おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「告白」湊かなえ~クライマックスの位置が変わってるが最後まで楽しめる

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



今回は、「告白」。

湊かなえ氏の作品です。

意外とこの人の作品は、読んでるかな。

ユートピア」とか、「豆の上で眠る」など。

 

どちらかというと、あまりインパクトはないけど、いい感じの作品かなって。

ジワーと来るような感覚。

ジワーって、なんやねんって言われそうだけど、まぁ、関西人特有の言い回しと言うことで。

 

今回の「告白」は、かすかに記憶がある。

松たか子が出演した映画かな。

コマーシャルで見たような。

 

で、ふと目に留まり、帯を見て、面白そうって感じで買いました。

 

読んでみると、正直極端な人物像に少々驚かされる。

ただ面白くて、あっという間に読んでしまったわ。

こんなに早く読むともったいないなってなりますね。

 


f:id:se-keneconomy:20201129110234j:image

 

 

説明 注!ネタバレ


概要はと言うと。

 

ある中学校の終業式のクラスの中で始まります。

退職する先生の言葉。

じわりじわりと来る重ぐるしい雰囲気。

 

f:id:se-keneconomy:20201129140124j:plain

先生はシングルマザー。

その子供である愛美ちゃんが、学校のプールで亡くなった。

当初は事故として見られていたが、彼女は生徒に殺されたんだと気づく。

 

それも自分のクラスにいる生徒に。

森口先生は、生徒達に状況やらを説明していきます。

もちろん犯人である生徒もその中にいます。

 

一人はどんどん顔色が悪くなり、まあ一人は平静を装ってる。

そして話の最後に復讐の内容を告白する。

 

それぞれの視点で物語は語られていく。

犯人である生徒。

その母親。

時間がいろんな視点で明らかになっていく。

森口先生も警察ではない。

どこまで真実に近づいているのか。

 

きちんと復讐はできるのか?

 

 

読んだ時の感想

湊かなえの小説は、なにか引き込まれるものがある。

こう、なんかわからないけど。

 

登場人物がまぁなんて言うか、リアルに変な奴とか。

普通に考えるといないとは思うんだけど、実は内面でこう言うやつはいるのか?

外から見たらわからないが、近くにいてるのかなって思わせる恐怖。

 

少年Bは、すごくこの物語の中ではクズとして描かれているが、優しいとみんなから言われてるやつっているよね。

取り柄は特にないが、優しくて良い子。

しかしその裏ではコンプレックスの塊で、小心者。

 

周りの目ばかり気にする。

母親がそもそもそうで、見かけばかり気にする。

かわいそうなんだけど同情もできない。

 

頑張らない子。

先生からもそう思われてる。

 

中学生という多感な年頃。

中途半端な正義感で次のターゲットを探し、いじめる。

それをたくみに利用する大人。

未熟なのはわかるが、考えが浅い。

 

少年Aは、典型的にサイコパスか。

複雑な家庭環境。

親の愛情不足か。

頭ばかりよく、スマートではない。

スマート。賢さ。

 

犯罪を犯した後のリスクを理解できない馬鹿。

森口先生もそれは理解していて、馬鹿と蔑んでる。

中学生だろってのは今回はない。

中学生でもわかるレベルってことで、最後まで容赦なかった。

 

最後の少年Aの顔が見たかった。

自分の間抜けさ。

頭の悪いくせにプライドだけ高いと少年Bを馬鹿にしていたが、中途半端な知能だけで周りを馬鹿にする馬鹿さ。

 

しかさ、森口先生がやはり一番人間的でスマートだった。

映画版では、松たか子が演じてるが、ぴったりだなって思う。 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:5

すごく読みやすくて、2日で読んでしまった。

もちろん読みやすいというだけでなく、引き込まれる感じがすごいんですが。

最初の森口先生の話の中で出てくる生徒の名前が、後半の話につながる。

その為、何度か前に戻って読み返したりしましたが。

 

◆意外度

意外度:2

意外度はなく、最初のところで犯人がわかる。

手口もほぼ同じ。

若干の食い違いと言うか、勘違いと言うのが途中に出てくる。

後半のどんでん返しも意外と小さい。

 

◆夢中度

夢中度:5

夢中になって読んでしまった。

2日と言うのは、やはり夢中で読んだ証拠かな。

しかし金曜日の夜に読み始めて、土曜日の夜に読み終わったので、土曜日まるまる使えたので、時間的にはけっこうあったのかな。

と言っても、土曜日も全て読めたわけではない。

しかし面白かったのは確かだ。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:4

結構すっきりかな。

森口先生!

すごい!

って感じかな。

途中、少年Aに対してイメージが覆りそうになったんだけど。。。

しかしきっちりと落とし前を付けてくれたから、後味すっきり!

まぁしいて言えば、最後の反応をもっと見たかったかな。 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。