おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「行方」春口裕子~何か胸が無性に痛くなる

SPONSORED LINK

今回は、行方という本。

題材は比較的よくある事件だが。

しかし、何かすごく胸が痛くなる。それが何なのか自分でも本当にわからない。

嫌な感じではなく、何か胸をぎゅっとつかまれるような。

f:id:se-keneconomy:20200402213013j:plain



 

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

3歳の子供が公園で突如いなくなる。

22年が経過して、事態が急変することに。。。

と、一言で言うとそんな感じ。

しかし、最後の方読んでいると、胸がぎゅー!っと締め付けられる思いがします。

それは何なのか。

どんな感情なのか。

正直わかりません。

3歳の子供が、大人に対して見せる感情。

考えていないにもかかわらず、本能がそうさせるのか。

どうして、こんなに心がギュってなるのか。

可哀そうって感じているのか。

なぜ!?ってそういう気持ちからなのか。

少し安心しているのか。

わからないんだけど、このギュッとする感じ。

読んでいる最中に、子供のところに行き寝ている姿を見て安心する自分がいる。

何だろう。この感じ。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

夢中になって読んでしまいます。

ただ、少し表現が回りくどいというか。

その辺がもやもやしますね。

 

◆意外度

意外度:3

後半から、何となくって感じでわかってきます。

もっと、何かいろいろあったんではないかと思いめぐらせますが、意外と。

しかし、もっと大切なものというか、心にずしりと来るものがあります。

 

◆夢中度

夢中度:5

なぜか、夢中で読んでしまいましたね。

次が知りたくて、少しの時間でも読んでしまいます。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

ハッピーエンド!

平凡な日常がすごく大切で、素晴らしいものだと感じさせてくれる。

人に勧めたい本です。

さっそくかみさんに勧めてみよう!

 

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。