おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

人間ドックでお腹周りが微増〜中年のお腹を引っ込める方法とは

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆


コロナの影響で、なかなか人間ドックに行けませんでした。

5月頃に予約してたんだけど、コロナのせいで延期。

すると、その頃に予約していた人たちが、一斉に後ろにずらしたため、なかなか予約が撮れなくなってきていました。

で、結局年度の最後のこの時期になってしまいました。

 

で、人間ドックなんですが、気になるのは血液の各種の数値もそうなんですが、やはり一番は肥満かな。

結構やばいかも。

週3日ぐらいは、腹筋とかしているんですが、効果が出ているのかいないのか。

 

人間ドックの結果は

f:id:se-keneconomy:20210212120421j:plain

さて、人間ドックの結果は。

各種の数値などは、3週間後に送られてくるということで、わかりませんが。

身長、体重、胴回りはその場で教えてくれます。

 

体重はというと。

74.9kg

やばい!

 

人間ドックの前日とか食事を抜くので、大体72kgぐらいだったんですが。

今回は、それでも75kg近くいってる。

身長からすると、肥満に該当します。

自身の身長からすると、72kg以内に抑えないといけないらしい。

3kgもオーバーしてる。

 

3kgの肉を想像したらわかるが、これ相当ついてるなって感じですね。

 

ちなみに身長は変わらずです。

縮んでなくてよかったわ。

胴回りは、1cmぐらい太ったかな。

 

週3日のエクササイズ

f:id:se-keneconomy:20210212120604j:plain

先ほど言った週3日のトレーニングですが、メニューは以下です。

  1. 8kgのバーベルを1セット15回*3回
  2. 足上げ(腹筋) 1セット30秒*3回
  3. 下向き(腹筋) 1セット30秒*3回

 

これをやっています。

うーん、効果あるのかな。

人間ドックの数字を見ると、効果がわからない。

筋肉がついて、体重が増えたという見方もあるんですが、それは自分に甘すぎか。

しかし、毎晩のビールの時には、おつまみは全く食べていません。

夜ご飯を食べてから、固形物は口に入れていません。

ビールをご飯のときに、1缶(350ml)と、風呂上がりに1缶(350ml)です。

 

林先生の番組で言っていたウェストを絞る効果的な方法

f:id:se-keneconomy:20210212120644j:plain

そこでちょっと調べてみました。

腹筋というか、ウェストを細くする方法について。

それは逆腹筋だそうです。

 

逆腹筋ってなんだ?って感じですが。

番組は、「林先生の初耳学」。

 

この番組によると、逆腹筋。いわゆる体を反らせることです。

反らせる。

まぁ、ラジオ体操でもある、手を腰に当てて、空を見上げるようなポーズですね。

あれが非常に効果があるそうです。

 

逆腹筋(体をそらせるポーズ)を1セット10回*3回すると、モニター調査で、最高7cmほどウェストが細くなったそうです。

当然、個人差があるそうですが、腹筋を真面目に鍛えるよりも、より大きな成果が出たそうです。

ウェストって、体重以上に減らすの大変だと思うんですが。

すごい効果ですね。

 

この逆に体を反らせるという運動は、普段あまりやらない動きで、この動きをすることにより普段使わないインナーマッスルを鍛えることができるそうです。

 

このエクササイズのやり方も放送されていました。

  1. 足を腰幅と同じぐらい広げる。
  2. 足の指を床から浮かせる
  3. 両手で頭を支え、5秒間体を反らせる
  4. 息を吐きながら、体を元に戻す

だそうです。

ちょっと普通の体を反らすのと違いますか。

2の足を床から浮かせるというのと、手は腰ではなく頭というのがコツかもしれませんね。

 

ちょっと取り入れてみて、どうウェストが変わるかみてみましょうか。

早速今日からのトレーニングに入れてみます。

 

なぜお腹がぽっこり出てくる?

しかし、そんなに食生活変わってないのに、なぜぽっこりお腹が出てくるんだろうか。

そんなに変わってないけどな。

本当に疑問ですよね。

 

よく言われているのが。

  1. 骨盤の歪み
  2. 筋力の緩み

 

骨盤の緩みは、もともと正常な位置にあるべき内臓が、この歪みにより下に落ちてくる。

そのため、お腹周りがぽっこりと出てくるということだそうです。

これは、正しい姿勢と正しい運動とか。

まぁ色々ですね。

 

筋力の緩みというのは、まぁわかりますね。

お腹の筋肉が減り、脂肪をキュッと維持していたのが、緩む。

後もう一つ大切のが、基礎代謝

筋力ってやはりカロリーの消費量が大きいですよね。

脳も多いらしいですが、筋肉も多い。

筋力をつけていると、ほっといても勝手にカロリーを消費してくれます。

 

大きな車が燃費が悪いのと同じ。

燃費と比べるとなんか嫌な感じですが、同じ量のガソリンを入れても、燃費が悪いとあまり走れませんよね。

筋肉も一緒で、たくさんご飯(ガソリン)食べても、どんどん筋肉が消費するので、体にたまらないってことですね。

余ったカロリーは脂肪になってお腹とかにつきますからね。

 

ちなみに筋肉と脂肪では、筋肉の方が密度が高く重たいです。

だから、筋肉をつけると、その分脂肪が減っても、体重は重くなります。

身長と体重だけで見ると、これがわかりにくくなります。

だから、体脂肪率というのが重要になります。

これは、体重計についているものもありますね。

身長に比べて体重が重くても、筋肉が多いとそれは肥満ではありません。

 

実は、普通に脂肪を減らすよりも、筋肉を増やして、筋肉に消費させた方がより健康的だと思いますね。