おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

コロナ禍の中で含み損が出ている状況でも焦る必要は全くなし

SPONSORED LINK

コロナウイルスの感染拡大により、かなり資産を減らした人もいるようですが。

まあそれは仕方ないですよね。

これだけ世界各国に影響を及ぼした感染被害ですからね。

株価もかなりもとに戻ってきているとはいえ、100%は戻ってないですからね。

私の場合も、株式でいうと、約24%ぐらいの含み損を抱えていますが。

しかし、まったく気にしてません。

なぜなら長期運用で、かつ高配当銘柄中心にとうししているからです。

 

コロナ禍でどれほど下落したか

最も下がった時で、どのくらいまでいったかな。

実は記録してなくてわからないです。

 

多分ですが、-40%程度はいってたのかと。

記録を取り出してからは、大体、-27%ぐらいかな。

 

そこから持ち直してきて、今は-24%ぐらいです。

 

f:id:se-keneconomy:20200719212002j:plain

一時的に、-20%を切るくらいまで上がってきたんですが、少しコロナウイルスの感染者数が増えてきたあたりから、また株価が低迷してきています。

 

複利と長期運用で

f:id:se-keneconomy:20200319214639j:plain

なぜこんなに下落していても気にならないのか。

それは複利と長期運用だからです。

 

株式投資において、複利運用というのは、実が非常に難しいです。

 

なぜかというと。

 

株式投資での複利運用では、非常にたくさんの資金が必要だからです。

利益はインカムゲイン(配当金)で、それを再投資するというのが、株式投資でいう複利運用となるからです。

 

で、配当金というのは、多くて約5%。

高配当銘柄でも、平均は約3%程度でしょうか。

 

で、かつ配当金で再度購入しようとしても、単元株での購入となるため、購入資金は結構高額となります。

 

例えば、資産100万円。

配当利回りが3%とすると。

年間配当は、約3万円。

(税抜後)

3万円で買える株式銘柄ってあまりありませんよね。

 

あったとしても、それが買いたい銘柄とは限りません。

 

購入資金が貯まるまで待つかというと、複利運用の旨みがなかなか得ることができません。

 

株式投資での複利運用

最近では、ネット証券で少額で買える株式があります。

通常100株でしか買えない銘柄の株が、1株で買えたりします。

 

こういうのを利用すると、配当金でその都度購入することができます。

 

私の場合は、OneTapBUY証券を利用しています。

f:id:se-keneconomy:20200513224900j:plain

結構このブログでも書いていますが、1000円単位で株が買える証券会社です。

購入できる銘柄は限られていますが、その中にも結構な高配当銘柄もあるので、この中から選んで買っています。

 

あともう一つ。

それはアメリカ株です。

なんとアメリカ株は、1株から購入することができます。

 

これは非常に便利というか、いい投資先だと思っています。

 

日本は今後少子高齢化により、経済状況は悪化することが予想されます。

日本企業はいろいろ考えて、打開策を打ち出してくれると思いますが、元気なアメリカ市場に投資するのは、リスク分散の観点からもいい方法だと思います。

 

時間はかかるが複利と長期運用で回復が見込める

だから、今時点で-24%の評価損であっても気にしないのです。

今後、推移を見ていきます。

 

はいとうがはいれば、基本的には、再度株を購入していきます。

ドルコスト法にもなり、低い時には安く多く買えますから、購入単価はどんどん下落していきます。

 

株価が上昇すると、キャピタルゲインも期待できるため、二重でおいしいことになります。

 

グラフを今後もつけていくので、状況を報告していきたいと思います。