おぐけんブログ 悠々自適の投資生活

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

レジにみる日本の残念な現実

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆




いつものようにネットニュースを見ていると、すごく共感する記事がありました。

これいつも思ってて、結構SNSで毎回呟いています。

 

toyokeizai.net

 

コンビニとかスーパーに行き、レジで待っていると、80%ぐらいの人が現金で払っています。

財布を取り出し、札と小銭をジャラジャラと。

金額ちょうどを出したら嬉しいのかわからないけど、一生懸命数えて。

 

後ろに並んでいると、「またか。。。」って。

 

CMでもありますが、おばあちゃんがレジで手間取っているやつ。

後ろにいるヤンキー風のにいちゃんが、「誰も怒っちゃいないから、自分のペースで。」

 

そうです。

それに対して怒りとかはないんですが、かなり残念だなって。

 

私は、現金を使う機会は、本当に少ないです。

お店はほぼ99%クレジットカードか、プリペイド型のスマホ決済。

現金を使うときは、医療機関か、スマホ決済のできない自販機。

それぐらいですね。

 

クレジットカードを使うとついつい使いすぎて、無駄使いしてしまうのが怖いという人がいます。

しかし、逆だと思います。

 

クレジットカードだと、スマホで明細をみることができますが、現金だと、財布に入っている残金を計算しないとわかりませんよね。

それと、履歴が残らないので、レシートを見直すしかないです。

 

べっと小遣い帳をつかてるといいんですがね。

 

クレジットやスマホ決済を利用する利点はたくさんあります。

  1. スムーズ
  2. ポイントがつく
  3. 買い物履歴が見える

1番のスムーズはわかりますよね。

クレジットは、たまに暗証番号を入力するため、多少はその分時間かかりますが、財布取り出してみたいなのがないので、その分早いです。

財布、またはスマホからクレジットカードを取り出すだけなので、非常にスムーズです。

 

2番目のポイントは、結構大きいです。

日本人はポイント好きなんですが、それがいまだにハンコというか、紙なんですよね。

だから、財布の中は、ポイントカードでいっぱいという、残念な財布も多いようです。

 

私は特にdカード(ゴールド)を使用しています。

ドコモですね。

ドコモのカードを使用して、ポイントを受け取り、そのポイントを運用しています。

今、4年目ですが、すでに95,000ポイントが貯まっています。

運用益は、15,000ポイントぐらい。

 

運用利回りは、5%弱(年間)ぐらいですね。

このポイントは、dポイントとして買い物にも使えるし、次のスマホ購入時にも使えます。

 

他にも、楽天ポイントも貯まってますね。

関東では、JREポイントというのもあり、いろんなお店で貯めることができます。

 

基本ポイントは、あくまでおまけみたいなもんですが、dポイントの運用は、なんかゲームみたいで楽しいですね。

100ポイント貯まれば、運用資金として追加できるので、100ポイント貯めるのが待ち遠しくなります。

 

複利で運用しているので、後半になると伸び幅がすごいです。

 

3番目の買い物履歴が見えるのは、もうアプリで普通にチェックできるというところですね。

今はどんな感じかなって見えます。

 

注意が必要なのは、そこに反映されるタイミングは、お店などによって様々だということ。

すぐに反映されるものもあれば、1週間ぐらい経ってから反映されるものもあります。

 

先月とか、過去の履歴を見て、買い物頻度を改めるという点では、結構有効だと思いますね。

 

まとめとしては、みんなもっと、便利に簡単にレジ済ませましょうよって。

レシートを溜めて、財布の中の現金を見るばかりではなく。

使いすぎるというのは、結局は自分次第です。

 

現金なら使いすぎないとか。そんなんないです。

もちろん、現金だと、限界(財布にある現金)があるので、それ以上使うことはないでしょう。

クレジットは、結構な額使えますからね。

 

しかし、そんなことで使いすぎるようでは、結局同じなんです。

ダメなんです。

 

そこはしっかりと管理する気持ちが大切です。

財布は、限界がありそれ以上使うことがないから安心だと考えている人は、結局自分がだらしないんです。

そんな人は、お金の使い方が、他の面でしっかりしてないんです。

 

以上