おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

ワイヤレスイヤホンが便利すぎてやばい〜これみんな使うでしょ

SPONSORED LINK

最近まで、ワイヤレスイヤホンを使ってたんですが、イヤホンとイヤホンは、コードで繋がっていました。

今回買ったのは、完全なワイヤレスイヤホン。

 

よく見かけていたんですが、なんか落ちそうで怖かったんですよね。

ただ、今使っているイヤホンが、少しバッテリーの持ちが悪くなり、一日持たなくなってきたので、新しいイヤホンを探してみました。

 

で、見つけたのが、これ!

これ、いいっすわ。

 

 

耳にかけるタイプ

f:id:se-keneconomy:20210429161546j:plain

今までと異なり、イヤホンは耳に引っ掛けるタイプとなります。

結構しっかりしてるので、これだけで、安心感があります。

 

f:id:se-keneconomy:20210425192434j:image

説明書がありますが、内容はあまり親切ではないかな。

ただ、どれも同じような感じなので、なくても設定はできました。

便利ボタンってありますが、何に使うかは不明です。

ペアリングの時にのみ、押してます。

 

こう言う時は、大概長押しです。

ランプがピカピカ光るので、ペアリングしてるわって。

 

箱はコンパクトでいい感じ

箱を見ると、コンパクトでいい感じです。

箱だけなんですが、今までのイヤホンでは、中身の割に箱がデカかったからな。


f:id:se-keneconomy:20210425192557j:image

持った感じ、意外とずっしりときます。

重量感が。

箱自体が少し高級感があります。

中国製とは思えませんね。

 

日本で売るということで、やはり最近は中国製でもかなり品質には拘ってるのかなって。

 

同包されている物

同包されているのは、イヤホン本体。

あと、イヤーキャップが、大・中・小の3セット。

充電用のコードが一本。

TypeCですね。

あと、説明書(英語表記と日本語表記)。


f:id:se-keneconomy:20210425192702j:image

イヤーキャップは、小が一番しっくりきましたね。

もう少し使ってみて、自分に本当にあったサイズを決めた方がいいですね。

 

いつもサイズには悩むんですよね。

 

持ち運びも便利

これは持ち運びがかなり便利です。

以前のワイヤレスイヤホンは、イヤホン部分が磁石になっていて、くっつけると電源オフに。

 

離すと電源オンとなります。

これはすごく便利だった反面、カバンに入れたりする時には不便です。

当然、5分程度接続がない状態だと自動で電源オフになるんですが。

普段、通勤途中などは、首にかけているので気になりません。

会社でも、机の上に、くっつけた状態で置いとけばいいので。

しかし、色々と気を使うことはありましたね。

 

今度のワイヤレスイヤホンは、そもそもケースに入ってますから。

それをポケットに入れて持ち運ぶだけなので、非常に楽です。

 

使う時には、ケースから取り出して使います。

また、両耳つけてもいいし、片耳でも全然オーケーです。

当然両耳の方が、聴きやすいです。

 

少しなんかやりながらという時には、片耳で十分ですね。


f:id:se-keneconomy:20210425225416j:image

ケースにも、しっかりと格納でき、ぐらつきもありません。 

 

 少し大きいが

さて、イヤホン本体ですが。

少し大きめという感じはしますが、つけてみると違和感はありません。

いい感じです。


f:id:se-keneconomy:20210425225450j:image

難点を一つ挙げれば、しっかりと持つときに、ちょうど持つ位置にボタンがあるということです。

音量ボタンが、増量、減量の2つあるんですが、ちょうどいいところにあるんですよね。

しっかりと耳につけようと掴むと、ボタンに当たります。

 

この音量ボタンですが、イヤホン自体ではなく、ボタンを押すと本体の音量が変わります。

前使っていたイヤホンでは、イヤホン本体の音量があったんですが。

 

あと、右、左とそれぞれに音量ボタンありますが、どちらも本体の音量を変化させるため、右左一緒です。 

 

音量はというと、比較的静かなところでは十分ですが、電車の中とかだと少し音量不足のような気もします。

 

充電はボックスで

これはいいっす。

充電は、ケースを充電します。

で、ケースにイヤホンをセットすることによりイヤホンの充電ができます。

何がいいかというと、イヤホンの充電が無くなっても、ケースに入れれば充電してくれるということです。

 

ケースには、バッテリー残量がデジタルで表示されます。


f:id:se-keneconomy:20210427084834j:image

使い終わると、ケースに戻すので、その都度イヤホンは充電されるので、今までのように、「バッテリーロウ」っていう、警告音に悩まされなくて済むのでいいです。

 

ケースのバッテリーが少なくなれば、その時は充電コードを使って充電すればいいのです。

これはいい。

 

あとバッテリーがデジタルで見えるので、すごくわかりやすいです。

もう充電なくて途中で聴けなくなるというのが、もうほぼあり得ません。

 

まとめ

f:id:se-keneconomy:20210119213905j:plain

もうかれこれ、使い始めて2週間程度経ちますが、本当にこれは買いです。

似たようなものはあると思いますが、完全ワイヤレスイヤホンは、絶対おすすめです。

何買おうかと迷ったら、迷わずこれです。

 

いい点を挙げると。

 

この商品のポイント! 1.持ち運びが便利
2.充電長持ち
3.コードが邪魔にならない