おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

口内炎が痛くて涙が出る~早く治すコツは

SPONSORED LINK

口内炎ができてる。

痛い。

結構昔から口内炎ができやすい体質だったんですが、親知らずを4本抜いてからは、口内炎がなかなかできなくなりました。

親知らずが、疲れたときに舌を傷つけて、それが原因で口内炎に移行するって感じでした。

その親知らずが無くなり、本当に助かりました。

今から思えばよく4本1度に抜いたなって思います。

昔から親知らずはあったんですが、歯医者さんには真っ直ぐ生えているので抜く必要はありませんよって言われ続けてきました。

でも、やはり奥にあるので虫歯にもなりやすい。

それに何と言っても口内炎の元になる。

と言うことで、抜くなら一気に抜こうと思いました。

まぁ、大変でしたけどね。

ほんとに椅子に座って2時間ぐらい格闘したのを思い出します。

2時間と言っても1本にですけど。

f:id:se-keneconomy:20200208212101j:plain

 

と言うことで口内炎ができる回数は減ったんですが、1度口内炎になると痛い。

口内炎になると食べ物が食べれなくなります。

しかし食べないというわけにはいかないので、ビダインゼリーと栄養ドリンクのみとなります。

もうおかゆとかも正直無理です。

これをひどい時で一週間ぐらい続きます。

体重も減りますね。

意図しないですが、強制ダイエットです。

鏡で見ると、顔がシュッとしたような感じになり、あながち悪いことばかりではないなって。

しかし、これが治ると反動が来るんですよね。

如何に食と言うのが人生において大切かがすごくよくわかります。

おいしいものを食べれるというのは本当に人生においてすごい大切なことだってわかりますよ。

口内炎が治った時は。

 

www.oguecolabo7.com

 

では、そんな口内炎を早く治す方法ってあるんでしょうか。

 

1.口の中を清潔にする

これはあくまで口内炎は口の中にできる炎症なので、黴菌の繁殖を防ぐということで非常に大切です。

歯磨きをこまめにするとか、モンダミンなどでよく口をすすぐとか。

あと意外といいのが、のどにシュッとする消毒液。

これを口内炎の患部に吹きかけると意外と効くようです。

こののどに吹きかける消毒液。

よく説明書を見ると、口内炎っていう文字があります。

 

2.ビタミンBを摂取する

口内炎っていうのは、結局は体調不良からくるものだそうで。

特にビタミンBが不足しているとなりやすいとのこと。

従って、しっかりと体を休め、ビタミンBを摂取することで治りやすくなるようです。

以前これを聞いて、小豆(あんこ)を缶詰で売っている奴を買い食べたことがありますが。

今では、栄養ドリンクでビタミンBを取るようにしています。

チョコラBBもありますが、あれ結構高いですからね。

今子供用のチョコラBBがあったので、朝と夜に飲んでいます。

あと、栄養ドリンクと、ビダインゼリーのマルチビタミン

もう主食のように摂取しています。

 

3.歯医者さんが勧める自家製うがい水

これはYoutubeで見たことがあります。

口内炎ができた時に、飲んだり食べたりするとしみます。

何故しみるかと言うと、体の塩分濃度と差があるからだそうです。

逆を言えば、体の塩分濃度と同じ水を作り、それでうがいすれば全くしみないと。

しみないでうがいし、口の中をきれいにできるので非常にいい方法だと。

このうがい水の作り方はいたって簡単。

ペットボトルに水を入れる。

そしてその中に塩を入れる。

少しづつ入れて、しみないところが体の塩分濃度とのこと。

あまり覚えていませんが、ペットボトル500mlで大体4、5g程度だったような。

人の体の中の塩分濃度は、1リットル当たり約9gの塩分があるそうです。

この水でうがいすると、全くしみることなく気持ちよくうがいができるとのこと。

一度試してみたいものですね。

 

最近少しマシになってきました。

うどんは食べれます。

また口内炎ができていない方で食べると、少し我慢しながら食べることができます。

不思議なことにいつも食べる方と逆の方で食べると、味が少し違うんですね。

なんというか慣れていないので、あまりおいしいとは感じません。

不思議です。

 

少しづつ良くなっているので、良くなったら食べたいものいっぱい食べるぞ!って、逆に勇気が出てきています。

本当に好きなものを好きなだけ、好きな時に食べれるって、本当にいいことですね。

こういう時につくづく思います。

 

みなさんも健康には本当に気つけてくださいね。

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com