おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

株式投資に必要な指標のPBRとPERについて〜重要な指標を勉強する!

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



最近の投資方針は、ほったらかしなので、個別銘柄を購入すると言うのは減ってきました。

とはいえ、最近、SBIホールディングスを購入していますが。

 

個別銘柄では、特に気になる銘柄があれば、やけどしない程度に少しやっていこうかなっとは思っています。

こうやって、個別銘柄を選択する時に、気になる指標がいくつかあります。

それが、PBRとPERです。

 

PBRとは、株価純資産倍率と言います。

PERは、株価収益率と言います。

 

それぞれについて、説明していきたいと思います。

f:id:se-keneconomy:20210619120058j:plain



PBR(株価純資産倍率)

PBRとは、英字では、Price Book-Value Ratioです。

日本語では、株価純資産倍率と言います。

 

株価と、企業の純資産を比較するものです。

と言うことで、

株価と企業の“純資産”との関係を表しており、PBRが低いほど株価は割安と判断されます。

 

算出方法は、株価を1株あたりの純資産額(BPS:1株あたり純資産)で割ることで求めます。

 

PBR(倍) = 株価 ÷ BPS(1株あたり純資産)

 

PBRで何がわかるか

では、このPBRから何がわかるのか?

先ほど説明したように、PBRは、1株あたりの純資産に対して、何倍の株価で株が買われているかを表しています。

 

PBR(倍)を見れば、株価が、会社の純資産に対して高いか安いかが判断できます。

PBRの目安は、1倍以上なら割高と判断されます。

逆に、1倍を割るようであれば割安であると考えられています。

 

もし、PBRが1倍という場合はどう言うことかというと、株価と1株あたりの純資産が同じと言うことなので、その会社が解散した場合、株主にそのまま資産を返却すれば、投資額がそのまま返ってくると言うことになります。

安心材料とはなりますよね。

 

PBRが1倍割れという場合、理論上はあり得ないのですが、実際にはあります。

企業の状況により、PBRが高い傾向にあったりもします。

特に創業期は高くなる傾向にあります。

創業期の会社の多くは借入れが多くなるためです。

(負債比率が高くなり、純資産比率が低くなるケースが多々あり、そのため、PBRも高くなりがちです。)

 

www.oguecolabo7.com

 

PER(株価収益率)

PERとは、英字でPrice Earnings Ratioです。

日本語では、株価収益率と言います。

 

PERは、株価と企業の純利益との関係を表しています。

PERが低いほど株価は割安と判断されます。

 

算出方法は、株価を1株あたり利益(EPS)で割ります。

 

PER(倍) = 株価 ÷ EPS(1株あたり利益)

 

PERが低いほど会社の利益に対して株価が割安であり、高いほど株価は割高だと判断できる。

 

PERで何がわかるか

PERは、その時点での株価が、1株あたり利益の何倍かを表しています。

基本的には、株価が上昇すると株価収益率も上昇します。

株価が下落すると株価収益率も下降します。

 

また、1株当たり利益が上がるとPERは下がり、1株当たり利益が下がればPERが上がります。

 

PERは、会社の利益に対して、現在の株価が割高か割安かを表しています。

PERが低いほど会社の利益に対して株価が割安と判断され、高いほど株価は割高ということになります。

PERが高いと言うことは、人気があると言うこともできます。

ただ、そういう銘柄は、株価が割高な分、投資効率が低いとも判断できます。

 

PERには、これといった基準はありません。

何倍以上が良くて、何倍以下がダメかという判断は難しいと言うことになります。

 

PERは、競合他社との比較などで使用するのがいいでしょう。

適切なPERは、その企業の業界の水準や、他社との比較で使用するのがいいでしょう。

基準はないのですが、一般的には、30~40倍であればその株式は適正だと言われているようです。

(これを超えると割高、下回ると割安ということになります。)

 

タイトル

PBRとPERは、どちらも株価の妥当性を測る重要な指標となっています。

 

しかし、その基準は、PBRとPERでは異なります。

PBRの場合は、純資産です。

PERの場合は、純利益です。

 

PBRは、企業が持つ資産(純資産)に対して現在の株価が妥当かどうかを表しています。

PERは、企業の出す利益(純利益)に対して株価が妥当かどうかを表しています。

 

おおまかに言うと、その企業の財務状況をもとに算出するPBRと、業績に連動するPERといえます。

 

PBRは、純資産なので、短期的には変わりません。

従って、瞬間的な成長度合いを測るという指標ではありません。

 

日々変動する景況感に左右されないで、資産価値をもとに判断するには、このPBRをみると言うのもいいかもしれません。

 

このPBRと PERの指標は、絶対的な指標ではないので、必要に応じて、参考という程度で使用するのがいいでしょう。

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com