おぐけんの経済研究所

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについての記事を中心に書いています。

近鉄まつり(五位堂会場)こんなに人が。。。

SPONSORED LINK

近鉄まつりに行ってきました。

すごい人でした。

まさかこんなに人がいるなんて。正直なめてました。

 

 

入場するだけで長い行列

すごい人です。

駅からまつりの会場までは、大体距離にして500メートルくらいでしょうか?

感覚では、普通に歩いて10分ぐらいかと。

しかし、長い行列で、少しづつしか進めないので、30分くらいはかかりました。

後半、入口から100メートルくらいはスムーズにいけました。

 

f:id:se-keneconomy:20191019183250j:plain



中に入ると予約していたアトラクションへ

インターネットで予約が必要なアトラクションがありました。

あらかじめ予約しておきます。

会場は、まつり会場の1番奥にありました。

本物の電車を使い、実際制服を着させて貰い、マイクでの放送、ドアの開閉を体験させて貰います。

子供達は大喜びでしたね。

楽しいんでしょうね。

係の人(本当の駅乗務員の方々)もすごく親切で気持ちよかったですね。

電車の下を体験

ヘルメットをかぶり、電車の下をくぐる体験もしました。

意外と狭い感じがして、機械が沢山出ていて、すごく怖いです。

ヘルメット無いと、何回かぶつかってたので、本当にケガしそうです。

検査する人は大変ですね。

高さとかもう少し余裕があると思ってたんですが、大人でもかなりしゃがんで通る感じです。

f:id:se-keneconomy:20191019150538j:plain

f:id:se-keneconomy:20191019150605j:plain

模型走行会場も

Nゲージや、HOゲージも走ってました。

ただ、走ってるのは見てるだけなので、いまいちかな。

自分で走らせられると、かなりたのしんでしょうが。

少し雨も降っていたので、結構湿度が高く、むしむししてました。

食堂を使ってたようで、準備大変だったろうなって。

他にもビンゴゲームとか、軽食コーナーもあって楽しめました。

これは子供喜ぶわ。

車庫の中の電車は

車庫の中には電車が置いてます。

どれも古く塗装が錆びてたので、まつり用に置いたのかなと思ってました。

聞くと、全て現役だそうで、検査の度に塗装してるので、塗装を剥がした状態なので古く見えてるそうです。

なるほどね。

確かにまつり用に置いてたら大変だし、そんな車両もないだろうし。

しかし、毎回塗装しなおしてるとは。

さすが日本って感じ。

f:id:se-keneconomy:20191019150654j:plain

 

f:id:se-keneconomy:20191019150717j:plain