おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

サラリーマン投資家の投資信託運用実績報告(2021/11/13時点)~今週は▲28,183円

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



 

投資信託での長期運用について

銀行にお金を預けることは、もう今の時代リスクとなっています。

なぜ、リスクかというと。

それは、日銀の政策によるところが大きいです。

 

日銀は、インフレ目標2%としています。

 

インフレ

すなわち、物の価値を上げると言う事。

 

ある商品を作り売る場合。

今まで100円だったものを105円で売れるようになる。

価値を上げると言うことで言えば、これは経済にとって非常に良いことです。

一見物の値段が下がるデフレの方が、良いように思えますが、それは生産者を疲弊させることになります。

 

安売り戦争になると、大企業だけ生き残り、中小企業は苦しくなり、最悪倒産してしまいます。

またそこで働いている社員は、自分が一生懸命作ったもの、提供したサービスなどが安値で取引され、働きがいを見出せなくなったり、給料を下げられたりします。

 

すると、余計に支出を制限し、いわゆるデフレスパイラルに陥ることになります。

 

と言うことで、インフレにする必要がありますが、そうなると銀行に預けているお金は、どんどん価値を下げていくことになります。

100円で買えたものが、来年には105円となり、100円持っていても買えなくなりますから。

インフレを超える程度に運用し、資産を増やしていかないと、知らない間に資産が減っていくと言うことになります。

 

貯蓄から投資へ。

だから、今運用が必要なんです。

 

投資信託への積立は、よい投資信託を選べば、非常によい投資となります。

株投資と異なり、長期でゆっくりと育てていく感じですね。

 

www.oguecolabo7.com

 

分散型の投資信託だと、利回りもそんなに激しく動くこともなく、平均で6%以上は見込めると思います。

少しづつ積立でのんびりと老後資金を貯めてはいかがでしょうか。

 

投資信託 購入商品一覧(11/13時点)

買っている投資信託は、以下の6つです。(2021年7月1つ追加)

買っている投資信託 ◆三井住友T SMTグロ株
◆三菱 eMAXIS先進国株
◆三井住友T世界経済
ひふみ投信プラス
楽天資産形成ファンド(楽天525)
SBI V S&Pインデクスファンド

 

 

f:id:se-keneconomy:20210410095155j:plain


 

運用状況

 

◆◆◆SBI証券(+楽天証券) ◆◆◆
◆評価額:¥3,342,566
 (先週:¥3,370,749
◆含み損益:¥753,566 (前週比 ▲¥28,183)
 (先週:¥781,749
◆含み損益(%):△29.11%(今年度:△17.81%)
 (先週 △30.20%(今年度:△18.90%))

 

今週は少し下がりましたね。

まぁ、こんなもんでしょう。

 

しかし、18歳以下に10万円支給するという件ですが、反対多数ですね。

これはどうなんでしょうか。

 

私個人的には、こういう支給もありかと思いますが。

というのも、全ての人が満足するような支給方法なんて、多分ないでしょう。

なら、いろんなパターンで、支給していけば良いのかと。

 

今回は18歳未満の子供対象に。

次は、貧困家庭にっていう感じに。

 

何から何まで反対していたら、どんどん支給が遅れるばかりですよね。

これで最後じゃないんだから。

 

それに、やはり子供を持つ家庭が苦しいのは、事実だし。

苦しいというか、お金が必要というか。

 

所得で制限すると、それに外れた人たちが文句をいう。

年収高くても、生活は苦しいのに、どうしてだ!って。

片親家庭に支給するとなると、両親揃ってるけど、苦しいという家庭の人たちが反対する。

 

だから、こういう人たちも生活苦しいよね。

だから今回の支給は、納得する。っていうことでいいんではないの?

なぜ、いつも100点を目指すのか。

 

このことはなぜメディアは言わないのか。気づかないのか。

本当にアホすぎるって。

 

100点を目指してると、どんどん議論が深まり、肝心な支給自体が遅れることになりますよ。

支給っていうのは、本当に必要な時にバッと出さないと、手遅れになりますからね。

生活費がないっていうのは、待ってくれませんから。

 

いつものメディアのコメンテーターは、万人に受けようとするコメントしか言わないから。

次も読んでもらえるように。

だから、意味ないんですよ。

コメンテーターの意見なんて。

 

今回は、18歳未満のお子さんに。っていうのでいいじゃないですか。

 

 

 

投資信託について

f:id:se-keneconomy:20200319214639j:plain

投資信託は長い期間かけて投資するものです。

短期で売り買いするものではありません。

 

短期と言っても、人により捉え方はまちまちだと思いますが、数年単位と言ったところでしょうか。

 

ここでも週単位に状況を公開しますが、週間単位で一喜一憂するものではないということを理解しておいてください。

 

投資信託は、正直一生付き合っていくものと言う感覚が良いと考えています。

銀行に預けるという感じで、長く付き合う。

 

必要な時に、必要な金額だけ払い戻せばよいのです。長い期間、そうですね20年とか30年、そんな長い目で見ていくのが大切なのでしょう。

 

 

運用方針

f:id:se-keneconomy:20210407222738j:plain



毎月1万円(毎月1日)を積立しています。

 

余裕があるときはスポット購入で、追加投資をしますが。

 

投資信託を選ぶ基準は以下としています。

 

■運用期間が無期限であること。

購入時手数料がかからないこと。運用管理費用率が低い。

純資産残高が増え続けていること。(残高も豊富なこと)

当然、積立が可能であること。

 

 

過去の運用状況

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

 

参考資料

私が投資信託を始めるときに、参考にした本は次の本です。

この本を読んだ時には、本当に目からウロコが落ちましたね。

 

 

投資信託はこの9本から選びなさい

今日本では数千という数の投資信託がありますが、それをある条件で抽出したものです。

 

今はやっている毎月分配型の投資信託とか、期間が決められているものとか、手数料が高いものとか、そういう間違った商品を選ばないために、非常にわかりやすく説明がされています。

 

まずは、この本を読んで自分がどの投資信託に投資すべきかを考えてみてはどうでしょうか。

 

 

www.oguecolabo7.com