おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子」富樫 倫太郎~うーん、まぁまぁかな

SPONSORED LINK

今回は警視庁捜査課で働く、バリバリの女性刑事の話。

いわゆるスーパーウーマンで、格闘技、射撃の腕はピカイチ。

検挙率は高いが、どうしても相手を完膚なきまで叩きのめしてしまう。

で、いろいろと署内で煙たがられてるという、少しありきたりの背景ですが。

 

f:id:se-keneconomy:20200315220711j:plain


  

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

警視庁捜査課にいるスカーフェイスとあだ名される女性刑事。

淵神律子

顔の傷は、以前ベガと呼ばれる殺人犯に付けられたもの。

傷を治すことは出来るが、あえて残し、捕まえることを執念としてる。

あるとき、またいつものようにやり過ぎたことにより、捜査課の中でも、窓際族が集まる、第三係に移動させられることになった。

仕事がないところで、思う存分、ベガ捜しに没頭できるようになり、犯人を追い詰めていく。

って感じ。

 

 

読んだ時の感想

ハードボイルド系ほどでもないんだけど、嫌いなアル中と言うのが、まぁ相変わらずクズだなった。

酒に溺れる人って、こういう考え方なんだろうなって、まぁ、呆れる感じかな。

本人は意識出来ていないんだけど、体がアルコールを欲して、少しぐらいなら、制御できると考えて、酒に手を出してしまう。

まぁ、クズですわ。

しかし、犯人を徹底的に痛めつけるところは、スッキリですね。

やたらと人権を意識して、犯罪者に危害を加えないようにする日本の警察は、本当に頼りなく思ってますからね。

目の前で、少女に危害を加えようと集団でいてる若者に対して、腕をへし折ったぐらいで、警察が怒られるってどういう価値観やねんって。

射殺でもいいぐらいやのに。

逆にその辺がストレスになったかな、読んでいて。

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

読みやすかったな。

物語自体はシンプルだし。

ストーリー展開も、そこそこ早いし。

 

◆意外度

意外度:4

読んでいて、後半の8割ぐらいでなんとなく、刑事と一緒に犯人がうっすらと分かってくる。

展開と意外度はそこそこあるかな。

 

◆夢中度

夢中度:4

刑事物で、スパスパと犯人をあげ、徹底的にやるすっきり感があるため、結構夢中で読める。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

原因もはっきりするけど、なんか最後に謎の人物登場で、これ、続編作る気アリアリやなって。

また、ドラマ化考えてるようで、少し興ざめしたかな。

如何にも警察内部に黒幕がいるような。

しかし、元の部署に戻れて良かったねって。

 

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。