おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

東京マルイ・エアガン コルトパイソンは買いか!?弾ポロの頻度はどうか

SPONSORED LINK

エアガンと言えば、もう男の子が好きになるおもちゃの一つですよね。
子供の頃はエアガンでよく遊びましたわ。

それは、今の子供も同じようですね。

 

エアガンでBB弾を飛ばして、的に当てる。

いやー、楽しいですよね。

サバイバルゲームとかありますが、そこまではいかないんですが、普通にターゲットである的に向かって撃つ。

それだけでも結構楽しいですよね。

 

 

エアガンと言えば東京マルイ

f:id:se-keneconomy:20210327103811j:plain

日本でエアガンと言えば、東京マルイですよね。

ラジコンと言えば、タミヤ京商ってなりますが、モデルガンと言えば東京マルイ

 

会社名は、株式会社東京マルイ

創立は、1965年です。

主な製品は、トイガンと、ラジコン、プラモデルです。

本社は東京で、おもな工場も、関東にあります。

まさに会社名が東京マルイですからね。

 

もうトイガンと言えば、東京マルイですね。

他のメーカーと言えば、マルゼン

クラウンモデルなんてのもあります。

しかし知名度で言えば、やはり国内だと東京マルイでしょう。

 

エアガン・モデルガンの種類

おもちゃの銃として、エアガンとモデルガンがあります。

これは混合しがちですが、BB弾を発射できるものをエアガン

発射できないものをモデルガンと言います。

一般的に、総称してモデルガンと言われることが多いようですが、専門家からいうと上記の言い方を区別しているようです。

 

エアガンとモデルガン ■エアガン
・BB弾を発射できるもの
■モデルガン
・BB弾を発射できないもの
※ただし一般的には、蒸気を総称してモデルガンと言う。

 

エアガンの種類について

エアガンの種類は、次の3つがあります。

 

エアコッキングガンは、銃の中にあるバネを引いて、トリガーを引くことにより、一気に空気で弾を発射するものです。

構造もシンプルで、威力もさほど強くないため、気軽です。

ポップアップ機能がついているものは、BB弾に回転を加えることにより、弾の浮力を与え、直進性を良くしています。

14歳以上のエアガンだと、結構威力も強くなります。

あなどれないですよ。

 

次にガスガン。

これはガスの圧力により、弾を発射させるタイプです。

そのため、ガスを別売りで買う必要があります。

以前持っていましたが、いつもガス缶を持ち歩かないといけないため、ちょっと面倒です。

 

電動ガンは、電気の力で発射するタイプです。

通常の単三電池を使うものもあれば、ニッケル水素バッテリーを使うものもあります。

価格帯も幅広く、4,000円程度のものから、数十万円もする電動ガンもあります。

最近では、サバイバルゲームでよく使われるそうです。

 

今まではオートマチック

f:id:se-keneconomy:20210327103903j:plain

モデルガンと言えば、やはりオートマチックですね。

以前、このブログでも書きましたが、マイアミバイスのクロケット刑事が持っている銃(ベレッタ)を見て、本当に憧れましたからね。

ベレッタM92F

これは2丁持っています。

 

かっこいいですね。

 

オートマチックのいいところは、BB弾をそのまま弾倉に詰めることができます。

弾数も結構入れることができます。

10発以上は入れることができるんではないでしょうか。

f:id:se-keneconomy:20210327121647j:plain

 

年齢制限がありますが、10歳以上用というのが、一番下のモデルとなります。

徐々に14歳以上とか、18歳以上とか上がっていきます。

何が違うかというと、やはり威力です。

あと、ガスガンは、基本18歳以上ですね。

 

エアコッキングガンでも、14歳以上対象モデルだと、意外と威力はあります。

威力があると言っても、ズボンの上から打ったら、軽くいたって感じですが。

当然、顔に当たると大けがするので、これはかなり注意が必要です。

 

ポップアップ機能が付いているものは、かなり直進性がよく、命中精度も結構高いです。

ポップアップ機能のついた銃を横に向けて撃つと、銃の上側に大きく曲がっていきます。

それだけ弾に回転がかかっているということです。

 

エアガンと言えば、もうオートマチックばかりでしたね。

 

刑事ものを見てリボルバー

f:id:se-keneconomy:20210327104321j:plain

しかし刑事ドラマを見ると、結構リボルバーが多いですね。

だから、自然とリボルバーの銃に興味が出てきたようです。

急にリボルバーが欲しいと言い出しました。

 

リボルバーといえば、薬莢にBB弾を詰める操作が必要ですが。

それが手間で面倒だと感じるのではと思いますが。

 

古い人では、ルパン三世次元大介とか、シティーハンター冴羽獠とか。

ダーティハリーとかが持っている銃が、リボルバーとしては有名ですね。

次元大介は、M19コンバットマグナム(4インチ)を愛用していましたね。

 

冴羽獠は、コルトパイソン(4インチ)を愛用していました。

ダーティーハリーと言えば、44マグナムです。

銃は、M29マグナムです。

44マグナムというのは、44マグナム弾の44です。

この44マグナム弾は、レミントン・アームズ社とスミス&ウェッソン社が共同開発した狩猟用弾薬です。

 

買ったのがコルトパイソン

f:id:se-keneconomy:20210327104424j:plain

ということで、買ったのが、東京マルイのコルト パイソンです。

東京マルイエアコッキングガンのリボルバーの銃としては、一押しだそうです。

結構見た目もかっこいいです。

やはり4インチが一番しっくりきますね。

 

重量もそこそこあり、おもちゃ感がありません。

見た目のしっかり感は相当です。

 

あと楽しいのは、薬莢の出し入れです。

本物っぽくていいですね。

薬莢が軽いのは仕方ないですね。

さすがにここは重くできないでしょう。

M92Fと比べると、割高な感じがします。

 

いい点と悪い点

f:id:se-keneconomy:20210327104550j:plain

いい点と悪い点について、書きたいと思います。

 

買って良かった点

何といっても、かっこいい。

まずこれが第一ですね。

次に薬莢の装着、脱却がかっこいい。

もちろん、地面にバサッと落とすことができないんですが。

 

 

買って後悔した点

うーん、弾ポロがおおいな。

これは非常に残念。

というか、かなりの残念さ。

これさえなければって思うぐらい。

東京マルイさん。

頑張ってくださいよ。

それだけですね。