おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「敗者の嘘 アナザーフェイス2」堂場瞬一~お得意のパターンか!?大友刑事怒り爆発!

SPONSORED LINK

「アナザーフェイス」シリーズ

主人公は、大友鉄。

 

刑事総務課で働く、シングルファザーの刑事。

 

これはアナザーフェイスシリーズの第2弾。

 

結構第1弾が面白かったので、このシリーズを読んでみようかと。

シリーズで読んでいくと、結構流れが明確で面白いです。

 

前作の続きと言うか、連ドラを見ているような感覚で。

 

アナザーフェイスシリーズは、いまいちシリーズタイトルがしっくりこないんですけどね。

なんかもっと特殊能力かなって思ってたりもしたんですが、まったく違っていましたね。

 

なんか感覚と言うか。

 

まぁ、見た目と違い、かなり優秀で、上から期待されている刑事ということと。

シングルファザーで、家庭臭さが結構にじみ出ているところかな。

 

ただ、事件が始まると、あまり息子のことを義母さんの預けっぱなしになるところが、まぁ仕方ない所なんですが。

 

 

f:id:se-keneconomy:20200814160640j:plain


 

 

 

 

説明 注!ネタバレ

概要はというと、刑事部総務課に勤務する大友鉄。

ここまでは、当然前作と同じ。

特に変わりなく。

 

最初の舞台はなんと居酒屋。

合コン途中。

 

で、そこに刑事部特別指導官である福原から電話が。

 

この福原氏は、刑事部ナンバー3という、とてつもなく高い地位にいながら、なにかと縁があり、大友刑事をなにかと贔屓にしています。

 

呼ばれた事件では、弁護士がすでに被告人が自殺したという殺しについて、自首してきたということ。

 

その捜査を支援してほしいということでした。

 

大友刑事は、事情聴取をするも、どうもおかしなことばかり。

何か別の意図があるのではないかと疑うものの、何も得るものはなく。

 

同期の刑事を巻き込みながらの捜査を続けるうちに、とんでもない大きな闇にぶち当たる!!

 

後半はどんどんヒートアップする展開に!

 

読んだ時の感想

f:id:se-keneconomy:20200814160809j:plain


なんか、最初というか、登場人物がなんか腹が立つ。

 

なんでそんなにカリカリしているのかって。

まぁ、みんな温厚だと、小説として面白くもないから仕方ないけど。

 

こんな人絶対付き合いたくないって感じの人が多いね。

 

堂場瞬一氏の小説の定番と言えば、偶然が重なるということだが、まぁ、今回もちょっとね。

 

なにかと都合よく見つかるもので。

 

これも小説なら仕方ないことですね。

 

ただ、それでも読んでいると面白い。

なんというか、大友刑事がゆるキャラながら、推理力と言うか刑事力が高い。

 

なんか期待されるという感じがわかる。

 

鼻につくのは、随所に出てくる大友刑事のハンサム関連話。

 

これはドラマにするなら、福山雅治ぐらいもってこないと成り立たないだろって。

 

30代ということなら、一体誰でしょうね。

 

佐藤健とかかな。

雰囲気がちょっとちゃうな。

 

見た目優しそうで、いいパパしてそうな。

しかし刑事として有能な面もある。

 

だれでしょうかね。

 

実際にドラマ化されたときには、仲村トオルが主演だったそうで。

ちょっとイメージではないな。

 

女性がすぐに気を引かれるような感じではない。

 

ちょっと引くのは、同期の女刑事までもが、色目を使ってきているという点。

それはちょっと気持ち悪いわ。

 

まあ、しかし後半にかけて徐々に大きな闇にぶち当たるところは、面白かったな。

 

ただ、もう少し結末をはっきりと書いて欲しかったというのは、多少心残りだが。 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

読みやすいね。

もう慣れたもんだ。

シリーズ物は、ある程度登場人物がわかっているからな。

理解するのも早い。

 

◆意外度

意外度:4

最初は、大した事件ではないだろうと思っていたが。

なにを隠そう。

そんな大きな闇が。。。

これ言うとあかんね。

ネタバレになってまう。

 

◆夢中度

夢中度:4

このシリーズ、意外と好きかも。

鳴沢了シリーズにはかなわないが。

しかし、結構面白いね。

夢中になって読んでしまった。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

なぜ3か。

それはせっかくの事件なのに結末が見えない。

どうなったんだ!って叫びたくなる。

ちゃんと書いてくれ!

次につながってるのか?

次読まなあかんのか?

 

堂場瞬一 アナザーフェイスシリーズ

アナザーフェイスシリーズは以下となっています。 

  1. アナザーフェイス(読破)
  2. 敗者の嘘(アナザーフェイス2)(今回)
  3. 第四の壁(未読)
  4. 消失者(未読)
  5. 凍る炎(未読)
  6. 親子の肖像(未読)
  7. 高速の罠(未読)
  8. 愚者の連鎖(未読)
  9. 潜る女(未読)
  10. 闇の叫び(未読)

  

堂場瞬一 捜査一課 澤村慶司シリーズ

澤村慶司シリーズは以下となっています。 

  1. 逸脱(読破)
  2. 歪(ひずみ)(読破)
  3. 執着(読破)

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

堂場瞬一 高城賢吾刑事シリーズ

高城賢吾シリーズは以下となっています。 

  1. 蝕罪(読破)
  2. 相剋(読破)
  3. 邂逅(読破)
  4. 漂泊(未読)
  5. 裂壊(未読)
  6. 波紋(未読)
  7. 遮断(未読)
  8. 牽制(未読)
  9. 闇夜(未読)
  10. 献心(未読)

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

堂場瞬一 鳴沢了刑事シリーズ

シリーズは以下のようになっています。

  1. 雪虫(読破)
  2. 破弾(読破)
  3. 熱欲(読破)
  4. 孤狼(読破)
  5. 帰郷(読破)
  6. 讐雨(読破)
  7. 血烙(読破)
  8. 被匿(読破)
  9. 疑装(読破)
  10. 久遠(上・下)(読破) 

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

  

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。