おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

「バビロン 大富豪の教え」から得る内容とは〜漫画だとどのくらい有益なのか

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



最近「バビロン 大富豪の教え」と言う本をAppleブックで購入しました。

ついつい本屋で見かけて。

漫画ですぐ読めるかなって思い。

結構厚い本だったので、これはカバンに入れて持ち運ぶのは大変だなって思い、ネットで購入しました。

 

帯にはオリラジの中田が絶賛とのこと。

長期投資とか、お金に働いてもらうというのは、非常に大切なことだ。

f:id:se-keneconomy:20201214214423j:plain

 

バビロン 大富豪の教え

この本は、漫画ではなく普通の本として売られています。

タイトルは、「バビロンいちの大金持ち(The Richest Man In Babyron)」。

100年読み継がれているという名著とのこと。

 

すいません、知りませんでした。

 

著者は、ジョージ・S・クレイソン。

Sはサミュエルの略です。

アメリカの著作家です。

 

このクレイソン氏は、2つの会社を起業しています。

クレイソン・マップ・カンパニー・オブ・デンバーコロラドとクレイソン・パブリッシング・カンパニーです。

 

マップの方は、名前の通りアメリカとカナダの道路地図を刊行した会社です。

しかし、世界恐慌の時に倒産しています。

 

こうやって起業して、いろんな知見を経て、バビロン大富豪という本を書きました。

その本がこうやって長い年月の間、みんなに読まれている名著となっているわけですね。

すごいですね。

 

バビロンの七つの教え

まず、漫画でも最初に七つの教えがあります。

 

バビロン7つの教え! 1.収入の十分の一を貯金せよ。
2.欲望に優先順位を付けよ。
3.貯えた金に働かせよ。
4.危険や天敵から金を堅守せよ。
5.より良きところに住め。
6.今日から未来の生活に備えよ。
7.自分こそを最大の資本にせよ。

 

これ、結構重要なことですね。

特に最初の十分の一を貯金せよって言うのは、よく言われている給与をもらうと、強制的に貯金に回されるようにしておくってことですね。

お金が入った時に、もう貯金分を強制的に投資に回す。

そうすれば、あるお金だけで生活しようとしますから。

その十分の一のお金が、三つ目の教えに従い、運用され利益をもたらす。

 

ここには、出ていませんが、複利が効くので、長い期間かけると、大きな財産になると言うことになります。

 

一つ目と三つ目の教えについては、非常にしっくりきますね。

 

二つ目の教えは、これも結構言われることですが、なんでもほしいものを買っていると、そりゃお金って増えませんよね。

減る一方ってことになります。

 

ほんとうにそれは必要なものか。ということを考えることが大切だとか。

これは節約の本にも書いてるし、資産運用なんかを書いている本にも、当然載っていることです。

無駄な買い物はしない。

その代わり、そのお金を投資に回す。

ってことなんでしょうね。

 

五つの黄金法則

f:id:se-keneconomy:20201214220328j:plain

次に出てくるのが、五つの黄金法則。

しかし、これはこの本の肝になるところなので、ここで書くのはやめておきましょう。

 

ネットで探しても、なかなかこの黄金法則を書いているものはありません。

 

この黄金法則は、まあ読んでみてください。

きっと目から鱗だと思います。