おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「孤狼」堂場瞬一~引き込まれる展開警察の派閥問題に食い込む狼

SPONSORED LINK

堂場瞬一氏の鳴沢了刑事シリーズです。

もう、「雪虫」から始まり、これが4作目。

青山署の刑事である鳴沢了。

今では優美という恋人もおり、一見刑事生活を堪能しているように見える。

そこに、警視庁捜査一課理事官である沢登に呼び出され、匿名を命じられる。

これは面白かったな。

夢中で読んでしまいましたね。

 

f:id:se-keneconomy:20200419182438j:plain



 

説明 注!ネタバレ

概要はというと、青山署で刑事をしている鳴沢了刑事。

そこの突然警視庁捜査一課理事官沢登から呼び出しがありました。

行くとそこには、将来実家のお寺を継ぐ今(こん)刑事も。

2人に与えられた特例とは、自殺した刑事に関係があると思われるある刑事の行方

行方不明になっているその刑事を探し出すというもの。

 

調査を進めていくうちに、警察内の悪事や、派閥争いまで絡んできて、いったい誰が味方で、誰が敵かもう分からなくなってくる。

 

最終的に全貌が見えてくるが、その時には既に敵のわなにずっぽりとはまってるのか?

後半はもう夢中になって読んでましたね。

久々に楽しく読ませて貰ったな。

すぐ次の「帰郷」を読みたくなり、また注文してしまった。

 

読んだ時の感想

鳴沢了も、優美と言う彼女もでき、その子供である勇樹とも良い関係を築いている。

いろいろあったけど、なんか少しづついい感じになってきたなって。

相変わらず一匹狼であまり深い付き合いはない。

ただ、不思議と鳴沢了を気遣ってくれる同僚は結構いてるようで、正義感の強いこの男に惹かれてる人は多いようで。

 

今回の話で1番良いのは、相棒である今(こん)と言う刑事。

認めは相撲取りと間違われるほどの巨体に、他を圧倒させるほどの食欲。

鳴沢了もその食べる量に圧倒され、嫌悪感すら覚えていくが、刑事としての優秀さに気づき、良き相棒として頼っていく。

その過程が非常に、なんか嬉しくなる。

 

何だろうか、見た目に反して優秀で、しかも鳴沢了と同様に正義感も強い。

通常はほんわかしてるんだが、いざとなると頼りになる。

 

あと小野寺冴と実は知り合いで、あってすぐに始めたケンカはマジで面白かった。

それまでの今刑事の振る舞いから、一気に変貌しての様相。

怒りながら食ってる讃岐うどん

 

まぁ、最終的にはこのタッグも大活躍するんですが。

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

意外と堂場瞬一氏の小説って読みやすいです。

慣れたからかな。

少し斜め読みで読んで、あれ?って思うと再度読み直すって感じでも十分内容がわかる。

先が知りたくてついつい気持ちが焦って読み進めてしまいますが。

 

◆意外度

意外度:4

いろいろ途中で混乱してくるが、最後にたどり着く真相にビックリ。

まさかの展開が、これいいわって。

だから後半は夢中で読んでしまった。

 

 

◆夢中度

夢中度:5

これは5を付けさせて貰いますよ。

だって本当に後半は一気に読みましたからね。

この本は、結構分厚いんだけど、3日ぐらいで読んでしまったかな。

最初はスローペースだったんですけどね。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

これは最後をもっともっと読みたいなって。

どうなったかをきちんと書いて欲しかった。

最後に今刑事と別れるところはいい感じだったんですが、それからどうした!って突っ込みたくなります。

そのせいか、次の作品を読みたくなってしまったので、これも作者の作戦なのか。

なんか、のせられたなって。

だからスッキリ度で言うと、中評価となりますね。

 

まとめ
総合評価:4

読みやすさ:4
意外度:4
夢中度:5
読んだ後のすっきり度:3

 

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 


 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。