おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

野球のボールを買ってみた~硬球って結構重いね

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



最近注目をあびているのが大谷選手ですね。

もうワクワクしています。

 

ホームランを打つ姿は、本当にすごいですね。

メジャーでは、日本と異なりアッパースィングで打つバッターが多いそうです。

日本では、どちらかというと、ダウンスィングまたはレベルスィングを推奨しています。

アッパースィングは、日本では逆に怒られる打ち方です。

これは投手の攻め方が違う事もあるし、観客の期待も違いますし。

また体の大きさも違いますから。

アッパースィングで、ボールを遠くに飛ばすには、かなりの筋力がいるそうです。

 

ということで、ニュースで見る機会が増えてきたので、ちょっとボールに興味を持ちました。

いままでサインボールはもったことあるんですが、実際のボールはどうなんだろうって。

 

f:id:se-keneconomy:20210716131417j:plain

 

買ったのは、ゼビオです。

値段はだいたい500円ぐらいですね。

 

持って思ったんですが、意外と重いですね。

もっと軽いのかと思ったんですが。

やはりサインボールって、重さもほとんど同じだったんだってこと。

サインボールは、よくバットを模した3本の木の上に飾っておくから、普通より重く作られているんだと思っていました。

 

帰って計ってみると、重さは140g程度ありました。

持った感じ、これを投手って投げてるんだ。

体力使うだろうなっていうのと、このボールを場外まで打ち込むって、すごいなって、改めて思いましたね。

 

ルールでは、ボールについて以下決められているそうです。

硬式野球ボールは、コルク、ゴムまたはこれに類する材料の小さい芯に糸を巻きつけ、白色の馬皮または牛皮二片でこれを包み、頑丈に縫い合わせて作る。」

 

また、

(1)外周:229mm~235mm

(2)重量:141.7g~148.8g

(3)縫糸:綿糸16番手 10本撚り

(4)ゴム芯:400㎝の高さから落下させ180~200㎝のバウンド

 

だそうです。

(4)は、あくまでゴム芯のことですから。

硬球は、そこまではねないでしょう。

 

ボールの用途により、使用する牛革の位置も異なるそうです。

これは知らなかったな。

 

プロ野球で使用するのは、牛の背中の方の革だそうです。

で、その下が高校野球

で、一番下が練習用だそうです。

 

f:id:se-keneconomy:20210716133027j:plain

 

軟球って、いろいろ種類がありますが、硬式野球はボールが1種類しかありません。

そのため、小学生のリトルリーグも高校野球プロ野球ですべて同じボールを使用しています。

プロ野球では、すべて同じボールを使用しています。

統一球としてミズノ製のボールを使用しています。

実は、甲子園でもこのボールを使用しています。

 

f:id:se-keneconomy:20210716133947j:plain