おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

メディアはなぜ、投資による失敗談を多く記事にするのか

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



ネットニュースを見ていると、よく目につくのが、投資での失敗談

これって、かなり多いです。

www.moneypost.jp

 

toushi.homes.co.jp

 

madamefigaro.jp

 

373news.com

domani.shogakukan.co.jp

 

gendai.ismedia.jp

まぁ、注意喚起する記事もあり、一概に失敗談ばかりではありません。

しかし、普通の人が読むと、「やっぱり投資って怖いな!」って思っても仕方ないという記事も多いのも確かですね。

 

しかし、よく読んでみると、そりゃ失敗するわ。

投資の基本のキもわかってないやん。っていうのがほとんどです。

 

金融機関の窓口にはいかない

これは、どの本、ブログ、Youtubeを見ても、言われていること。

本当に、これだけはやったらあかん。

 

わからん。

だから、金融機関に相談しにいこ!

この時点で、あなたはカモです。

 

鏡見たら、クチバシと羽がついていて、背中に鍋とネギがくくられています。

そんな感じに、金融機関の人間からは見えるんです。

 

アホや。

アホがきよった。

て。

 

中田敦彦も言ってましたね。

手数料ハンターが、あなたを狙ってます。って。

 

金融機関は、手数料で利益を上げているんです。

あなたの利益は、金融機関の利益にはならないんです。

 

コンビニ経営を今からやる奴がいないってほど、ブラックというのが浸透しているのと同じで、金融機関への相談は、絶対やってはならないことです。

 

でも、本当にまだいるんですよね。

相談しに行く人が。

オレオレ詐欺」がこれだけ言われているのに、騙される人がいるということに驚かされるように、このこともまだ知らない人が多いのが事実なんですよね。

 

これ、絶対損しますよ。

 

なぜ、損するのか。

なぜ、儲からないのか。

 

それは手数料がバカたかいものを勧められ、全ての投資商品にあり得る下落時に、乗り換えを進めてくること。

あと、いっとき流行りのテーマ銘柄を進めてくること。

もう店頭に出てきている時点で、そのテーマは時期を逃していると思っていいです。

 

投資は長期運用を覚えておくことです。

 

知人の儲け話に乗らない

正直、これも信じられへんってことなんですが。

親族ならまだしも、知人からの儲け話って、もうあり得ないわって。

怖い、怖い。

 

こいつなんやねん。って。

それも「100%儲かる。」とか、「絶対儲かる。」とか。

アホですかって。

 

宗教やん。

100%とか、絶対という言葉がでたら、要注意です。

要注意というか、ぶん殴ってもいいくらいです。

 

恐ろしいことに、中には、親切心で言ってくる人がいるということ。

そんなこと言ってくるやつは、絶交したいところなんだけど、親切心で言ってきていると本当に困りますよね。

 

投資は、ハイリスク・ハイリターン。

ローリスク・ローリターン。

リスクのない投資はありません。

 

だから、絶対儲かるっていう時点で、何か勘違いしてるのか、リスクが見えていないか。

それとも騙そうとしているのか。となります。

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

下がっても狼狽売りをしない

これも多い。

記事を読んでいて、なぜそこで売る!!!

って叫ぶことがあります。

 

買った瞬間からなぜ上がるって思うんだ?って。

 

いい銘柄であれば、どんなに下がろうが気にすることはなく、気長に持っていればいいんです。

個別銘柄でも、名の知れた企業であれば、下がっても心配ないはずです。

 

ブームに乗ってるような銘柄は、リスクはありますが、そこに一点買いというのは、それはそれで投資を知らなさすぎます。

卵は一つのカゴに盛るな!

これも基本です。

 

だから、初心者には、投資信託をお勧めします。

 

下落するというのは、もう投資にはつきものとして考えるべきです。

私も長いこと投資信託を購入してますが、買った時から、最初の半年ほどはマイナスでしたよ。

しかし、もう当然下がることもあるというのは知っていましたから、気にしないで月々積立をしていました。

 

今では、相応の利益を生み出してくれています。

 

下がった時に売ると、損失が確定してしまいます。

売らないで持っていると、いつかは上がります。

 

注意が必要なのは、衰退が見えているところに投資してはダメですということ。

 

衰退。。。

 

そう、日本ですかね。

もちろん、日本にも成長する企業はあるでしょう。

しかし、日本市場をターゲットにしている企業は、今後は更に苦しくなるでしょう。

グローバルに市場を広げている企業は、伸びていくでしょう。

 

その辺は注意が必要です。

 

だから、みんなが言ってるように、アメリカのインデックスファンドに投資しておけば間違いないということです。

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

レバレッジをかけない

これは調子がいいと、寄ってくる悪魔です。

一度は経験した方がいいという、そんな甘いものではありません。

私も、一度えらい目に遭いました。

 

調子がいいと、ついつい自分の実力だと勘違いしてしまうんですよね。

投資の才能があると。

 

で、少ない資金でより多くの投資ができるよう、信用取引に手を出してしまうんです。

もう、絶対ダメです。

投資は実力より、運です。

その運になるべく振り回されないように、備えておくことなんです。

 

FXもやっている人の9割が損していると言われています。

FXはご存知の通り、レバレッジをかけることができます。

FX=レバレッジという認識の人も多いでしょう。

 

普通にレバレッジを低くすれば、為替取引なんですがね。

しっかりと補償金を確保していれば、銀行の外貨預金よりよっぽどいい運用方法なんですがね。

 

なんでもそうなんですが、非常にいい投資商品でも、使い方、投資する人によってはいくらでも損はします。

銀行の外貨預金の代わりに、FXでレバレッジ1倍ですれば、そっちの方が手数料は遥かに安いです。

 

FXで大きな借金を作って人生詰んだというネットニュースが流れたりしますが、それはFXに限ったことではないです。

FXは、ロスカットいう仕組みがあるため、元本がゼロになることはありません。

(急激な変動により、ロスカットで成約が滑りマイナスになることもごく稀にありますが。)

じゃ、なぜマイナスになるのか。

それはギャンブルと同じ感覚でやり、借金をしてFXをやるからです。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

最近記事5つ

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com