おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

ウォーキングと16時間空腹(オートファジー)でダイエットを実施

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



なんか最近体重がやばいことになっています。

正直かなり増えてしまいました。

20代から30代の頃までは、ほぼ体重は変わらず65kgをキープしてたんですが、少しづつ増えて、今は76kg。

40代になり、72kg前後を行き来していたのですが。

最近人間ドックで体重を測ったら、なんと76kg。

 

もうびっくりです。

 

そこでダイエットをすることにしました。

 

体重の増加

体重の増加って、理屈は簡単で消費するカロリーよりも、摂取するカロリーが多いから、その分が脂肪となり体につくんですよね。

理屈は簡単なんですがね。

意外と運動して消費するカロリーって、思ってるほど多くないんですよね。

なのに、運動したからといって、それ以上に食べてしまいます。

 

体重は嘘つかないんですよ。

 

あと、カロリーの消費は、体動かすだけではなく、脳での消費も多いのです。

頭を使うとお腹が空く。

「DEATH  NOTE」でL(エル)が甘いものばかり食べてたのが印象にありますが、それでいて細い。

理にかなってます。

 

ただ、摂取するカロリーをただ減らせばいいというものではありません。

栄養バランスが大切です。

 

ウォーキングと16時間空腹

f:id:se-keneconomy:20211028174003j:plain

ダイエットを始めるにあたって、その方法は以下の2つです。

・ウォーキング

・16時間空腹時間を作る

 

ウォーキングは普通に運動によるカロリー消費と、筋力増強です。

一応、夜に8kgのダンベルを20回、3セット筋トレしています。

 

筋肉のカロリー消費量も多いですから。

筋肉が多くついていると、それだけでカロリーを消費します。

排気量の大きな車がアイドリングだけで、多くのガソリンを消費するのと同じです。

 

16時間空腹時間を作るというのは、最近知った方法です。

この16時間空腹を作るというのは、実はすごく大切なことだったんです。

 

16時間空腹時間を作り腸を休ませる

ご飯を食べると、人は食事が終わったと思います。

しかし、体にとっては、そこからまた動き出すことになります。

 

腸。

食べ物を消化するのは腸ですから。

 

日本では1日に3回食事をするというのが、もう常識です。

朝食、昼食、夕食。

 

しかし驚くことに、1日3食が広まったのは、江戸時代以降だそうです。

実はそれまでは、1日2食が普通だったそうです。

 

さらに朝食を抜くというのは、悪いことだという認識も非常によく言われています。

 

腸にとっては、この1日3食というのは、非常に重労働だそうです。

一生懸命食べ物を消化したと思ったら、すぐに次の食事が運ばれてくる。

疲労が溜まってもおかしくありません。

 

オートファジー

f:id:se-keneconomy:20211028173918j:plain

この16時間空腹時間を作ることで、オートファジーという仕組みが機能します。

オートファジーとは。

「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」

 

という仕組みです。

 

体に栄養を入ってこないと、私たちの体は、なんとか体内にあるものでタンパク質を作ろうとします。

そこで、体の中にある古い物や、壊れた物をかき集め、分解して、それらをもとに新しいタンパク質を作るのです。

更に、細胞内のミトコンドリアという小器官も、オートファジーによって新たに生まれ変わります。

新しいミトコンドリアが多くあればあるほど、必要なエネルギーが得られて、健康でいられます。

 

オートファジーは、つまり、体の古くなった物質を新しく生まれ変わらさせるということです。

 

オートファジーは、今、世界中の注目を集めています。

16時間の空腹の時間を作ることで、次の効果が現れます。

  • 内臓の疲れがとれて、内臓機能が高まり、免疫力もアップする。
  • 血糖値が下がって、インスリンの適切な分泌が促され、血管障害が改善される。
  • 脂肪が分解され、肥満が引き起こすさまざまな問題が改善される。
  • 細胞が生まれ変わり、体の不調や老化の進行が改善される。

空腹時間を作るというのは、食べ過ぎだとか、腸の負担を減らす、とてもいい効果があるということです。

 

16時間の空腹を作るには

問題なのが、どうやって空腹の16時間を作るのか。

自分の生活リズムを考えてみます。

 

それは朝ごはんを抜くということです。

今までは、朝ごはんを抜くというのは体によくないとされていました。

 

しかし、16時間の空腹時間を作るには、実はこれが一番簡単なのです。

夜ご飯を20時までにとり、その後、次の日の12時までご飯を食べない。

そうすると、16時間の空腹時間ができます。

 

朝食を抜くデメリットを克服する

f:id:se-keneconomy:20211028173744j:plain

この16時間空腹時間を作るということは、朝ごはんを抜くことになりますが、朝ごはんを抜くデメリットがあります。

 

集中力がなくなるとか、筋力が衰える。

など。

 

そこで同時に行いたいのが以下のことです。

・空腹のストレスを軽減するため素焼きナッツを食べる

・筋トレを行う

です。

 

この2つを行うことにより、朝ごはんを抜くデメリットを克服することができます。

 

結果について

今後の結果については、また報告させていただきます。

効果があるのか。

それともないのか。

 

一例としては、半年で10kg痩せたという話もあります。

さてどうでしょうか。