おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「リバース」湊かなえ~よくわからない深層心理の世界観か

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆


今回は、「リバース」。

湊かなえの作品です。

 

湊かなえ氏の作品と言えば、「告白」とか、「豆の上で眠る」とかですかね。

告白は、結構面白かったですね。

 

最近、告白を読んでいたので、まぁ、ちょっと読んでみようかと、図書館で見つけてきました。

結構夢中で読んでしまいましたね。

これ、ほんとうに1日で読んでしまいました。

 

まあ、タイミング的に家にいる時間が長かったからということもありますが。

 

 

f:id:se-keneconomy:20210809144130j:plain




  

説明 注!ネタバレ

主人公は、深瀬和久。

どこか冴えない、事務用品を手配する会社に勤めるサラリーマン。

 

自分で言うように、生まれた時から、何もとりえもなく。

勉強を一生懸命すれば、まわりのやつらを見返せると思い勉強して、いい大学に入ったけど。

とりわけ目立つところもなく、目指した銀行もすべておちて、いまでは平凡なサラリーマン。

 

唯一と言えるのが、コーヒー。

おいしいコーヒーを飲むことが、自分に与えられた使命のように感じ、職場でもコーヒーをふるまっている。

 

そんな主人公が、ふと立ち寄ったコーヒー豆専門店。

クローバー・コーヒー。

気さくなマスターとママがいて、気軽に会話できるそんな憩いの場ができた。

 

そこで知り合った美穂子。

2人は付き合うようになるが、ある日、彼女の職場に一通のメモが届いた。

「深瀬和久は人殺しだ」。

 

全てを美穂子に話したけど、理解は得られなかったようで、美穂子は去ってしまった。

昔の仲間にも同じような手紙が届いているということで、深瀬が犯人捜しをかって出るが。

 

 

読んだ時の感想

最初は、なんかこう、深い事件がって想像して読んでたんですが、実際は違ってました。

大学時代に友達と別荘に遊びに行ったときに発生した事故。

見る限り、不幸な事故ということでした。

 

それを殺人と言うには、さすがに無理があるかと。

しかし、友達が線路に落とされるという事故が起きて、真剣に考えるようになり、深瀬が犯人捜しをすることになりましたが。

 

読み進んでいるうちに、なんか事件と言うか、変な価値観と言うか。

今でいうクラスのヒエラルキーというか。

タワマンのヒエラルキーにも似た、くだらないランク付け。

 

こんなこと本当に気にしてる奴がいるのかと思ってしまうが、結構あることなんだろうか。

あいつは、こっち側の人間だ。

つまらない友達といると恥ずかしいとか。

 

そんなことを本当に考えているのかなって、すごい不思議に思ってしまいましたね。

だから、読んでいて途中から気持ち悪いというか、うっとおしいというか。

 

なんや、犯人って。。。

と言う感じでよくわからなくなりましたね。

 

まぁ最後の最後のどんでん返しは、ちょっと面白かったんですが。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:3

登場人物が少なくて、読みやすい方かな。

ただ、心理戦と言うか、後半はそんな話が多かったので、ちょっとだるかったかな。

しらんがなっていう感じにもなってしまいましたね。

 

◆意外度

意外度:2

最後の最後かな、意外って思ったのは。

あと、途中で誰が関係しているか読めてしまいました。

もっと、怪しい人多くしないと、先が意外と読めてしまいます。

 

◆夢中度

夢中度:3

すぐに読んだけど、夢中度と言う点で言えばそれほどでもないかな。

最初は、誰やろ。

犯人の目的は何だろう。

実は事件の真相は違うのではッていう好奇心が出てきましたが、ふたを開けてみれば。。。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

うーん、よぅわからん。

結局なんやったんやって。

何がしたかったんやって。

は?って感じかな。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

  

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。