おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「執着 捜査一課・澤村慶司」堂場瞬一~すっきりせえへん、この犯人めちゃ腹立つ!

SPONSORED LINK

堂場瞬一氏の捜査一課・澤村慶司シリーズ

今回で最後となります。

なんかちょっと寂しい。

 

鳴沢了刑事シリーズの代わりにちょうどいい感じなんですがね。

 

もうシリーズものなら、やはり連続して読んだ方がいい。

とくにこの堂場瞬一氏の小説は、シリーズで読んだ方が、つながりもいいし、登場人物の感情の変異も見えていい。

 

この澤村刑事は、鳴沢刑事と結構似ている感じがする。

まぁ、鳴沢刑事の方が、厳格な感じでストイックですが。

 

独断で動き回るというのは、澤村刑事も負けてはいないな。

同じように後輩が動いても、自分とは違うと思うのは、いかがなものかとは思いますが。

 

 

f:id:se-keneconomy:20200805214639j:plain



 

説明 注!ネタバレ

概要はというと、あるストーカーに悩まされていた女性が、とりあえず実家のある新潟に帰省しますが、そこで殺されてしまいます。

ストーカー男によって、一番ひどい方法で殺されてしまいます。

 

正直この部分は、かなり気分が悪くなりました。

 

次に狙うのは。。。

 

これを言うと少しネタバレしすぎなので言いませんが。

 

もう犯人は最初から名前も明らかになっています。

どこで働いていて、被害者とどういう関係かも最初のうちに明らかです。

 

従って、意外度はありません。

 

警察は必須(?)に追跡するんですが、ストーカーの方がなんか一枚上手。

 

ことごとく警察は取り逃がします。

 

この辺は非常に歯がゆい感じがします。

おいおい!

もっと警察頑張れよ!

 

 

て感じで。

 

すごく接近することもあったんですが、現場の警官でなかったため、 あっさりとやられてしまいます。

ここは非常に残念ですが。

 

キャラと違い、ガツンとやってくれると思ったんですが、見た目通りの結果でショックでしたね。

 

 

ということで、最初から犯人がわかっており、どう逃走しているのかも描かれているので、ドキドキ感は意外と少ない物の、やはり後半にかけてどうなるのかと夢中になって読んでしまいます。

 

しかし火っていうのは本当に怖いなって思いましたね。 

 

読んだ時の感想

f:id:se-keneconomy:20200724215141j:plain

 

最初から犯人がわかっており、動機も意外と明確。

ネタバラシがすでにできているのに、なぜか夢中になってしまう。

 

それはなぜか。

 

犯人を読者が憎んでいるから。

少しのかけらも同情する余地がない。

 

だから、警察早く捕まえてくれ!っていう思いが、ついつい夢中にさせてしまうのだろうか。

 

特に湯沢では、なぜもっとしっかり探さない!って、もうイライラして。

犯人はまんまと逃走するし。

 

この辺は、もう小説のなかの警察、あかんやん!って。

しかし、それはそれでリアリティがあるのかな。

 

いざ指名手配されていても、なかなか捕まらないもんね。

 

自分の立場で考えると、人の顔、本当に覚えてない事に気が付く。

 

例えば、よく昼に食べに行く食堂のおばちゃんの顔。

全く思い出されへんもんね。

 

小説の中で、何人か目撃者が出てきますが、本当によく覚えてるなって感心するもん。

 

うーん、自分だけかな。

こんなに人の顔覚えてないのは。。。

 

まぁ、しかし本当に面白かった。

堂場瞬一氏の小説ばかり、最近読んでるけど、こういうザ!刑事みたいな主人公のものは面白いね。 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

読みやすい。

もうかなり慣れましたから。

読み飛ばすコツも覚えてきた。

 

◆意外度

意外度:2

ほとんどない。

ただ、最後に意外なことが。。。

これあまり言うと、気づく人いるよな。

私は違う想像をしていたわ。

今言っちゃうと、若手の刑事が実は本当に相談を受けていた刑事だったのではと思ったんですが。

それは違いましたね。

 

◆夢中度

夢中度:4

もう夢中になって読んでたな。

犯人も動機もわかってるんやけど。

どうなるかと、ドキドキして夢中になった。

どうやって捕まえるのか。

やはり一番は、最後犯人はどう絶望するのか。

絶望するしかないやろ!

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:2

夢中になって読んだんだが、最後はまったくすっきりしなかった。

なぜか。

おーい、犯人その後どうなってん。

最後しっかり描けよ!

どうなってん。

全てがこの一言。

どうなってん。

すっきりせえへんぞ。

もし第4弾があれば、その後のことも少しはわかるかもしれへんけど、もう澤村慶司シリーズ終わりやんけ!

最後が非常に残念でした。

  

堂場瞬一 捜査一課 澤村慶司シリーズ

澤村慶司シリーズは以下となっています。 

  1. 逸脱(読破)
  2. 歪(ひずみ)(読破)
  3. 執着(今回)

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

堂場瞬一 高城賢吾刑事シリーズ

高城賢吾シリーズは以下となっています。 

  1. 蝕罪(読破)
  2. 相剋(読破)
  3. 邂逅(読破)
  4. 漂泊(未読)
  5. 裂壊(未読)
  6. 波紋(未読)
  7. 遮断(未読)
  8. 牽制(未読)
  9. 闇夜(未読)
  10. 献心(未読)

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

堂場瞬一 鳴沢了刑事シリーズ

シリーズは以下のようになっています。

  1. 雪虫(読破)
  2. 破弾(読破)
  3. 熱欲(読破)
  4. 孤狼(読破)
  5. 帰郷(読破)
  6. 讐雨(読破)
  7. 血烙(読破)
  8. 被匿(読破)
  9. 疑装(読破)
  10. 久遠(上・下)(読破) 

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

  

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。