おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

南アフリカランドが6円を割った~格付けとコロナショックが要因か

SPONSORED LINK

とうとう6円を割ってきましたね。

今朝おきて見てビックリしました。

最安値更新です。

いろいろ要因はありますが、一番大きいのはコロナウイルスによる感染拡大でしょうか?

 


f:id:se-keneconomy:20200330074559j:image

 

南アフリカランドは最安値更新

南アフリカランドは、今回の下げにより最安値更新をしましたね。

前回の最安値更新は、2016年6月につけた6.39円でした。

2016年1月に最安値更新して、ほっとしていた6月に再びって感じで来てビックリしたことを思い出します。

まだ、それから4年しか経っていないんですが。

今までの統計上、南アフリカランドが最安値更新を更新するのは、大体7年から8年はたっていたんですが。

今回はその約半分の期間で最安値を更新してきました。

 

 

要因は

主な要因は、新型コロナウイルスの世界規模での感染拡大。

あともう一つが格付け会社による格下げでしょう。

 

まず新型コロナウイルスの感染拡大問題ですが、これはもう仕方ないですね。

いまだに収束のめどすら立っていない状況で、経済はもうガタガタです。

リスクオフムード満載で、とても新興国通貨に資金が向かう状況ではありません。

収束する兆しが見え、経済の損失具合が具体的に見え、対策案がしっかり効いてくると、再度資金が回ってくるんではないかと思います。

いつまでもこのままと言うことは無いでしょうが、資金が戻ってくるのは2020年の9月以降になるんではないでしょうか。

為替では、ドルが買われてると思えば、今度はドルが売られてます。

もう、資金がどう流れるのかよく分かりません。

現金に変える流れもいまだにありますが。

しかし、こういう状況で上がりやすい金がいまいち元気ないですね。

 

もう一つの要因は、格下げです。

ムーディーズ南アフリカの格下げを下げてジャンク級としました。

タイミングが薄商いの時間帯だったので、一気に下げましたね。

 

27日に、格付け機関ムーディーズは「財政的に不安定であること」などを理由に、南アフリカ国債の格付けを下げました。

ランクは、「Baa3」から「Ba1」です。

見通しは、ネガティブとなりました。

 

しかし南アフリカってまだまだだなって思いますね。

潜在能力はあると思うんですが、政治がまだまだ三流なんだろうな。

もっと先進国の優秀な人材を入れて改革していけばいいのにって。

電力問題も深刻ですが、日本とかのかなり優秀な技術力をもっと南アフリカに生かせないのでしょうかね。

日本の企業も南アフリカでいろいろやってると思うんですが、中国のように、そこに住み骨を埋めるって覚悟で行くって事がないので、なんか中途半端なんでしょうかね。

その点ほんと中国って凄いですよね。

その地で、中華街を作る勢いで移住までさせて、公共事業をやっていったりしてますよね。

 

どちらでも南アフリカがもっと良くなれば良いのですが。

 

 

 

www.oguecolabo7.com

 

今後の展開予想

先ほど少し書きましたが、年の前半は6円近辺で停滞するのかなって。

もっと下げて5.5円くらいでの停滞もあり得ますが、コロナウイルスの感染拡大が少しでも落ち着けば、少しぐらいは上がるのかと。

ただ、あと一年ぐらいは7円台は遠いのかと。

これから寒くなる南半球、南アフリカの感染がどうなるのか。

その頃には少しでも効く薬が出来ているのか。

それによりかなり変わってきますよね。

 

 

南アフリカランドと付き合うには

こういう事がたまに起きるのが、新興国通貨の怖さです。

南アフリカランドとか、トルコリラなどは、この典型でしょう。

従って短期トレードには向いてないかなと思います。

スキャルピングなど、超超短期ならまだ稼げるか持って思ったりもしますが、スプレッドが大きいので、それも向いてるかは不明です。

長期でレバレッジをなるべく低くしてスワップ貰いながらと言うのが1番向いてるのかなと思いますが、新興国の発展スピードがうまく上がれば、キャピタルゲインも狙えるですが。

ズルズルと後退するようでは少し心配になりますよね。

 

スワップを貰いながら、少しづつ投資資産を減らしていき、最終的にはスワップのみで運用指針出来るようになれば、ベストですね。

まぁ、そこまで行かなくても、かなりレバレッジを下げるところまで我慢する。

国がある以上下がるにも限度がありますからね。

南アフリカで言えば、アメリカとの貿易でのやりとりがあるから、そんなに国民生活に支障をきたすほどの通貨変動はないと思います。

南アフリカランドは、ドル円÷ドルランドですから、ドル円が将来的に上昇する。

そして、ドルランドが下がっていくと、自然とランドは、上がっていきます。

ドルランド(USD ZAR)が上がるというのは、南アフリカでどんどんアメリカからの輸入品の価格が上がると言うこと。

それはアメリカも好みません。

これは他の国も同様ですから。

 

もし、南アフリカに対して、貿易を活発化させたいなら、通貨はある程度高くしていないとダメですからね。

 

ただこういう通貨の取り扱いには注意が必要です。

気をつけてやりましょう。

リスクをきちんと理解してやれば、良い友達になれます。

そうするときちんと働いて利益をもたらせてくれると思います。