おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

三菱UFJ国際-eMAXIS先進国株式インデックス~運用実績でナンバー1の利益率

SPONSORED LINK

投資について、いろいろ悩むなら、投資信託をお勧めしますね。
株式での個別銘柄での投資って、その企業の業績によっても不安定なところがあるし、業種とかいろんなことで影響を受けやすいですから。
それなら、広範囲の商品に投資している投資信託を買う方が、楽ですからね。

 

ただ、投資信託もかなりの数があります。

いったいいくらぐらいあるんでしょうか。

ファンドの数で言うと、6,000ぐらいだそうですが。

 

まぁ、かなりの数があるということですね。

そこから、どの投資信託を選べばよいか。
それが難しいんだよな。

 

そこで、今回紹介するのは、私が保有している投資信託の中で、じつは一番利益率がいいのが、これ。

三菱UFJ国際 eMAXIS先進国株式インデックスファンド

損益率は、40%となっています。

初めて購入したのが2016年です。

ひふみ証券よりも損益率はいいんですよ、意外と。

 

 

保有しているファンドの損益ランキング!

f:id:se-keneconomy:20210410095155j:plain

 

保有している投資信託は、全部5つです。

その投資信託の利益率ランキングをご紹介します。

 

保有投資信託 損益ランキング

f:id:se-keneconomy:20210410112602j:plain

今日紹介するeMAXIS先進国株式インデックスが、利益率40%で1位です。

次いで、このブログでも何度も紹介したひふみ投信です。

しかし、5位の楽天にしても、利益率18%いってるんだから、比較的成績いいですよね。

 

この一覧を見ても、世界経済に投資していることがわかると思います。

5つのうち、3つがグローバルとか、先進国株式とか、世界経済ですからね。

ということで、第1位のeMAXIS先進国株式インデックスについて、紹介していきたいと思います。

 

三菱UFJ国際 eMAXIS先進国株式インデックス

委託会社名

三菱UFJ国際投信

運用方針

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行います。原則として為替ヘッジを行いません。年1回決算を行います。

買い付け手数料

なし

信託報酬(税込)/年

0.66%以内

信託財産留保額

なし

解約手数料

なし

分配金受取方法

金額:受取または再投資
 口数:受取

償還日

無期限

設定日

2009/10/28

 

チャートは

では、成績はどんな感じでしょうかね。

チャートなんか見ていきましょうか。

 

f:id:se-keneconomy:20210410095006j:plain

2020年の3月ぐらいに大きく下落していますね。

これは言わずと知れた、コロナショックです。

しかし、よく見ると、コロナで下落した分を十分取り換えした上で、さらに上昇していますね。

逆に勢いが増してるような気がしますね。 

 

次に騰落率を見ると。

すごい10年前から購入していたら、230%だって。

f:id:se-keneconomy:20210410095653j:plain

構成は

次にこのファンドの構成についてみていきましょう。

国際株式がが94%です。

もうそれ以外は、なんか比率が低すぎて。。。

f:id:se-keneconomy:20210410095750j:plain

地域で見ると、北米が67%です。

その次に欧州。

アジア・オセアニアは、わずか8%程度です。

アメリカ経済を考えると、まだまだ伸びていくと言われていますから、この調子はそのまま継続していきそうですね。

 

日本経済はというと。
すこし懐疑的にみられています。

そのため、アジア・オセアニアが低いというのは、ちょっとわかるような気がしますね。

 

まとめ ほとんどが株式に投資しています。
地域では北米が67%。
主にアメリカ企業でしょう。
そのおかげで最近特に大きく利益を上げているようです。
アメリカ経済は、まだまだ上昇する余地があると言われています。
選択肢の一つとしてこのファンドを選ぶのもいいかもしれませんね。
※あくまで余裕資産で。投資は自己責任で。