おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

外貨運用でドル、ランド、リラ、ペソ〜外貨預金とスワップでリスク回避

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆




リスク分散というのは、投資では必要となります。

いくらインデクスファンド一択でいいとみんなが言ってもです。

リスク分散というが、実はリスク分散以外にも、より高いリターンを求めるための分散効果もあります。

 

外貨預金もその一つです。

外貨預金をメガバンクでしている人が多いようですが、実際にその通貨を使わないのであれば、FXでの外貨購入をお勧めします。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

FXで外貨預金

外貨預金は、じっくりと定期的に積み立てる方法が一番確実かと思います。

また頻繁に購入注文を出すので、手数料は安い方がいいです。

となると、絶対にFXですね。

 

FXとなるとまずギャンブルだとか、素人が手を出すもんじゃないとかいう人が多くいますが、それはFXを知らないからです。

FXは高レバレッジというイメージがありますが、そもそもレバレッジを決めるのは、自分ですからね。

FX業者側がレバレッジを決めてるわけではありません。

レバレッジで運用すれば、普通に外貨預金と同じなんですよね。

 

それにドルだって、今145円程度ですが、今後70円とかまで円高が進むと思いますか?

普通に考えるとありえないですよね。

そうすると、その価格まではレバレッジをかけてもいいということになります。

では、約半分まで下がってもいいとなるとレバレッジはというと、2倍となります。

 

それも怖いなら、もうレバレッジ1倍で運用すればいいのです。

 

FX=高レバレッジは間違い

レバレッジ1倍とは。

145円のドルを145円で買うことです。

1000ドルを買うなら、145、000円用意すればいいんです。

これレバレッジ1倍。

今ならこれで、日々スワップが20円ちょっと貰えます。

1ヶ月で約600円となります。

金利は変動するため、今後は下がる可能性はありますが。)

 

このようにFXで外貨を購入するのは、実はほとんどリスクがないんですよね。

 

投資している通貨

今私がやっている外貨投資は、以下の通貨を買っています。

・米ドル

南アフリカランド

トルコリラ

・メキシコペソ

 

いわゆる高金利通貨ですね。

特にトルコリラなんて、危険な通貨だって言われていますよね。

でも、トルコリラに投資しています。

その理由は。

 

トルコリラは、現在5円を割っています。

以前は、もっと高かったんですよね。

60円とか。。。

それがどんどん下がってきて、今が5円程度。(少し割っている感じ)

 

60円の時には、下落幅が大きかったんですが、今は5円です。

下がっても5円です。

半分になるとしても、2.5円です。

60円の半分は30円下落ですが、5円の半分は2.5円です。

 

もう底が見えていますからね。

例え、上がらなくても。

例え多少下がっても。

その間、高金利通貨としてスワップが貰えます。

 

1000あれば、レバレッジ1倍で、200トルコリラ買えます。

レバレッジ2倍では、400トルコリラ買えます。

 

下落がこのまま続けば、追加購入し、レバレッジを下げることも可能です。

 

それに同時に買っている南アフリカやメキシコは、経済は堅調に推移しており、今後の飛躍が期待されています。

トルコリラの分をこの国たちが保管してくれます。

うまくバランスよく、低レバレッジで投資していけば、安定的なスワップ収入が入るし、将来的な値上がりによるキャピタルゲインも期待できます。

 

預金は日本円への一択投資

預金が一番安全とか、元本割れがないから、一番だという人が今も多くいます。

投資している人が約2割程度である日本では、投資よりは預金という人がほぼ大半と言えるでしょう。

 

元本割れがなくて、安全だと考えてる人は、まさにマネリテのない人だと思いますね。

ただ、デフレが続いていた時代は、偶然にもそれでもおおきな失敗にならなかったため、その傾向をより強めたかもしれません。

しかし、普通にデフレ経済は、国の成長にとっては好ましくないというのは、社会で習いませんでしたっけ。

 

ものが安く買える!ラッキー。

幸せな社会だって。

それ、アホでしょって。

 

預金は、日本円への一択投資です。

日本円の価値が下がれば、当然の如く資産の価値は減ります。

額が変わらない。。。

 

あの、昔は1円札とかあったんですよね。

100円札とかも。

それ考えると、同じ額でも時代により価値が変わるって、普通ならわかるはずですが。

今の100万円と1年後の100万円。

10年後の100万円が同じ価値って。。。

預金で利息がつけばいいのですが、今の利息考えると、ほぼゼロに等しい。

 

なのに元本割れしないからって。

こうやって預金しかしてない人をどう見ればいいんでしょうか?

 

投資しないといけないとは思いつつ、出てくる言葉は、「難しい」とか、「運用に回すお金がない」とかです。

難しいって、普通に普段買い物してるのに。

預金はしてるのに。。。

運用に回す金がない???

情弱ですかね。

 

投資信託は、100円からでも始められますが。

 

インフレで物の価格が上がっています。

100万円が数年後には、実質90万とか80万の価値にしかならないことも十分ありえます。

インフレにもいいインフレと悪いインフレがありますが、今は両方かなと思います。

確かに悪いインフレの傾向の方が強いですが。

しかし、これはもう流れですからね。

 

市場を日本国内に専念し、世界とは一線を画すという方法もありますが、少子高齢化の日本では、今後市場は小さくなるばかりです。

 

少子高齢化で市場が縮小する日本

最近特に思うのが労働者不足。

車を運転していて思うのが、白線が消えている道路が多いこと。

怖くないですか、特に夜とか。

 

線が見えないところが多くて。

これ、線を引くことができてないんですよね。

当然、市民から苦情はきていると思うんですが、人手不足とか、資金不足で引けないんでしょう。

センターラインが見えなくて、車の接触事故増えませんか?

 

いつもメディアとか、ネット記事では、今後の高齢化はどんどん進むと言われていますが、今の高齢化は、働いている世代がお世話してるから成り立っていると思いますが。

したがって、働く世代も減れば、今のように長生きする人も減ると思うんですが。

お年寄りの交通事故も増えますよ。

バスなどの便数は減っているし。

お年寄りが自転車乗っているのを見ると、フラフラして怖いです。

当たって倒れて、亡くなったら、運転した人が責任を取ることになります。

 

お年寄りは自転車のるの控えましょうと言っても、近くにスーパーがなくなったり、バスがなくなったり。

タクシー代は値上がりするが、年金は少ない。

そりゃ自転車に乗りますよ。

 

ならどうする?日本

ならどうするんだってことですが。

結構お金がもっと日本人全体に潤えば解決できる問題って多くないですかね。

みんなが裕福になれば、家庭を持ちたいと思う人も増えるし、子供も増える。

お年寄りも、タクシーや宅配サービスで簡単に欲しいものも得られる。

 

サービスすれば給料増えると、もっといいサービスを提供する。

日本で眠っている資産は1,000兆円以上。

死んだように銀行に預けられている資産。

 

それが企業に周り、企業が頑張り、商品を開発する。

サービスを提供する。

そして給料を上げる。

 

また、個人が投資し、不就労収入を増やし少しの贅沢をする。

少しづつでもいい方向にいきませんか。

今、お年寄りが将来が心配だからとせっせと預金しています。

お金が回らないのです。

 

市場にお金を回すのは、やはりみんなが頑張らないと。

当然、政府はもっともっと頑張らないとダメですが。

増税なんて、今やるもんじゃないでしょ。

もっと財布の紐がキツくなりますよ。

本当に、何やってんだろうって。

 

まとめ

後半は、なぜ投資しないんだってところから、外れてしまいましたが。

ドルが上がり、すぐにヒーヒー生活苦しくなるんではなくて、もっとマネリテを工夫して資産を増やしましょう。

インフレはまだまだ続きますよ。

日銀のインフレ目標はいつも2%ですからね。

 

健全な経済成長は、どの国の水準もほぼ同じです。

言い換えれば、現金の価値は毎年2%づつ減っていくということを覚えておいてください。

 

で、まず簡単な外貨預金からどうですかって。

FXは手数料が安くて、低レバレッジであればすごく安全です。

レバレッジ2倍で、半分まで下落しても耐えれます。

ドルで言えば、75円程度までは耐えれます。

もしそれでも怖いなら、レバレッジ1倍でいいです。

(私は、もう75円までの円高はないと信じてるので、レバレッジは2倍と考えています。)

 

みなさん頑張ってマネリテを鍛えましょう。