おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

今回新たな投資信託を追加~SBI・V・S&Pインデクス・ファンド

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆


本当はもうこれ以上投資信託(ファンド)は増やすつもりはなかったんですがね。

しかし、やはりこれは入れておきたいなって。

それが、S&Pインデクス・ファンド。

 

 

ウォーレンバフェットも勧めるS&Pインデクスファンド

f:id:se-keneconomy:20210716113605j:plain

このS&Pインデクスファンドは、あの有名な投資家であるウォーレンバフェット氏も勧めています。

このウォーレンバフェット氏は、投資で莫大な資産を築き上げています。

その資産を妻に残すとして、90%を「S&P500のインデックスファンドで投資せよ」とアドバイスしているというのは有名な話です。

 

しかし、ウォーレンバフェット氏がひきいるバークシャー・ハサウェイは、S&Pインデクスファンドの運用益よりはるかに上をいってますが。。。

 

アメリカ経済に投資する

f:id:se-keneconomy:20210716113654j:plain

S&Pインデクスファンドは、当然アメリカ企業に構成されています。

このブログでもよく言っているんですが、この先を考えると、日本の企業に投資するよりは、断然アメリカ企業に投資する方がいいですよね。

 

購入している投資信託は、ほとんどグローバルに投資しています。

 

日本経済は、日経平均の最高値を付けたのは1989年12月です。

その時の日経平均は、3万8,975円です。

今は、3万円にすら到達していません。

 

それに比べて、アメリカではどうでしょうか。

アメリカのダウ平均株価が、最高値を記録したのは2020年2月です。

現時点では、ダウ平均株価の株価はこれまで10倍にまで上がってきています。

 

一体なんでしょうか、この差は。

f:id:se-keneconomy:20210716111325j:plain

↑ 引用元 ニッセイ基礎研究所

なんですか、これ。

 

S&Pインデクスファンドのメリット・デメリット

◆メリット

メリットとしては、実績ですね。

過去10年間を見てみると、右肩上がりの成長を見せています。

また、S&P500を構成する500社に分散して投資しているので、万が一そのうち1社が倒産したとしても、問題ありません。

これは個別で投資している場合と比べると、おおきなメリットですね。

 

◆デメリット

さて、ではデメリットは。

投資信託は特に長期投資となります。したがって、デメリットとしては、短期的な投資には向かないということですね。

個別で見ると、大きなパフォーマンスを上げている企業もありますが、やはり平均を取るということで、そういう視点で見るとパフォーマンスは落ちますからね。

 

www.oguecolabo7.com

 

購入している投資信託一覧

さて、この投資信託を追加したことで、私が保有している投資信託はどうなるか。

 

  • 三菱UFJ国際ーeMAXIS先進国株式インデックス
  • 三井住友TAMーSMT グローバル株式インデックス・オープン
  • 三井住友TAMー世界経済インデックスファンド
  • レオスーひふみプラス
  • 楽天資産形成ファンド(楽天525)

 

ここに、「S&P インデクスファンド」が追加となります。

 

ちなみにこれらの投資信託が、今まで生み出している運用益は、56万円程度となります。

運用利回りは、22%です。

今年の利回りは、10%程度です。

 

www.oguecolabo7.com

 

 

毎月の積立額

さて、購入することには決めたけど、どう資産を割り当てていくか。

それが問題だな。

 

毎月積立をしているので、その一部を回すことを考えています。

あと、当分の間スポット購入では、この投資信託に多く割り当てるようにします。

 

まだ、これからなんで。

 

今へ移行してFXの自動売買も始めたばかりなんで、なかなか資産がない。

株式に投資している資産が、想定している額よりも多くなっているので、投資信託の方に移したいんですがね。

なかなか売却するものがなくて。

 

まずは、月3,000円程度の積立から始めます。

 

 

www.oguecolabo7.com