おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

辛坊治郎氏のヨット太平洋横断について〜夢があるな。でも怖そー

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



辛坊治郎さんが、太平洋をヨットで横断しました。

辛坊さんといえば、やはり「そこまで言って委員会NP」の司会が有名でしたね。

というか、私はそれがメインでした。

 

しかし、辛坊さんの太平洋横断は、すごいなって思いますね。

 

f:id:se-keneconomy:20210917151234j:plain

これはやはり男のロマンなんでしょうね。

正直羨ましいなって思ったりもします。

 

結構海好きなんですよね。

 

辛坊治郎氏のヨットでの太平洋横断は、実は今回が2度目です。

ってみんなご存知ですよね。

 

1度目は、2013年。

クジラの背に乗り上げて、約10日間漂流したそうです。

で、海上自衛隊に助けられました。

 

テレビ番組で、戦地に観光に行って捕まった人たちに対して、自己責任とか発言していて、それで結構バッシング浴びたりしていましたね。

 

まぁちょっとタイミングが悪かったですね。

 

前回は、全盲のセーラー岩本光弘さんと2人でのチャレンジでしたが、今回は1人です。

パートナーがいると言うことは心強い反面、なんか気使いますよね。

もし仲が悪くなったら、もう辛いでしょうね。

 

それを考えると、今回の1人チャレンジは、良かったと思いますね。

 

さて、今回の航路がネット上に出ていました。

f:id:se-keneconomy:20210917151413j:plain

すごいですね。

ちょっと最近ですが、『辛坊治郎ヨット太平洋横断往路69日間の航海日誌動画』というYoutubeを見ています。


www.youtube.com

 

これみると過酷さがよくわかります。

辛坊さんも、最初の1ヶ月は自分の甘さを呪ったと言っています。

 

サンフランシスコと東京間は、約8,800kmほどあるそうです。

これだけ見てもクラクラしますね。

 

海流は時計回りに回っていて、日本の近くを通り、アメリカの方へ向かっている黒潮

逆にアメリカから日本へは、赤道付近の北赤道海流。

 

波も高そうです。

 

以前このブログでも、大型コンテナ船の航海について書いたことがあります。

 

www.oguecolabo7.com

大型コンテナ船はそれなりに大きい船特有の苦労がありましたが、ヨットとなると苦労の種類がぜんぜん異なります。

大型コンテナ船も、海賊とか紛争地域を通過するなど過酷でしたが、ヨットは本当に命懸けです。

 

命綱をつけていても、海に落ちたらおしまいだって言ってましたね。

そうなんですか?って思ったりもします。

ロープで体と船が結ばれていたら、落ちてもそのロープを辿れば、船に登れるんではないかと、素人としては思うんですがね。

 

しかしヨット界では、落水したらダメだと言うのが、もう常識のようです。

逆に言えば、ヨットでの事故のほとんどが落水に起因しているそうです。

 

でも怖いですよね。

あの波の中、船上での作業をするんですから怖いですよね。

大きな船が通った時の波なんて、予想つかないですから。

 

ヨットで1人だった場合、救命具をつけていても、ヨットは勝手に流されていきますからね。

もうどうしようもないですね。

 

辛坊氏の動画を見てるんですが、もう少し海の映像とか、船内の映像が見たいですね。

結構、辛坊氏がGoProに向かって喋ってる絵がほとんどなんで、なんかちょっと。

もう少し、船内で寛いでいる姿であるとか、欲しかったな。

 

しかしやっぱり男性って、冒険が好きなんですよね。

見ていて、正直羨ましいなって思ったりしました。

できるかと言うと絶対できませんが。

 

結構GoProが優秀なんでしょうが、かなり船は揺れています。

毎朝、酔い止めの薬を飲んでいるそうですが、大変そうです。

普通なら毎日吐いてるだろうな。

 

ヨットって不思議に思うのが、風上に進むことができます。

もちろん、真正面に向かって進むことはできませんが、45度ぐらいで向かって進むことができるそうです。

 

それがヨットの面白さだという人もいるそうです。

この原理は、飛行機の揚力と同じだそうです。

抗力と揚力のバランスで、揚力が勝ち、抗力に向かって進むそうです。

 

風上には、ジグザグに進むそうです。

面白いですね。

f:id:se-keneconomy:20210917164107j:plain

今回は、辛坊治郎氏のヨットによる太平洋横断について、まぁ思いつくまま書いてみました。

こう言うのって本当にいいですよね。

楽しくて。