おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

トップの原因と対処法~ドライバーは逆

SPONSORED LINK

今年も後もうわずか。

ちょっと間隔開いてしまいましたが、練習場に行ってきました。

アイアンで少しトップが出ました。

この対処法は意外と簡単なんですが、忘れてしまってはもったいないので書いておきます。

こういうふうにブログに書いておくと、ゴルフ場で困ったときに、簡単に見ることが出来るので良いんですよね。

だから、速攻で出来る対処法と、もっと練習して身につけるべきことを書いていきたいと。

 

f:id:se-keneconomy:20191229190333j:plain

アイアンでトップが出たとき

これは、日頃のルーチンの中で、手の位置を見ると答は簡単に出ます。

(あくまで私自身のスイングにおいてです。)

構えるときに、手がぶらんと真下に下がるようにして構えます。

それを忘れると、少し手の位置が前に来てしまいます。おへそと手の間の間隔が広くなっている状態です。

その場合、下手するとトップが出る場合があります。

 

構えるときには、きちんと手を真っ直ぐ下に置き、リラックスした感じで構えることです。

これでトップは治ります。

気をつけないといけないのは、今度は少しダフりやすくなることです。

ダフリについては、また別の問題であり、左右のスエーをなくし、きちんと左手を軸に、左足にしっかりと体重を乗せるとダフりません。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

逆にドライバーは

実はこれをドライバーですると、テンプラになったり、地面を叩いたりする可能性があります。

ドライバーの場合には、セットアップの時に上から下に降ろす感じですると良いって言われています。

これは、手をアイアンとは逆に少し前に。

手とへその感覚を少し開けるようにした方がいいのです。

トップより、ティーアップしてる分良い位置に当たるようになります。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

後はゆっくりとスイングすること

アイアンもドライバーも、後は同じようにゆったりとスィングすれば良いのです。

これは非常に大切ですね。

いつも心がけるべき事です。

他のことは多少忘れても良いですが、これだけは絶対忘れないように。

 

ハーフスィングで打つ瞬間右を向くイメージ

よくプロのパンチショットで、しっかりと顔が残ってる写真を見ます。

顔と一緒に左に行くよりは、顔を逆に持っていく感じにすると、鋭い球になるような感じがします。

思いっきり振らなくても、こういう気持ちで打つと、ゆったりなんだけど生きた球が打てます。

 

www.oguecolabo7.com