おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「よこどり」小野一起~結構リアルっぽくてなんかちょうど良い感じ

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



今回は、「よこどり」。

小野一起の作品です。

 

副題が、メガバンク 人事抗争って。

これ読んでみると、なんか半沢直樹を思い出す。

正直スッキリという感じではないが、実に現実的というか。

それがかえって面白かったな。

f:id:se-keneconomy:20211128201551j:plain

 

説明・あらすじ

日本一のメガバンクであるAG住永ファイナンシャルグループの代表取締役社長である竜崎。

広報部長の寺田俊介(てらだ しゅんすけ)。

その竜崎の教えは明瞭である。

「君の手柄は全て私の手柄。私の失敗は全て君のせいにする。」

 

AG住永銀行や、いろんな子会社を持つAG住永ファイナンシャルグループ。

会長やOBたちとの関係、マスコミとの関係。

いろんな思惑が交差する。

 

 

読んだ時の感想 注!ネタバレ

結構半沢直樹入ってるなって。

メガバンクっていうか、銀行はいつもこんな感じなんかなって。

本人たちは真剣なんだろうが、古いというか。

廃れて当たり前っていう感じがしたな。

 

派閥とか、小会社への出向とか。

出世とか。

銀行の業務考えたら、もうメガバンクなんて終わってるだろうって。

 

だから、手数料稼ぎで、しょうもない投資信託なんかをマネーリテラシーのない人たちに売りつけてんだろう。

もう、いろんなところで、銀行の窓口に行くなって言われてるんだから。

 

もう淘汰されて行くべき業種って感じがするね。

 

結局、それに尽きる。

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

普通には読みやすいかな。

 

◆意外度

意外度:2

特になし。

 

◆夢中度

夢中度:3

まぁ、半沢直樹系ということで、多少は楽しかったかな。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:4

スッキリかな。

一応収まるところに収まったかなって。

この話の中では、一番スッキリしたという感じかな。

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。