おぐけんの経済研究所

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについての記事を中心に書いています。

電車の中がリビングに~忙しい人にぴったりのテレビ

SPONSORED LINK

どこでもテレビ

忙しい中で、見たいテレビが見れないってつらいときありますよね。

録画してるんだけど、見る時間が無い

また、見たいテレビを録画し忘れていたとか。

忙しい人の悩みの1つ!

だけど、このレコーダーを買って問題が解消しました。

 

 

HVTR-BCTX3

これはすごい。

たまに電気屋さんに行ったときに気にはなってたんですけどね。

電気屋と言っても、難波のビックカメラみたいな所に結構置いていました。

なんだろうと興味をそそられ、ネットワーク経由で自宅のテレビが見れるという、夢のようなコメントに目が引かれました。

しかし、設定が難しかったり、更に特別な機械や、別のプロバイダに契約させられたりと、面倒なんだろうなって思って、諦めてました。

でも、自宅でのテレビの争奪戦に負け始めて、意を決することにしました。

家での争奪戦は過酷です。

子供達が勉強してるときには、当然テレビはつきません。

で、子供達の勉強が終わると、休憩ということで、子供達が、テレビを見始めます。

夜は子供達が寝たかと思うと、かみさんが休憩でテレビを見ます。

まぁ、かみさんも我慢してましたからね。

で、かみさんが寝た後見るのですが、結構その頃には疲れていて、テレビを見ながら寝たりしてしまいます。

かみさんがテレビ見てる時には、パソコンでいろいろ作業しているので、さすがにその後は疲れてるんでしょうね。

となると、テレビを見る時間が無い。

土日は更に子供達との遊びで、時間が無いし。

いったいいつテレビ見ればいいんだ!

って事になってるわけです。

これはいかんと言うことで、本気で調べました。

そして見つけたのがIODATAのレコーダーです。

 

f:id:se-keneconomy:20191024210945j:plain

出来ることは

機能としては以下のことができます。

  1. 番組3つを並行して録画できます。
  2. 外出先から録画した番組、またはテレビを見ることができます。
  3. 録画した番組をスマフォ上にコピーし、オフライン上で見ることができます。
  4. キーワードや人名でおまかせ録画ができます。
  5. 録画した番組をフォルダごとに管理することができます。
  6. 端末を3台まで登録することができます。
  7. 外付けのハードディスクを接続し大容量を実現。

と、まぁ、いろいろ多機能となっています。

一番うれしいのは、やはり外出先でテレビを見たり、録画した番組を見ることができることですね。

これはもう最高です。

少し手持ちぶたさな時間って必ずありますよね。

そういう時に録画した番組を見る。かなり有意義に時間を使うことができます。

映画なども2時間って言う長い時間、なかなかとれないのですが、空いた時間に少しづつ見るということができます。

また、容量を増やせるところもいいですね。

私は4TBのハードディスクを接続していますが、当然使い切るなんて無理ですね。

約3,000本ぐらいの番組が取れるのではないでしょうか。

 

 

設定方法

やはり一番心配だったのが、接続。

うまく接続できるのだろうかって。

プロバイダを使っているので、外から家のネットワークにうまくつながるのか。

それが一番の心配でした。

もしつながらなかったら、結局家の中でしか見えないことになります。

(確かに持ち出し変換すればよいのですが、時間もかかり大変ですから。)

 

しかし心配は無用でした。

なんか手順通りにやると普通に外からも接続できました。

手順と言っても、WIFIでつなげた状態で、スマフォとこのレコーダーを接続させます。

RECON-APPを使えば、同一LAN内のレコーダーを見つけてくれます。

で、スマフォと連動させたら、後はWIFIを切って、再度接続を試みると無事につながりました。

外から接続してみる場合、3カ月と言う期間が決められていますが、自宅でWIFIにつなぐと、そこからまた3カ月なので、基本的にはこの期間は気にする必要はまったくありません。

 

デメリット(不満な点)

つながりにくい時がある。

最大のデメリットは、アプリの品質と言うか、つなぎにくさと言う点です。

接続に結構時間がかかったりします。

結構その時間がじれったく感じるときもあります。

あと、ごくたまにですが、つながらなくなる時があります。

これはひょっとして家のネットワークの問題かもしれませんが、ひどい時には1日接続できない時もあります。

家で、WIFIにつないでみる分には、問題なく見えます。また、テレビにつないでみるときには、そういう問題は一切ありません。

持ち出し用に変換時にエラーとなる。

持ち出し用に変換するときに、かなりの確率でエラーとなります。

これはかなりストレスとなります。

何なんでしょうかね。

ほぼ90%の確率で失敗します。

しかし、録画予約時に持ち出し変換するというオプションをつけておくと、録画と同時に変換してくれるので、いつも外で見るものは予約時に設定しておけばよいです。

録画した番組を後で持ち出そうとするとエラーとなります。

私はモーサテとWBSは、持ち出し変換して、電車の中で見ています。

追いかけ再生ができない。

追いかけ再生は欲しいところですね。

追いかけ再生とは、録画しながら録画した番組を見れる機能のことです。

とりあえず取りながら、見てCMを飛ばすということをよくやるのですが、完全に取り終えてから見るか、ライブで見るかの選択となります。

その辺が不便ですね。 

 

外でスマホで見るなら

あと、もう一つ注意点があります。

外で録画した番組を見る場合、パケット使用料には気を付ける必要があります。

私は、20GBのサービスを付けているため、外でガンガン見ても平気ですが。

本当に外で結構な時間を見るとなると、やはり20GBないと厳しいですね。

通勤途中や、昼休憩などで見ると15GBくらいは使うのではないでしょうかね。

ドコモだと20GBは1,000円程度で使えるので、そのサービスを付けていますが。

 

www.iodata.jp

 

www.oguecolabo7.com