おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「諜報局破壊班員」大藪春彦~伊達邦彦がモナコで活躍

SPONSORED LINK

大藪春彦が作り上げた伊達邦彦と言う怪物。

読んでいてほんとに、スッキリすると言うか、まるでゴルゴ13のような。

大藪春彦と言えば、「汚れた英雄」って言うのがあって、単行本で4冊にもなる大作ですが、ほんとに面白かった。

ここで紹介したいぐらいなんですが、まだ別の機会にします。

さて、伊達邦彦シリーズで有名なのは、「野獣死すべし」でしょうね。

松田優作主演で映画化されてましたが、

f:id:se-keneconomy:20200416201053j:plain



 

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

イギリスで優雅に暮らしている伊達邦彦。

まるで絵に描いたようなイギリスの金持ちみたいな。

少しの整形をして、東洋の彫刻のような顔になり、体は鍛え抜かれた鋼のように。

 

仕事は一応海外特派員

しかし裏の顔はと言うと、イギリスの諜報員。

日本で犯した犯罪をイギリスの諜報局に暴かれ、その腕を見込まれてスパイにされたという。

 

で、突然命じられたのは、モナコ王室の王子・王女が誘拐されたという事件の解決。

犯人の目星は付いてるが、なかなかのくせ者。

何と言っても世界有数お金持ち。

しかも、相当あくどいことで稼いだ、一筋縄ではいかないような相手。

 

伊達邦彦、運までも味方にして、難関を乗り越えていく。

ハリウッドのアクション映画を見ているような感じだが、冷酷さがある。

これは、かなりスッキリとして楽しめますね。

頭を真っ白にして読むのにはうってつけです。 

 

読んだ時の感想

大藪春彦氏の小説は凄いわ。

これほんとにゴルゴ13みたいな、凄い情報量です。

描写が細かい。

ヨーロッパの各地の道路や、公園、建物や景色。

もう本当に詳しすぎて、ネットで調べたりしながら読みました。

 

ニースとかモナコとか、もう地理が全く分かりませんからね。

この辺かと、ネットで地図を見ながら読みました。

 

あと葉巻とか、車についても、ネットで調べながら読むと結構楽しいですね。

葉巻も、ラ・コロナ・コロナとか、結構出てきます。

therakejapan.com

 

昔の小説なので、葉巻を吸うシーンとか多いです。

 

あと、伊達邦彦が優雅にチップを渡すシーンとか、すごくかっこいいなって思いますね。

しかし、ドアに仕掛けをするとか、タバコの青酸カリとか、武器の用意が全て役に立つという点で、さすがにできすぎの感はありますが。

これもスーパーヒーローたるものでしょうかね。

 

今のご時世かなりの批判を浴びそうですが、伊達邦彦の女たらしぶりは、もう漫画ですね。

さすが、男性読者限定のハードボイルドだわ。

言ってもこんな事マネする奴はおらんとは思うけど。

 

しかし、日本で犯罪を犯していたころと異なりスケールでかいわ。

モナコのカジノとか、勝つ金額が半端ない。

セレブが遊ぶ金額と言うのはこんな感じなのかもしれませんが。

 

しかし古すぎてよくわからんとこあります。 

 

さて、伊達邦彦シリーズをまた読みたくなってきましたね。

どうしたものか。

大藪春彦氏の小説は、学生時代からなん十冊と読んできました。

本だなの2段くらいは埋めるぐらいに読んだ気がしますが。

ひょっとして、この諜報局破壊班員も学生時代に読んでいるかもしれませんが。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:3

読みやすいかと言うと、専門用語や、知らない土地の地名などがいっぱい出てわかりづらい。

ただ、テンポも速いため、その点では読みやすいかな。

わからないところは読み飛ばす感じでもいいかと。

戦う時のシーンは、結構真剣に読んだ方が楽しめます。

今、どういう状況化を理解しながらだと、結構楽しめます。

 

◆意外度

意外度:1

意外度はほとんどなし。

あるとすれば、攻撃されるときかな。

大丈夫かなと思いつつ、襲われだすと、何でばれたんやって感じがしますが。

主人公もそうであれば、敵もかなりのやり手ということで、かなりの情報量を持っているということですが。

 

◆夢中度

夢中度:4

かなり楽しめる小説ですからね。

ついつい夢中になれます。

読みだすとあっという間に読んでしまう。

内容的には、もっと長くてもいいとは思うんだけど、意外とページ数は少ない。

最後の方は意外とテンポが速くて、おいおい救出はって感じになりましたが、見事に納めましたねって感じ。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:5

大藪春彦シリーズとしては、今回は意外とすっきりしましたね。

主人公が殺されたりと、エンドは意外と残念なケースが多いのですが。

今回はなんとかすっきりしました。

そもそも伊達邦彦は日本で犯罪を犯して、失敗して世界に出ましたからね。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。