おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

楽天カードはおすすめ?持つうえでのメリットやデメリットは?

SPONSORED LINK

楽天カードというと、価格.comで常に人気ランキング上位にきているクレジットカードです。

クレジットカードは数多くあるけど、なにがそんなに人気なのか。

今回はそんな楽天カードのおすすめする点はどこなのか、またメリットやデメリットについて紹介したいと思います

f:id:se-keneconomy:20200620184334j:plain


 

楽天カードのメリット

まず、楽天カードのメリットを見て行きましょうか。

実際楽天証券楽天銀行の口座を持っていて、楽天カードも持っています。

 

しかし、正直あまり使ってないですね。

何でしょうか、どうしてもメインの口座が他の銀行なので、それであまり使ってないって感じですね。

 

でもまぁ、今回は楽天カードのメリットを調べてみました。

  1. 年間費が無料
  2. ポイント還元率が高い
  3. 審査が難しくない

の3つのメリットがあります。

 

まず、年会費が無料であるということです。

 

いくら還元率が高かったとしても、その分年会費が高ければ意味がありませんからね。

その点で言うと、年間費無料と言うのは嬉しいですね。

保有している時の保有コストがかからないというのは、非常にいいですね。

いざと言う時の為にという感じで持っているというのもいいですからね。

 

但し、楽天カードには、ゴールドカードプレミアムカーという上位カードがありますが、これらはそれぞれ年会費2,000円と10,000円です。

 

まぁ、それは仕方ないでしょう。

上位カードですからね。

しかし、ゴールドカードで2,000円。

プレミアムカードで、1万円というのは、かなり安い部類に入ると思いますね。

従って、楽天カードの上位カードもおすすめできます。

 

次に、ポイント還元率が高いということです。

楽天カードの還元率はどこでも1%です。

 

さらに嬉しいことがあります。

楽天市場で商品を購入すると3%も還元されます。

一般的なクレジットカードは、0.5%還元なので、これはかなりお得に買い物ができます。

 

例えば年間100万円利用するならば、還元は1万円です。

0.5%還元のカードとは5,000円も違います。

 

年間5,000円程度と言えばそうなんですが、まあ0円と比べれば、この差は大きいですよね。

したがって、楽天カードのような高還元カードはおすすめです。

 

最後に、審査が厳しくないということです。

クレジットカードには銀行系、信販系、流通系などに分かれており、発行元が異なります。

 

銀行系は三井住友などの銀行が発行しており、信販系はクレジットカード会社が発行しているもので、アプラスオリコカードなどがあります。

 

流通系は小売等の会社が発行しており、イオンカード楽天カードなどがあります。

 

この中でも流通系のカードは自社の買い物をして欲しいために審査難易度を下げているという特徴があります。

楽天カードのここに含まれるため、主婦やパート、学生でも簡単に発行できます。

 

楽天カードのデメリットは?

f:id:se-keneconomy:20200620185557j:plain

それでは、逆にデメリットは何でしょうか。
 

楽天カードのデメリットとしては、ステータス性が無いという点があります。

これは上位カードでもそうですが、楽天カードを持っていたとしても所有欲が満たされことはありません。

 

少しでも買い物をお得にするためにクレジットカードを発行するのであれば特に気になりませんが、ステータス性を気にするのであれば銀行系などの別のクレジットカードがおすすめです。

 

まぁ、それ以外のデメリットと言うのは特に見当たりませんね。

楽天銀行の口座をもっと使うようになれば、楽天カードももっと使うでしょうね。

 

今は使うと、引き落としの為にお金を入れておかないといけないので、それが少し面倒っていうのがありますね。 

 

まとめ

楽天カードは基本的に誰にでもおすすめできるクレジットカードです。

楽天スーパーポイントの汎用性も高く、街のお店でも多く使えるため腐らせてしまうことも多くはありません。

 

クレヒスも求められないため、最初の一枚としても楽天カードはおすすめですね。

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com