おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「鬼滅の刃」(コミック)吾峠呼世晴~確かに遅かった、しかし気になってて

SPONSORED LINK

いやー、もう分かってる。

今頃かい!っていう突っ込みが聞こえてくる。

うん、たしかに。

 

しかし気になると、読みたくなってしまう。

ほっとこうと思っていても、何がそんなにみんなをひきつけたのか。

すごく気になる。

 

ということで、コミックを買い読んでみました。

といっても、まだ途中ですよ。

 

そんなに一気に買えるほどお金持ってませんから。

週に2,3冊づつ買って、ゆっくり読んでます。

 

しかし、もう連載は終わったんですね。

もうジャンプ読んでないからな。

 

ワンピースもコミックで読むようになったし。

コミックで読む方が、一気に読めていいですね。

1話はさすがに短いわ。

 

消化不良起こすわ。

次の週にすぐ出るとはいえね。

 

f:id:se-keneconomy:20200703222925j:plain


 

 

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

 

多少しゃべってもいいでしょう。

テレビでもさわりぐらいは解説されていますからね。

 

鬼が暮らす時代。

舞台は大正時代。

 

鬼の血を傷口に浴びると鬼になる。

鬼になると不死になるが、人を食わないと生きていけなくなる。

 

クビを特別な刀できると死ぬ。

 

鬼に家族が襲われ、家族を亡くすが、なんとか助かった妹が鬼になった。

しかし妹は鬼にもかかわらず、人を襲わない。

なんとか元の人間に戻そうと、主人公の竈門炭十郎かまどたんじゅうろう)、鬼殺隊に入ります。

 

まぁ、もちろんその鬼殺隊に入るまでも大変な訓練をするんですけどね。

 

で、鬼を退治しながら、妹を治す可能性のある、鬼のおおもとである鬼舞辻無惨きぶつじ むざん)を探すのです。

 

鬼殺隊の中にもと呼ばれるえらばれし戦士もいたり、鬼側にも、十二鬼月という洗練された鬼がいたり。

 

柱と言わば、鬼殺隊のもっとも強い戦士ですが、意外と鬼にやられたりします。

あれ!って思ったりもしますが、鬼は長い間生き続け、鍛錬を繰り返しているということですから、人の限りのある人生の中では限界がありますよね。

 

それがきちんと描かれているだけでも好感が持てます。

この辺も人気の秘密なんでしょうね。

 

最初の柱がやられたときは、読んでいてさすがに泣きましたね。

恥ずかしながら。

 

まだ、半分ぐらいなので、核心には全然近づいていないかもしれませんが、結構楽しみです。

 

 

読んだ時の感想

f:id:se-keneconomy:20200703230120j:plain

ここからは感想ですが。

いやー、やはり面白いね。

 

この一言ですが。

 

なんだろうか。

 

やはり鬼も強いってことですね。

あと、妹の竈門禰󠄀豆子が以上に強いということ。

 

これは何かあるなって思ってしまいますよね。

 

あと、鬼がまがまがしいというか、本当に強くて憎たらしい。

しかし最後死ぬときには、人間の時の記憶がふと蘇り、少し暖かい気持ちにもなる。

 

友達の嘴平伊之助は、ちょっと奇妙だけどね。 

なんでいい顔してるのに、いつもイノシシのお面かぶってんねん!って。

おいおい、逆に戦いにくいだろって。

 

まぁ、おもしろいキャラではあるが。

 

蒸気機関車にマジで戦いを挑んだりってね。

 

しかし、まだ中盤だけど、十二鬼月の強さは半端ないね。

もうハラハラするわ。

 

もう少し頑張ってもらわない取って言う感じだが。

気持ちよく人間側が勝つていうのが、なかなかないね。

 

こういう漫画は、後半にかけて一気に面白くなっていくからな。

これからは本当に楽しみだ。

 

1冊440円。

 

立ち飲みも止めて、コミックを読む。

最後がもう決まってるから、安心して買えるしね。

これまだ連載途中なら、いつまで買わなあかんねんっていう感じになるが、20数巻でおわるということで安心です。

 

鬼滅ロスに俺もなるのかな。

いいおっさんが。。。

 

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

難解ではなく、意外とシンプル。

登場人物も意外と頭に入る。

なんでだろうか。

特徴がありすぎるからかもな。

 

普通の顔なら忘れるかもしれないが、結構お面かぶってる人多いし。

しかし女の子は、結構同じに見えるかも。

この人女の人描くのは苦手なのかな。

 

◆意外度

意外度:4

毎回意外度はあるな。

おーい!

マジか!

っていうストーリが多い。

 

キャラの作りも意外と丁寧だしね。

だから、あまり書きすぎるとよくないね。

面白いよ!

 

◆夢中度

夢中度:5

まぁ、週に2,3冊買ってる時点で、もう夢中だろって。

これで夢中じゃないよって言ったら怒られるわな。

 

いいおっさんが、週に2,3回も同じ本屋で、鬼滅の刃ばかり買ってると、夢中になってんなって普通思うわな。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

まだ途中ですが。

途中だから、もやもやが。

もう少しずばっと鬼を退治してくれ!って思いがかなりあります。

おい、にげられとるやんけ!っとかね。

 

柱やられて、鬼は逃げてるし。

悔しい!

って。

まぁ、後半はスカッと決めてくれることを祈っていますが。 

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。