おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「読んではいけない殺人事件」椙本 孝思~特殊能力だしちゃね

SPONSORED LINK

今回は、少し変わったサスペンスもの。

しかし、本当はこういう系統のものはあまり好きではありません。

これ許しちゃうと何でもできちゃいますからね。

f:id:se-keneconomy:20200416134943j:plain



 

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

美島冬華は、人の心が読めます。

対面に立ち、目を見て話すと、その人の考えていることが、LINEのトークのように画面上に次から次へと文字で表示される。

また、動画も見える。

後輩がストーカー被害にあっていたので、それを助けたことにより、思わぬ人物の心と見た画像を見てしまいます。

ほっとけばよいものをどうしても気になり、行動に出てしまいます。

 

読んだ時の感想

正直、人の心が読めるって、そんなの推理小説でありかって思いますね。

そもそも、こういうのって好きなように小細工できますからね、作者が。

例えば、人を殺した犯人に、ジャーナリストと名乗る人がインタビューに来たら、まず自分が犯した犯罪について、もしかしてって思い浮かべますよね。

しかし、都合よくそういう画像や心は、なかなか心に浮かんできません。

普通の学生や主婦が犯罪を犯しておいて、そのことを思い起こさないなんてありえますか?

あと、これは私自身の失敗ですが、別の人が真の犯人ではないかとずっと疑ってしまったことです。

絶対意外性のあるこいつが犯人だと。

失敗しました。

あと、これはひどいと思ったのは、読者を騙したことです。

まぁ、ネタバレですが。。。

死んだと思わせといて、実は生きていたって。

ひどくないですか。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

読みやすいのは読みやすいんだが。

なんか中身が意外とないような感じ。

 

◆意外度

意外度:4

意外度はあるが、なんかすっきりしない感じ。

さっきも言ったように、死んだと思わせる演出とかはひどいなって。

あと、いろいろと殺人が起こっていますが、どれも犯人が捕まらないって都合よくありませんか。

 

◆夢中度

夢中度:3

なんか、読んでいても関連がわからず、なんかもやもやって。

だから、どうしても次へって感じにはいかなくなって。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:4

まぁ、最後にいろいろと疑問が解消されますが。

しかし、大切な人が最後に殺され、なんかすっきりしないな。

もっとハッピーエンドが良かったわ。

というわけで、やっぱり推理小説で、こういう能力出すのは邪道だと思いますね。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。