おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「雪虫」堂場瞬一~新潟を舞台とした三代警察一家の物語

SPONSORED LINK

結構好きなんですよね、堂場瞬一氏の作品。

特にこれってのは無いんですが、店頭で見かけて面白そうであれば買ったりしていました。

今回の「雪虫」は、500頁を超える大作。

その上、たまに本の中で出てくる鳴沢了と言う刑事が初登場します。

鳴沢了シリーズのデビュー作品。

 

 

 


f:id:se-keneconomy:20200316075157j:image

 

説明 注!ネタバレ

概要はというと、新潟で発生した老女殺人事件。

老女の素性を探ってみると昔、かなり昔に宗教団体を立ち上げていたことが分かった。

有力な目撃者もおらず、悶々とする中で、鳴沢了は全く異なる観点で捜査を始める。

親子三代警察官という家庭環境で、父親は事件が発生した所轄の署長。

お爺さんは元捜査一課の大ベテラン。

 

複雑に絡み合った家族関係と事件の行方。

結構読み応えもあり、夢中になって読んでしまいました。

 

読んだ時の感想

警察官を天職と考える鳴沢了。

こだわりが強すぎて、なんか応援できない。

そんなキャラクターだ。

正義感が強すぎるというのか、うまく立ち回れないような感じがするが、しかし、警察官としては有能だ。

 

警察官として誇りを持っており、嫌というほど悪者を憎む。その気持ちは凄く分かるんだが。

そんな彼も好きな人ができたという、そんな描写も結構ありはするが。

警察官としての責任感がありすぎるのか、読んでても、絶対結婚なんて無理だぞって思うんだが、結構アタックしてた。

おいおい、なかなか理解は得られないぞ!って、途中よくつっこんでたな。

ただ、結婚前提と考えるなら警察を辞めてって言う女性もどうかなって。

結婚するために仕事変えないでしょ、普通。

仮に変えたとしても、そんな男性逆に頼りないと思うがね。

 

最後は意外な顛末となるが、50年以上前の、混沌とした社会では、そのぐらいはと思ったりもする。

正義感が強い上に苦悩するのは分かる。

父親が言った言葉も、後半にかけてよく分かる。

どんな状況になっても親子なんだなって。

しかし、了には届かないのか。

それだけ真っ直ぐすぎるんだって。

 

最後に警察官を辞めるが、その後どうなるのか?

凄く興味が湧いた。

と言うことで、次の作品の「破弾」をネットで買ってしまった。

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:5

読みやすかった。

突然テンポが速くなるところもあるが、そんなに複雑ではないため、頭によく入ってくる。

 

◆意外度

意外度:4

少し違和感を感じながら読み進めていくが、最後は意外だったな。

まさかって感じだ。

線が薄そうな所から、少しづつ開けてくるのはよいが。

ただ、何故そんなこと調べられたんだってのが気になるな。

 

◆夢中度

夢中度:3

夢中にはなれる。

普通に。

ただ、評価としては、無中度は中かな。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:4

物語中の事件としては、スッキリと解決してないが、読者にはきちんと説明があり、納得。

ただ、さっきも書いたが、なぜ事件の真相を素人が調べ上げることができたのが。

しつこさと執念か。

事件が起きたことで関係者の口が重くなったのか?

しかし、当時、不安からあることを起こしてしまってるのに、喋るかなって疑問はあるね。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。