おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「教室に雨は降らない」伊岡瞬~教師と言う職業について考えさせられると同時に何かほっとする

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆


今回は、「教室に雨は降らない」。

伊岡瞬の作品です。

 

少し、伊岡瞬氏の作品とは思えないような雰囲気です。

小学校が舞台です。

主人公は、臨時の音楽講師の森島巧(もりしまたくみ)先生です。

 

この本も、図書館で借りてきました。

前回、伊岡氏の「本性」という本を買って読みました。

やはりおもしろいなっていうことで、図書館で伊岡氏の作品を2作品借りてきました。

その1冊目です。

2冊目は、「冷たい檻」です。

また、読み終わったら感想書きますね。

 

 

 

f:id:se-keneconomy:20210716090545j:plain


  

説明 注!ネタバレ

臨時の音楽講師、森島巧先生。

 

23歳で、両親の影響で音楽の道を目指しましたが、いろいろ流され、現時点では臨時講師。

 

小学校ということで、基本的には音楽を教えているんですが、いろいろな問題も起こります。

モンスターペアレント、イジメ、教師自身の問題、学級崩壊。

 

まじめな性格の森島先生。

時に熱く、時に冷静に。

おかしいと思ったことには、しっかりと意見を言い、自分なりに行動して、いつのまにか問題を解決していると。

 

もちろん、周りには見方もいれば敵もいると。

 

1年後、森島は、契約を更新するのか。

それとも別の道を歩むのか。

子供と触れ合うことに。

また、職場でのコミュニケーション、恋愛により、どのような決断をするのか。

 

 

読んだ時の感想

前回読んだ「本性」と比べると、なんかすごくいい感じだなって。

爽やかと言うか、小学校が舞台なので、なんか子供も素直と言うか。

 

教育の現場で問題となっていることをしっかりと題材にしていて、本当に考えさせられますね。

でも、やはり出てくる親の虐待問題。

これだけは、いつ読んでも腹が立つ。

なぜ、愛情をもって育てられないなら、すぐにヘルプを上げないのか。

なで、子供を親の所有物として見るのか。

本当に、腹が立つな。

なぜ、子供の虐待をする親に対して、もっと重い罰を与えられないのか。

その辺がもうもどかしくて仕方ない。

 

 

小学校の先生だけでなく、いわゆる先生って、大学を卒業してすぐに、周りから先生、先生って呼ばれるんだよな。

それに対しての勘違いと言うか。

 

普通の一般企業だと、新人ということで、仕事に慣れるよう結構苦労したりして。

また、下積みと言う感じで経験を積んでいくんですが。

その辺が、先生ってなんか特殊ですよね。

 

それに、やはり結構問題なのは、モンスターペアレント

この問題は本当にきちんとしないとね。

 

教育委員会に訴えるというと怖がる教頭、校長。

なんだかなって。

もちろん、上から目線で、教師が威圧的だと問題だけど、逆に声のでかい保護者に対して、一方的に聞き入れるというのは、やはりおかしいって思いますよね。

保護者対策を専門にするひとなどを雇った方がいいですよね。

 

まぁ、割合は少ないけど、森島先生の恋の行方も、結構面白いですよ。

恋愛は、この小説の主ではないため、すごくのんびりと進んでいきますが、なんかほのぼのとしていい感じです。

ほんわかって感じですかね。

 

読んだ後、なんかほわってする感じですね。

良かったですよ。 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

小説の構成も、題材ごとに明確に分かれていて、読みやすいですね。

各章で、題材が変わってきます。

先生も何人か出てきますが、比較的覚えやすいですね。

複雑な描写もなくて、すらすら読めます。

 

◆意外度

意外度:3

ちょっとづつ視点が異なるというか。

最初の見方が、あとで崩されたりと。

この辺は、やはり伊岡氏だなって。

単調な物語ではなく、真相がきっちりあって、少しミステリーのような。

 

◆夢中度

夢中度:3

面白いけど、次はどうなるんだっていうのはないかな。

時間があれば、ゆっくりと読書しようっていう感じ。

別に悪い意味ではないですよ。

のんびりと読書できる程度の夢中度っていう事です。

推理小説などは、もう次どうなるかって、少しの時間でも本を開いてしまうものもありますが、それはやはり少し疲れますからね。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:4

ほぼ5に近い4ですね。

4の理由。

もちろん当然ですが、やはり一臨時講師では、現場を変えることは絶対無理です。

だから問題は基本そのままです。

あと、やはり最後は、もう少しいい雰囲気で。。。

なんて。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

  

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。