おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

人生での三大出費をいかに乗り越えるか

SPONSORED LINK

お金に関して、老後を含めて考えるとき、大きな出費についてより深く考える必要があります。

よく言われる出費と言えば。

マイホーム、教育費、老後の生活費。

更に加えるとすれば、車の費用、医療費でしょうか。保険料もありますが。

 

 

f:id:se-keneconomy:20200115215040j:plain

 

 

人生の大きな費用について(マイホーム、教育費など)

これらの費用は、仕方ないと考えている人も多いですよね。

みんな同じように必要なものだからと。

教育費に関しては、教育方針により1,200万程度から2,500万程度とかなり差があります。

全て公立か、全て私立かとかで、かなり変わってきます。

 

先ほど挙げた金額でも、大学へ進学しないとか、また、私立の医大に行くとか大学のランクによって、上にも下にもかなりぶれる場合もあります。

 

最近は、車を持たないという若者も多くいるようです。

草食系が増えてきたというのもありますが、まず維持費用の高さをみんな嫌ってるんでしょうね。

ガソリン代は、ハイブリット車や、乗る距離により変わりますが、車検代とか税金は必要ですからね。

 

都会ではまだ車もないという選択肢もありますが、報道で言われているように、そういう生活で満足できるのはほんの一部でしょう。

本当に都心というか、中心部のみで生活が成り立っている人達でしょう。

子供がいたりすると、全て電車ってあり得ないと思いますが。

 

マイホームについては、日本人の新築好きにより、かなり高額になっていると思いますね。

確かに家を建てたというのは、ステータスになったり、人生の一つの目標を達成したという、そういうものはありますね。

しかし、今の世の中、子供と将来も同居するというのは考えない方が良いと思います。

自分達がそうだったように、結局子供達もマイホームを目標にするかも知れないから。

すると結局1世代のために、高額なマイホーム費用を払うことになります。

もっと、リフォームとか、中古を見直した方がいいと思いますね。

 

新築はお金に余裕のある人が建て、そのあと、中古をみんなが購入する。

マイホームや、新築のマンションなどは、人が入ったとたん価値はかなり減ります。

4,000万で買ったマンションも、よほど立地が良ければ別ですが、大抵半分くらいまで価値は減ります。

新築の一軒家でも30年もすれば上に建っている建物の価値はほぼゼロとなります。

 

中古だと、減る額はかなり抑えることが出来ます。

ただ、中古を買うという感覚は、まだ日本人には少ないと思いますね。

欧米では結構当たり前なんですがね。

欧米では、間取りと場所により価格が決まり、築年数はあまり考慮されないようです。

 

老後については、現役世代の頃から、まずは計画と準備をしておくことですね。

本当に最近分かったんですが、20代からコツコツと投資をしておけば、老後に1億円とか貯めることは可能なんですよね。

エクセルで、毎月の積立額、運用利回り、ボーナス時の積立を入力し、複利で運用したらいくらになるかは簡単に算出することが出来ます。

 

www.oguecolabo7.com

 

自分の子供や、もし周りに若い人がいたら、是非教えてあげてください。

但し、投資先や、目標の利回りについては、自分で調べる必要があります。

誰かに言われたり、教えて貰った投資先では意味ありませんし、誰も責任取れませんから。

そこは頑張らないとね。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

三大費用を抑える方法のまとめ

なんか、前章でいろいろ書きすぎてしまいましたが、まとめてみるとどうでしょうか。

 

■マイホーム

元々ある日本人の新築神話。

これを崩すのは難しいですね。

一般的によく言われているのは、立地条件が良い、価値の下がらないマンションを購入し、落ち着いたり家族構成が変わったら売る。

しかしこれは普通無理ですから、1世代で住んで、あと売却しやすい場所に建てる。

または、マインドを変えて、しっかりとした中古を購入する。

古い家を購入し、リフォームする。

でしょうか。

 

■教育費

この費用については、もう家計で出来るのは、計画を建てて積み立てておく。

子供と小さい頃から話し合い、何がやりたいのか。により、進路を一生懸命決める。

無駄な教育を受けない。その代わり本当にやりたいことには、しっかりと協力してやる。

あとは、政府がもっとしっかりしろと言いたいですね。

少子化を嘆いているなら、子供がいる世帯への支援はもっと分厚くしないと。

子供増えませんよ!

 

■老後の生活費

これもさっき結論まで言ってしまいましたが、計画と積立。

エクセルを使い、定年までの計画を立てる。

計画に対して、余裕があればそれを余暇に使うなり、計画よりももっと目標を高くする。

お金を貯めるだけが人生ではなく、楽しむことが人生の第一の目標ですからね。

※投資はあくまで自己責任で。

とよくありますが、しっかりと分散投資、余裕資金での運用、信用取引には手を出さない!とルールを守れば、投資をしないリスクを回避し、インフレにも強い資産を形成することが出来ると思います。

説得力を上げるために私も頑張ります!

 

■その他、車関連

ファイナンシャルプランナーなどが、家計チェックでよく言うのが、固定費である車を手放すこと。

確かにそうなんですが、車無しで生活できるのって、日本ではほんの一部ですよ。

それに今でも成功のステータスにもなってるし、若者の目標にすべきだと思います。

お金を儲けて、良い車に乗る!

人生を楽しむのがまず大きな目標ですからね。

目標を上から言うと。

 

  1. 人生を楽しく過ごす
  2. 必要なお金を持つ、又は、好きな仕事をする
  3. その為の学校に行く、又はその仕事の近くにいる
  4. 学校に行くための勉強をする
  5. 自分で努力できるように精神力を鍛える

 

本当の目標を間違えたら駄目ですからね。

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com