おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

ゴルフの練習は定期的に実施

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



ゴルフの練習は、毎週行ってます。

以前、夏暑い時に、2、3ヶ月練習に行かなかった時に、えらいスランプに陥ったことがありました。

あの時には、もうゴルフやめようかと思いました。

打てないんですよね。

打つと、右45度ぐらいに飛んでいくんですよ。

シャンクというか、もう体が違う感じに。

 

それがあってから、必ず定期的に練習に行くようにしています。

f:id:se-keneconomy:20210131125805j:plain



週一回朝に

基本、週一回、朝練習場に行ってます。

やはり定期的に練習することが必要です。

間隔が空くとよくないですね。

1ヶ月空くとやばいですね。

 

練習ルーチン

練習ルーチンは、今までと変わりませんね。

 

まず、ウェッジでアプローチを練習します。

10球ぐらいですね。

アプローチって本当に難しいですよね。

あれだけ短いクラブなんですが、ダフったりします。

感覚を研ぎ澄ませるために、このアプローチの練習は必要です。

 

その次は、ピッチングでゆっくりスィング。

スィングレーンを意識したフォームを固めるための練習です。

もう70Y打つ感覚で練習します。

もうゆっくりが基本です。

 

うち急ぎは百害あって一利なしです。

 

で、その次は、6番アイアンか、ユーティリティです。

これはどっちでもいいのですが、6番アイアンは、ピッチングの流れでゆっくりと6番アイアンが振れるのか確認です。

 

ユーティリティは、体を慣らすためですね。

比較的優しいクラブなので、体を大きく使うのにいいんです。

練習棒と同じ効果があります。

 

最後はドライバーを打ちます。

まぁ、やはりドライバーの練習は必要ですよね。

最後に打ちます。

 

最後の2、3球は、コースをイメージして、ドライバー→ユーティリティ(または6番アイアン)→ピッチング→ウェッジといった感じで打ちます。

 

ドライバーのコツ!

f:id:se-keneconomy:20201025152149j:plain

さて、これ以前に書いたんですが、ドライバーのコツについてです。

以前何個かあげたコツシリーズですが、今これが一番のオシです。

 

それはドライバーを構えるときに、手を伸ばすというやり方です。

通常構える時には、手の位置って少し下げてますよね。

でも、私の場合は、打つときのイメージで手を伸ばして構えます。

 

これはハンドアップという構えで、実はダメな構えとして言われています。

トップやスライズが多くなるということです。

しかし、私はこれをあえてドライバーの時だけやっています。

 

なんでしょうか。

いいんですよね。

で、打つ時には、アッパースィングを意識し、あとゆっくりしたスィングでしっかり球を捕らえるようにします。

するとスライスも出ません。

ストレートな球が打てます。

 

これはお勧めしていいのかわかりませんが、私は今はこれが本当にベストです。