おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

コロナ禍の中、銀行預金が増加している〜低金利でも投資に流れない澱んだお金

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆


ほんと、不思議なんですが、今銀行の預金残高が増えているそうです。

要するに銀行にお金を預ける人が増えているということです。

人が増えているというよりは、預けるお金を増やしているということでしょう。

 

コロナ禍の中、投資をする人が増えているのも事実ですからね。

 

今回は、コロナ禍により、特別定額給付金などのお金も支給されましたからね。

 

 

メガバンクだけで41兆円

f:id:se-keneconomy:20200406194400j:plain

昨年度(2020年)で、メガバンクだけで、預金残高が41兆円増加したそうです。

すごいですね。

 

感覚的には、低金利だし、年金問題もあり、老後のことを考え、投資が少し増えるかなって思っていたんですが。

逆に預金が増えるって。

一体どうなってるんでしょうね。

 

しかし当の銀行側も、増えた預金をどう運用しようか悩んでいるようです。

企業に貸し出そうにも、なかなか今のご時世、借りる企業も少ないですし。

 

かといって、あまり信用のないところに貸しても、貸倒リスクが増えるだけだし。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

マイナス金利で日銀に預けられない

今までは、預金は、日銀に預けていれば、利息が貰えたんですが、それもマイナス金利制作で使えなくなりました。

これは別に日銀とかが悪いわけではなく、銀行が楽して得ていたってことですが。

 

当然、銀行は自力で何か策を講じる必要があります。

 

今や有価証券運用は銀行の主流に

f:id:se-keneconomy:20201001220541j:plain

以前まで、銀行において、有価証券運用は、余った資金を運用するための補助的な運用方法でした。

しかし、今は、本業となっているようです。

株式、債券、投資信託

 

活発に運用していく必要があるということでしょう。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

今後給与はデジタル払いへ

預金が増えるという話と、実は逆行するが、最近給与のデジタル払いが話題になってきています。

基本、給与は現金払いか、銀行振り込みに限られています。

これは、そういう決まりだからです。

 

しかし、政府はこれを解禁する方に動いているとか。

 

銀行にとっては、よくも悪くも、預金を労せずに増やすことができていた、この給与振り込み。

これがなくなると、銀行の預金は増えなくなります。

 

ただ、デジタル払いを利用したいという人は、まだそんなに多くなく、アンケートの結果では、27%程度だったそうです。

 

しかし、ATMの手数料などが下がるとはいえ、なんか納得できないところありますからね。

銀行も気をつけないと。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

三島市ではPayPayで還元キャンペーン

f:id:se-keneconomy:20210306143700j:plain

デジタル決済ということでは、最近は結構普及が広まってきましたね。

三島市では、PayPayで支払いすると、最大20%還元されるというキャンペーンが2021年6月から始まったそうです。

 

20%還元では、利用限度が2,000円まで。

期間内の限度額は20,000円までと決まっているそうですが。

 

私もお店やコンビニでの支払いは、ほぼ電子決済です。

財布の中から小銭を出さなくて済むし、時間も短縮できます。

 

みなさん、なんかお店に入って、手を消毒するのに、お金は平気で触ってるんですよね。

自分の財布に入ったお金って消毒してます?

してないでしょ。

なのに、買い物のたびに、じゃらじゃらと小銭をさわり、渡してまたお店からお釣りをもらう。

 

交通量の多い地域で、タバコの副流煙が気になる!って騒いでる人みたい。

気になるか、気にならないかだけの問題かって。

 

しっかりとアプリなんかで、管理しておけば、使い過ぎもすぐにわかるし。

もっと使いましょう。

 

 

www.oguecolabo7.com