おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「聖母」秋吉理香子~凄く複雑な感情が自分でも整理出来ない

SPONSORED LINK

今回は、秋吉理香子氏の「聖母」を読みました。

読み終わった後、凄く複雑な感情が入り交じり、なかなか整理出来ない。

誰の視点で見れば良いのか。

誰が悪くて、誰が正義か。

明らかに悪い奴はいるんだけど。

f:id:se-keneconomy:20200216110128j:plain

  

 

 

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

幼児の遺体が発見された。

幼児の遺体には酷い傷が。

すぐに犯人はストーリー上分かるんだが、実は犯人はもう一人いて。

また、マンションに住む主婦が、不審な人物を目撃し、そいつが犯人なのではと、独自に動き出す。

余計なことをするなと思いつつ、結末にはあっと驚くことに。

読み終わった後、もう一回読まないと、なんか納得できないような。

 

 

読んだ時の感想

ストーリーの8割は、なんかサイコパスな女子高生がいて、陰でそいつに付きまとう、更なるサイコパスがいるという展開。

そこになんかよく分からん主婦が、あたふたと参加してくるんだが、凄く次の展開が気になり、あっという間に読んでしまった。

これほどのスピードで読むのも久しぶりです。

最後の結末は、以外で予想できないと思います。

それほど巧妙に練られたストーリーでした。

非常に良く出来たミステリーだと思いますね。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:3

読み終わった後、再度読まないとよく分からないところがあります。

あの人とあの人との会話が。。。みたいな。

 

◆意外度

意外度:5

意外度は、ここ最近の小説の中ではピカイチかと。

これは予想外でした。

しかし、巧妙で納得できますが、実写化は難しいだろうな。

 

◆夢中度

夢中度:5

夢中で一気に読んでしまいました。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

ここは、この小説のキモかな。

誰が悪かったのか。

基本的には納得できるのですが、唯一納得できないのは、子供が被害者になってるのに、いかにも悪い子供だからと言う感じで終わってること。

悪いのはあくまで親。

子供はそんな親の犠牲者です。

小説では、どこかそういう子供たちが、悪のように描かれているようで少し気分が悪いです。

しかし、それ以外では、いくら罪を償ったとしても、異常犯罪者は社会が抹殺すべきというのは、大いに賛成するところです。

更生って言うが、人間の本質は絶対治らない。

治らないから、いつ犯罪をまた起こすかわからない。

いつも被害者はか弱い人間であることを忘れてはならない。

子供や女性。

そういう犯罪者は弱いものしか相手にできなんだから。

 

 

www.oguecolabo7.com