おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

韓国ドラマで気になる韓国焼酎(チャミスル)~飲みやすいしおいしい!!!

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



本当に自分でもびっくりですが。

まさか、韓国ドラマにはまるとは。

 

ということで、韓国ドラマをみていて、非常に気になるのが韓国焼酎。

居酒屋で、はたまた部屋飲みで。

いつも出てきます。

日本なら、生ビールといったところでしょうか。

 

韓国のドラマの中では、「焼酎」って言ってます。

梨泰院クラスのスンゴンが、焼酎はキンキンに冷やして、飲む時に振って飲むって言ってましたね。

 

あれ!なんか最近スーパーで、見たことあるなって言うお酒が売ってるぞ!

 

名前は、チャミスル

調べてみると、これがドラマによく出てきていた韓国焼酎でした。

 

チャミスルというお酒は、酒造メーカー眞露で作られています。

日本では「JINRO」でおなじみですね。

ドラマでもよく出てくるように、韓国国内No.1の販売数を誇っています。

ソウルでは、約6割のシェアを占めているそうです。

 

チャミスルの原料は、米と麦、さつまいもなどのデンプン質です。

日本の焼酎は、米焼酎芋焼酎麦焼酎と、原料がはっきりと分かれていますが、チャミスルは、いろんな原料が混ざっています。

 

アルコール度数はというと、通常の「チャミスルオリジナル」では、約20%となっています。

これは、日本酒のアルコール度数が平均15%なので、それと比較すると少し高めです。

しかし、最近では、アルコール度数が13%程度の果汁フレーバータイプも出ています。

日本で売られているチャミスルは、どちらかというと、こっちのようです。

アルコール度数も13%程度です。

この軽めのチャミスルは、中国やインド、ベトナムなどにも輸出されており、人気があるそうです。

 

日本で言う甲類焼酎に当たるチャミスルは、その稀釈工程で、竹炭を使用して、4回のろか作業をします。

この工程により、スッキリとした味わいが出るそうです。

 

f:id:se-keneconomy:20220122125200j:plain

 

韓国ドラマ「愛の不時着」でのシーン。

このシーンでは、セリとジョンヒョクが、韓国のセリの部屋で飲み明かすシーンです。

初めて、ジョンヒョクが北に帰りたくないと本音を言うシーンです。

f:id:se-keneconomy:20220122125724j:plain

 

こちらは韓国ドラマの「梨泰院クラス」。

結構飲み会のシーンが多いドラマでしたが、その都度韓国焼酎「チャミスル」が登場していましたね。

f:id:se-keneconomy:20220122125811j:plain

 

f:id:se-keneconomy:20220122125234j:plain

 

さて、チャミスル

スーパーで最初見た時、あれ?って思いました。

見たことあるぞ!

しかし、チャミスルという名前は知りませんでした。

だから、すぐにネットで調べてみました。

 

f:id:se-keneconomy:20220122125323j:plain

チャミスルは、6種類のフレーバーがあります。

 

チャミスルの種類 ・グレープフルーツ
・マスカット
・すもも
・ストロベリー
・オリジナル
・フレッシュ

 

一般的なフレーバーは、フレッシュです。

 

売ってるチャミスルには、通常のチャミスルと、上記のチャミスル(シリーズ)があります。

基本的には、チャミスルフレッシュがチャミスルですが、チャミスルの商品名で売られているのは、日本人好みに味を調整されているものです。

チャミスルフレッシュというのが、本場の韓国で飲まれているチャミスルと同じものとなります。

韓国でチャミスルといえば、チャミスルフレッシュのことを指すそうです。

 

飲んで見た感想はというと。

焼酎の少し飲みやすい版という感じがします。

食事しながら、一緒に飲むというのが合いそうですね。

 

チャミスルフレッシュを飲みましたが、本当にスッキリという感じの飲み口です。

 

値段は、スーパーで250円程度でした。

コンビニだと300円以上かな。

 

次は、いろんなフレーバーを試してみたいかなって思います。