となると、もう働き方改革とか、コンプライアンス厳守で、残業も少なく体的にはしんどくない。

ただ、仕事の特性上、お客と会話する機会が多く、またプロジェクト単位でメンバーも替わることが多く、常に新たな人間関係を築かないといけないため、そういう事が苦手な人にとっては、過剰なストレスとなるだろうな。

自分も、もうここまで来ると、知らない人と話をするのに緊張するというのは、もう全くないけど、ずっと同じメンバーでやる仕事に憧れたりはする。

 

最近は管理とか、上流工程がメインなので、技術動向に振り回されることはなくなったけど、最新技術について、焦るときもありますね。

そういう所はシステムエンジニア、IT業界の楽しいところでもあり、つらいところでもある。

新しいプログラミング言語アーキテクチャでプロジェクトを進めるとなると、やはりあら程度の勉強は必要で、いくら年取ってもその辛さというか、大変さはある。

 

子供に同じ仕事に就かせたいかというと、いやー、止めとけって言うな。

もっと楽な仕事はいくらでもあるぞって。

 

システムエンジニアとして働くなら、せめて大企業にするべきです。

小さな会社はいくらでもあるが、そんな会社は結局派遣業と変わらない。

プロジェクト単位で呼ばれて、プロジェクトが終わると契約もなくなる。

優秀なエンジニアの場合は、がっつりと次から次へとプロジェクトに参加して貰い、ある意味好待遇で働くことも出来る。

スキルがあれば、逆に大手よりはそっちの方が、余計な事を考えないで、開発に集中できるので良いかもしれない。

 

大手企業だと、予算だの見積、プロジェクトでの採算など、ほんとに開発以外の事で頭を使うようになり、まだと開発したいなって思うようになります。

 

まぁ、少しシステムエンジニアという仕事について語りましたが、楽しい仕事であることも事実です。

いろんな会社と付き合いも出来るし、出張もあったりするので。

 

今日は納会と言うことで、会社のフロアでお酒と、軽いつまみが出ました。

フロア自体、2,3百人は入るようなフロアなので、納会と言っても結構壮大な物となります。

 

少し体調が優れなかったので、ビール一缶飲んで、少ししゃべって、自席に戻りました。

なんか、今日で仕事が終わると思うと、なんかしっくりこない感じがします。

何だろうか、このやり残した感は。

 

年末の土壇場で、営業とのトラブルとか、いろいろあったからかな。

まぁ、そうはいってもキリが良いのは確かなので、気持ちを切り替えて、明日から休みに入ろうかと。

子供の子守で1日費やされますが、今のうちですからね。

大きくなると、自然と相手にされなくなりますから。

上のお兄ちゃんは、大きくなり少しづつですが父親離れして行ってます。(母親離れはまだのようですが。。。😅)

 

これからもこんな感じで、のんびりとブログを更新していきますので、皆さんよろしくお願いします。

 

では。また。