おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

いきなりステーキのペッパーフードサービスの株価が上昇中~復活の兆しか

SPONSORED LINK

いきなりステーキを展開するペッパーフードサービス

なんか最近熱いとの情報が。

 

ペッパーフードの株価は、いきなりステーキの不調でどんどん下落していました。

2017年には、株価は8,000円台を付けていました。

 

しかし、最近ではそれがどんどん下落して、なんと1,000円を割り込むまでに。

ペッパーフードの下落の原因は、やはり何といっても「いきなり!ステーキ」。

 

f:id:se-keneconomy:20200530100022j:plain

そもそも、ペッパーフードの上昇の原因も、この「いきなり!ステーキ」ですが。

皮肉にも、そのいきなり!ステーキが原因。

 

しかし、少しづつですが復活の兆しも見えてきているとか。

 

f:id:se-keneconomy:20191119195650j:plain

 

ペッパーフードサービスの株価が上昇している

なんか、ペッパーフードサービスの株価が上昇しているとのこと。

 

f:id:se-keneconomy:20200530095605j:plain

上昇はしているようですが、しかし最近の上昇は新型コロナウイルスによる自粛の解除に伴い、全体的に上昇基調ですからね。

それが要因じゃないの?って感じですが。

 

しかし、専門家はそれ以外の要因もあるということだそうです。

上記グラフは日単位のチャートです。

最近の1か月の推移です。

まあ、本当に下落している時には、400円を割り込むんじゃないかってぐらい下がってます。

 

400円なら、4万円程度で株買えますからね。

 

ちなみに、このペッパーフードサービスの優待券はと言うと。

100株で、500円の券が2枚もらえます。

 

f:id:se-keneconomy:20200530101205j:plain

 

配当はありませんが、これが年2回もらえる。

今の株価が500円とすると、100株で50,000円。

 

50,000円で、2,000円分の券。

4%ということですね。

まぁまぁじゃないでしょうかね。

 

それはさておき、今回の上昇は、自粛解除のほかにも要因があるということを、証券会社の関係者は話をしているようです。

 

会社分割による新会社設立 

6月1日に会社分割により、新会社の設立。

それがカギになるそうです。

 

ペッパーフードサービスが、4月末に行われた取締役会での内容によると、設立された新会社は「株式会社JP」といい、資本金は1,000万円

ペッパーフードサービスの100%出資子会社となる。

 

代表者は、一瀬邦夫氏。

新会社に分割・承継されるのは主力のペッパーランチ事業となり、直近の売上高は、80億7,400万円に相当するとのこと。

 

この新会社は、競争力のある事業を切り離し、元の会社は清算対象となる。

ペッパーフードサービスの再編ということになり、その可能性が期待されているということだそうです。

 

不屈の精神を持つ一瀬社長

ペッパーフードサービスの創業者である、一瀬氏は、母子家庭で育ち、高校卒業後に、レストラン、ホテルでシェフとして経験を積んだそうです。

 

1970年に初の自分のお店を立ち上げて、経営してきたようですが、ペッパーランチでの従業員の暴行事件や食中毒などの事件があったけど、苦境を乗り越えて、今の「いきなり!ステーキ」で大躍進を遂げました。

 

いきなり!ステーキの拡大路線は、みごとに失敗しましたが、アイデアマンとしての才能は、一目置かれているようです。

 

テレビのインタビューとか見ると、ワンマンなところもあり、大丈夫かっていう見方もできますが、なんとかやりきるのか。

期待と不安が入り混じったものがありますね。

 

29日のチャージの特典は当分見送り

いきなり!ステーキでは、29日に肉マネーをチャージすると、ポイントが5倍つくという特典がありました。

 

10,000円チャージすると、1,500円付いてくるというものです。

通常は、3%付くので、10,000円で300円がつくところ、その5倍が付くという。

 

1,500円って大きいですよね。

 

しかし、この時期ということで、その特典は今中止となっているようです。

 

残念ですが、今は仕方ないですね。

 

f:id:se-keneconomy:20200530105651j:plain