おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

歯科検診は定期的にいくことが大切〜セラミックのメリットはどこか!

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



ここ2年ほど前から、2ヶ月、3ヶ月に一度、歯医者に通ってます。

定期検査のためです。

歯科検診ですね。

まあ、皆さんも大切だとは知りつつも、通ってる人は少ないでしょうね。

でも、ほんとにみんなにおすすめします、歯科検診。

 

 

歯科検診はお勧め

f:id:se-keneconomy:20210220095515j:plain

しかし、定期的な歯科検診がいいというのは、もう誰でもわかりますよね。

なんでもそうだけど、予防というのは、大切ですからね。

特に歯なんてものは、一生付き合っていくべきものですからね。

歯が痛み出してからいくと、もうかなり虫歯が進行している場合がほとんどですから。

そこから治療となると、結構削らないといけないし、下手すると神経も抜かないといけなくなります。

これは本当につらいですよね。

 

ということで、何年か前から私は、2、3カ月に1度歯科検診にいっています。

特に変わりはないんですが、定期的に行き、歯を見てもらう。

そして歯石を取ってもらうということをしています。

 

歯磨きの仕方を最初に教えてもらってるので、歯磨きについては問題ないですねって言われています。

歯石は、どうしても溜まってしまいますね。

都度結構磨いてもらっています。

 

軽く磨いてもらい、歯と歯の間も磨いてもらいますが、その後うがいをすると、結構汚れが落ちているのがわかります。

あー、これが歯の間にはさまってたんだなって思うと、定期的に来てよかったって思いますね。

 

行きつけの歯医者を持つ

それと大切なのが、行きつけの歯医者を持つってことです。

もちろん、虫歯になり歯の治療をする時には、大抵の人は決まった歯医者に行くと思います。

でも、何年かぶりに行く歯医者と、定期的に通ってる歯医者では、対応は違うと思いますね。

 

久しぶりに行くと、またレントゲンを撮ったりすることもあるでしょうし、治療方針についても、どんなだっけ?みたいな。

歯医者さんの方でも、昔のカルテは残っているとは思いますが、たまにしか来ない患者には、そんなに関心もないかもしれませんしね。

あくまで、これは想像ですけど。

 

しかし、普通に考えれば、定期的にいっていると、治療の際には便利ですよね。

 

銀のかぶせとセラミック

f:id:se-keneconomy:20210220101340j:plain

しかし本当に後悔していることがあります。

もっと若いころから歯は大切にしとけばよかったなって。

今口の中は、銀のかぶせ(銀歯)が数本あります。

 

そんなに目立たないんですが、やはり自分で見ても、いい感じはしないですね。

 

セラミックは皆さんご存知ですか?

一般的に、セラミックとは、お茶碗のような陶器のことをいいます。

このセラミックは、虫歯で歯を削った穴を補う素材のひとつです。

通常は、銀歯(いわゆる金銀パラジウム合金)が多いですね。

一番安いですから、なにも言わないと、この銀歯になります。

 

このセラミックは、見た目が白く、美しいです。

以前は、陶器ということで、割りやすかったり欠けたりもしたそうですが、最近では強度もあがり、非常に良いものになっているそうです。

 

セラミックのメリット1■見た目の美しさ
やはり一番はこれでしょう。自然な白さと透明感。口を開けても、違和感がありません。

 

セラミックのメリット2■体との親和性
銀歯では、アレルギーがある人には向きません。

 

セラミックのメリット3■歯茎の変色を防ぐ
銀歯の場合、歯茎に成分がうつり、歯茎が変色することがよくあるそうです。セラミックの場合には、このようなことはありません。

 

では、セラミックの欠点はと言うと、やはり価格でしょう。

セラミックは保険適用外となります。

 

かぶせをセラミックで作ると、5万以上はするそうですね。

これは結構痛いですが、耐久性もあるので、いまからするなら絶対セラミックがお勧めです。

私も次に銀歯がとれたら、このセラミックを試してみるつもりです。

高いですが、いろいろなメリットを考えると、多少の出費は仕方ないですね。