おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「歪 捜査一課・澤村慶司」堂場瞬一~この著者にしてはこったストーリー展開

SPONSORED LINK

堂場瞬一氏の捜査一課・澤村慶司シリーズ

前作の「逸脱」が結構面白くて、このシリーズを読んでみることにしました。

全3巻しかないので、ちょっと残念なんですが。

 

しかし澤村慶司は、鳴沢了刑事に結構似てます。

まぁトレードマークがジーパンって言うところと、鳴沢了みたいにあまり固すぎないってところでしょうかね。

 

最近は文庫本は、アマゾンで中古を買っています。

価格1円で送料280円とかで、もう新刊買うよりははるかに安い。

 

一度読むだけなので、もう中古で十分って感じです。

電子書籍版もあるんですが、なんかやはり小説をスマフォなんかで読むのはね。

 

f:id:se-keneconomy:20200724202708j:plain

 

説明 注!ネタバレ

概要はというと、まず前半は男と女の目線で始まります。

女の目線っていうのはないか。

もうある意味主人公となっている日向という男性の目線ですね。

 

東北にある田舎にある実家に、用があり帰ってきたが、雪の為にすぐに立つことができず、一泊します。

次の日、そそくさと帰ろうとするんですが、ふと立ち寄った駅で、高校時代の同級生の女性に会います。

 

めんどくさいことを避けていたにもかかわらず、どうしてかその女性のことが気になり、声をかけます。

 

まぁ、そこからどういうわけか一緒に長浦市まで帰ることに。

 

この二人はどういうわけか、ともに訳ありで。

こんな偶然あるのかと言うのが読んだ感想ですが、これは堂場瞬一氏独特ですからね。

 

偶然は2つ重なるのは奇跡。

3つ重なるのは、もう何かそこに意図があると。

 

小説では結構その辺が気になるんですよね、個人的には。

 

 

読んだ時の感想

f:id:se-keneconomy:20200724215141j:plain

確かに面白い。

しかしなんか言いたいことが結構ある。

 

その1.田舎を馬鹿にしすぎ

日向目線というよりは、この小説に出てくる全ての人が、田舎を馬鹿にしすぎ。

これは堂場瞬一氏の考えなんだろうな。

 

最近は都会での窮屈な暮らしが、逆にみじめと言う考えも出てきている。

あのラッシュアワーや、無関心。

 

ゆとりのない生活。

ウサギ小屋を重ねたような建売住宅。

 

それよりは少し田舎で、のんびりと生活するというスローライフが見直されている中では、少し時代錯誤的な感じが非常にする。

 

結局、都会に出た今回の日向毅郎(ひゅうがたけお)と井沢真菜(いざわまな)。

2人は田舎が嫌いで逃げ出したが、どちらも人生を大失敗して負け組になっている。

 

同級生の中でもとびっきりの負け組である。

 

その2.日向毅郎は頭がいいか?悪いだろ。

人を殺して、海外に逃げようかと言う時に、いくら同級生だからと言って、車に乗せて帰ろうとするか?

 

自分でも言っているように、面倒なことを極力排除するというなら、絶対しない事だろ。

 

自分でも言っているように、途中で降ろそうかと思ってたんだけど、バックの中の200万円とジャンバーの裾についていた血のことで、結局一緒に逃げる羽目に。

 

しかし200万程度のお金だと、両親が自分の為に今まで蓄えてきてくれたものであるとか、ジャンバーの血は、後輩に貸した時にそいつがつけたものだとか、いろいろ言い訳もあるだろ。

 

それに人を殺しておいて、意外とあっさりと日向までたどり着く短絡性。

ならもっと早く逃げる準備をしない取って感じだが。

 

それにいくら受け子が目を付けられていても、解散していればなかなか警察も動きづらいと思うんだが。

なぜ、最悪の方法をすぐに実行するのか。

 

よくわからんね。

 

面白かったが、今までの中では一番内容が薄かったような気がする。

今回は澤村はあまり刑事らしい仕事はしてなかったな。

捜査二課の悪徳刑事を追いかけて、問い詰めるところは、さすがに鋭い勘の持ち主と言う感じがしたが。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

もう慣れましたね。

かなり読みやすいです。

 

◆意外度

意外度:1

今回は最初から、すべて手口を公開しているので、意外度はなし。

なんかどんでん返しがあるのかと期待してたけど、一切なし。

すーっと話が続いていく。

後半もなんか予想通り。

意外性はほんとなかったな。

 

◆夢中度

夢中度:4

ただ、まぁエンターテインメントとしては、面白かったかな。

最初の期待感は見事に裏切られたけど。

本当は、警察には悪いけど、うまく逃げ切ってくれたら楽しかったのにって。

結構真剣に読んだな。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

気になった点を2点ほど書いたけど、やはりその辺が気になるね。

都会は楽しくて働き甲斐、生き甲斐がある。

田舎は閉鎖的でそんなものはない。っていう決めつけが、読んでいくと全くの逆と言うのがよくわかる。

もちろん都会に出て生き甲斐をみつけ成功する人もいるが、大半は失敗して、結局大勢の人の中に埋もれて、田舎にいるのと何が違うんだっていう人が多いと思うな。

 

 

堂場瞬一 捜査一課 澤村慶司シリーズ

澤村慶司シリーズは以下となっています。 

  1. 逸脱(読破)
  2. 歪(ひずみ)(今回)
  3. 執着(未読)

 

堂場瞬一 高城賢吾刑事シリーズ

高城賢吾シリーズは以下となっています。 

  1. 蝕罪(読破)
  2. 相剋(読破)
  3. 邂逅(読破)
  4. 漂泊(未読)
  5. 裂壊(未読)
  6. 波紋(未読)
  7. 遮断(未読)
  8. 牽制(未読)
  9. 闇夜(未読)
  10. 献心(未読)

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

堂場瞬一 鳴沢了刑事シリーズ

シリーズは以下のようになっています。

  1. 雪虫(読破)
  2. 破弾(読破)
  3. 熱欲(読破)
  4. 孤狼(読破)
  5. 帰郷(読破)
  6. 讐雨(読破)
  7. 血烙(読破)
  8. 被匿(読破)
  9. 疑装(読破)
  10. 久遠(上・下)(読破) 

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

  

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。