おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

Excel使って資産管理とシミュレーション~サラリーマンでも1億円は夢じゃない

SPONSORED LINK

仕事柄、Excelは非常によく使います。

もう、資料は8割ぐらいがExcelですかね。

Wordで資料を書くってことはほぼありません。

パワーポイントはたまに使いますが、ほとんどがExcelですね。

実は本当にExcel好きなんですよね。

便利で、見た目もよくて、計算もできてグラフも書ける。

Excelは本当に便利です。

 

f:id:se-keneconomy:20200103201906j:plain

資産管理表

資産管理は、全てExcelで行っています。

毎月の資産管理および長期の計画もExcelで行っています。

 

日々の収支については、スマフォのアプリを使用しています。

androidアプリである「マイ家計簿」というのを、もう長い間使用しています。

このアプリは、CSVファイルでデータをダウンロードできるため、1年に一度ダウンロードして、パソコンで集計することもできます。

 

各投資先単位に、利回りの計算をしたりします。

CSVファイルは、普通にExcelで読み込めるため、フィルターを使ったりといろいろ活用できます。


毎月の資産状況の管理はExcelで行っており、資産の状況が一目でわかるようになっています。

投資信託が先月と比べてどのぐらい増えているか。

利回りはどう推移しているのか。

目標に比べて増え方はどうか?そういうことが一目瞭然です。

 

株式やら、FXやらも同様に、先月比であらわすようにしています。

グラフで表示することもできるので、どのように変化しているのかも一目瞭然です。

シートは、全体のポートフォリオがわかるもの。

投資信託、FX、仮想通貨と分けています。

 

最近は、年単位の資産のシミュレーションも行っています。

気が早いんですが、65歳までの投資計画。

あと、65歳からの資産の取り崩しのシミュレーション。

もう、ここまでくると遊びが半分みたいな感じですが。

シミュレーション通りに行けば、なんか気持ちいいですからね。

そのせいで、ほったらかし投資をしているにみかかわらず、ついつい資産の現状を入力し、眺めています。

 

↓ これは投資信託の状況です。

 

f:id:se-keneconomy:20200103202312j:plain

 

点線で右の方へ伸びているのは、投資信託複利で運用したときの計画(予定)となります。

実線の水色の線は、純粋な積み立て額の線となります。

黄色の線は利回りです。現時点での純粋積立額と、実績より算出しています。

 

FXを外貨預金代わりに

↓ こちらはFXです。

 

f:id:se-keneconomy:20200103202414j:plain

FXを預金代わりにしています。

 

スワップポイントを貯めながらですが。

オレンジの線は、投資額+スワップポイントです。

青の線は、どこまでロスカットしないで耐えれるかを表した線です。

ほっとけばこの線はどんどん下がっていきます。

今は大体4.7円ぐらいまで下落しても耐えられるということです。

目標は1円。

 

要するに、もうロスカットの心配は全くないというところです。

まぁ、3円程度まで下がると、もう大丈夫でしょう。

深緑の線は、評価額です。

薄い緑は投資額です。

ここから引き出すと、この薄い緑の線が下がってきます。

オレンジの線を上げて、薄い緑の線と青い線を下げていくことが目標です。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

ストック収入と想定資産額 

今の段階でストック収入がいくらあるのか。

65歳でいくら資産があり、いくらストック収入が得られるのか。

65歳になったら、投資を投資信託に一本化し、年換算で約7%程度を切り崩しながら、小遣いにする。

 

するといくら月々使えるのか。

などなど、シミュレーションしながら計画しています。

計画はあくまで希望的な高い値をせずに、少し下値でやっています。

そうすることで、何か問題があった時でも、それまでの蓄えがバッファになりますからね。

 

複利の計算をしてみると、更に楽しいかもしれませんよ。

今の年齢から、毎月いくら積み立てをしたら、定年時にいくらになるか。

こういう計算をしていると、本当に若いときから積立投資をしていればなって、つくづく思いますね。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

サラリーマンでも1億円は夢じゃない

この複利と積み立てをシミュレーションすると、実に楽しい。

Excelで例えば、20歳から積み立てで投資をするとどうなるか。

計算してみると、定年(60歳)時にどのくらいの資産になるのかわかります。

ボーナスでいくら積み立てるか。

毎月いくら積み立てるか。

独身の時にはいくら貯めれるか。

結婚した後も、一定額を積み立てする。

私も独身時代には、最大月に6万円を財形で積み立てていました。

ボーナスも、最初の頃はボーナスで何か買っていましたが、途中から特にボーナスだからと言って、何かを買うというのは無くなりました。

すると、ボーナス時に結構な額を積立てに回すこともできます。

というふうに想定しシミュレーションしてみると、6,000万円から1億円程度資産を増やすことができることがわかります。

もちろんこれは複利で運用したときですが。

積み立てのみだとそんな額にはなりません。

積み立てのみと言うのは、銀行に預けるのと同義です。

目標として1億円を定年までに貯めるぞ!って考えると、まず目標としてExcelでシミュレーションすることを強くお勧めします。

 

まとめ

まとめ
1.Excelで資産を管理することは、日々、月々の進捗がよくわかる。
2.定年までの資産運用と、定年後の切り崩し時の進捗・資産状況もシミュレーションできる。
3.若い人は月々の積立、複利による資産状況を見るとサラリーマンでも1億円も無理ではない。

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com