おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

グリップはインターロッキングが合っている~ブレが少ない

SPONSORED LINK

ゴルフのグリップには3種類あります。

  1. オーバーラッピンググリップ
  2. インターロッキンググリップ
  3. テンフィンガーグリップ

私の場合、インターロッキンググリップです。

f:id:se-keneconomy:20200322064601j:plain

グリップの遍歴

ゴルフを始めたときは、インターロッキンググリップでした。

昔は一般的だったと思います。

グリップと言えば、インターロッキンググリップという認識でしたね。

当初からオーバーラッピンググリップがあったかもしれませんが、当時は知りませんでした。

インターロッキンググリップはかなり長くしてましたね。

 

その後、なぜかオーバーラッピンググリップになりました。

何故でしょうか?

あまり覚えてませんが、スランプに陥ってて、初心に返り、グリップから見直したという感じでしょうか。

このグリップも長かったな。

しかし、このグリップは、なんか不安定でした。

いつもなんか緩む感じで。

思い返せば、この頃はほんとにダブリやトップが多かったような気がします。

 

で、再度インターロッキンググリップに変えました。

なんか、グリップがきっちりとはまり、安定してきました。

オーバーラッピンググリップは、ての重なり具合が微妙で、逆に気にしてしまうという欠点がありました。

 

インターロッキンググリップをしているプロとして有名なのが、タイガーウッズ

インターロッキンググリップでも、しっかりと実績を残しているという証拠です。

 

インターロッキングが合う

私にはインターロッキンググリップが非常に合うようです。

クラブにしっくりくるというか、がっちりはまるというか。

安定感は抜群によくなりました。

オーバーラッピンググリップだと、少し疲れてくると、手が離れてくるという感覚に悩まされることもありました。

インターロッキンググリップは右手と左手の距離が近くなります。

その為、少しクラブがぐらつく感じもしますが、それがかえって正しいスイングを身につける助けにもなります。

手首はしっかりと安定的に固定される感じですが、クラブは左右には振りやすくなります。

 

ちなみにそれぞれのグリップの比率はというと。

オーバーラッピングが約50%強。

続いて多いのがテンフィンガーで20%程度。

そしてインターロッキングだそうです。

 

メリットとデメリット

インターロッキンググリップのメリットは、やはり右手と左手がしっかりと固定されると言うこと。

それにより、コース場で疲れてきても、右手と左手の距離がいつも安定します。

 

デメリットは今のところありませんね。

昔は練習で打ってると、指が痛くなることがありましたが、もう今はありませんね。

打つ数も減りましたからね。

昔は100球ぐらいは平気で打ってましたが、今は40球程度です。

球数は少ないですが、目標持って打ってますからね。

 

一般的にインターロッキンググリップのデメリットとして言われているのが、フックが出やすいということ。

まぁ、これは手首の一体感が出る代わりに、クラブの返しが起こりやすいと。

その為、打った時にクラブヘッドが返り、ボールにフック回転がかかるというもの。

逆に言えばスライスに悩んでいる人は、このインターロッキンググリップがいいということにもなりますが。

 

ストロンググリップとスクエアグリップ

余談ですが、グリップには、あとストロンググリップ(フックグリップ)とスクエアグリップニュートラルグリップ)があります。

ストロンググリップは、左をかぶせるように握るやり方です。

f:id:se-keneconomy:20200322104219j:plain

ストロンググリップは、フックがでやすい握り方と言えます。

左手のこぶしの山が3つ程度見えるぐらいに、左手をかぶせる握り方です。

 

最近のPGAツアーの選手に多いそうです。

タイガーウッズ選手は昔からこのストロンググリップでした。

 

日本人の選手は、手先が器用でクラブを自由に操る技術があるため、いまでもスクエアグリップの人が多いようです。

ストロンググリップは、力いっぱい振るときに、手首と言うかあまりそういうところに仕事をさせない握りです。

 

当然私はスクエアです。

昔ドライバーでスライスに悩んでいた時に、ストロンググリップを試したことがありますが、なかなか難しいです。

そもそもスライスの原因が他にあったので、まずそちらから修正していきました。

その段階で、スクエアグリップが身についてしまいました。

 

あまりドライバーを力いっぱい打つと、まだ左右にぶれるので、スクエアで体の正面でとらえる打ち方の方が合っているようです。