おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

Wi-Fiルーターを買い替えた結果、驚く事に~BUFFALOとJ:COMの組み合わせ

SPONSORED LINK

家のWi-Fiルーターなんですが、もうここ最近ずっと、調子が悪い。

よく切れるので、いつもルーターの電源コードを外し、また入れ直す。

再起動が必要です。

まぁ、結構長い間使ってるので仕方ないのかと。

しかし、ルーターを買い替えるのは、結構躊躇していました。

でも、今回思い切って買い替えしてみました。

f:id:se-keneconomy:20210129210214j:plain


 

買い替えをしなかった理由は

なぜ、そんな状態にもかかわらず、買い替えなかったのか。

それは、恥ずかしながら、再設定に手間取り、ネットに繋がらない状態になるのが怖かったからです。

システムエンジニアなんですが、ネットワークについてはあまり詳しくなくて。

私の場合はアプリケーションエンジニアだから。

 

プロバイダーに接続するための設定だとか、機器の電源を入れる順番だとか、まじつながらなかった時の対応だとか。

考え出すとなんか憂鬱で。

 

ネットワークの設定っていうのは、やった時には覚えてるんですが、時間が経つとなにやったのか忘れてしまいます。

もう一度やれって言われたら、どうやったっけってことになります。

だから結構めんどくさくなるんですよね。

 

今のWi-Fiの状況は

今の状況はと言うと。

 

よく切れるし。
急につながらなくなるし。
遅いし。

 

もう少し我慢しようと思ってたんですが、さすがに年数も経っているので買い替えを考えました。

 

ちなみに交換前にネットのスピードを計ってみました。

以下が家のWi-Fiでつなげた時のスピードです。


f:id:se-keneconomy:20210129160628j:image

 

で、下がドコモの4Gでスピードを計った場合です。


f:id:se-keneconomy:20210129160709j:image

Wi-Fiかなり遅いなって。

 

購入したWi-Fiルーターは

で、さっそく電気屋さんに行って購入したのは以下のWi-Fiルーターです。

f:id:se-keneconomy:20210129211209j:plain

↑ BUFFALOのWSR-1800AX4シリーズ。

これはWi-Fi 6対応のWi-Fiルーターです。

Wi-Fi 6とは。

 

お店に行くと、Wi-Fi 5というのも売っています。

価格で言うと、Wi-Fi 5の方が安くなります。

 

いわゆる規格なんですが、当然Wi-Fi 6の方が性能はいいです。

f:id:se-keneconomy:20210129213104j:plain

Wi-Fi 6。

第6世代のWi-Fiです。

 

速度は、Wi-Fi 5の約2.7倍。

Wi-Fiは、2.4GHz帯・5GHz帯の2つの周波数帯を利用します。

Wi-Fi 6では、5GHz帯がさらに高速化されています。

また、遠くまで届く2.4GHz帯も新規格に対応しました。

従って、ルーターからはなれた位置でも、従来よりも届きやすくなりました。

 

 

設定手順は

我が家はインターネットは、J:COMです。

事前にネットでWi-Fiルーターの設定なんかを見ると、プロバイダの接続情報が必要と言うのがあります。

Wi-Fiルーターに、プロバイダへの接続情報として、IDとパスワードを入力する必要があるとのこと。

 

しかし、プロバイダからの資料なんて、今どこにあるのかわからない。

そうなったら、設定途中でパスワードを探す余分な手間がかかると。

なので、事前にJ:COMのサポートに確認を入れました。

 

Wi-Fiルーターを切り替えたいんですが、どんな情報が必要ですかって。

すると。

J:COMの機器を使っている場合、Wi-Fiルーターの線を切り替えるだけでいけますよ!だって。

なるほど。

見ると確かにJ:COMルーターが間に入ってる。

 

なら本当に設定は簡単だ!

 

では、いざ設定へ。

 

1.LANケーブル、電源コードを抜く

とりあえず、Wi-FiルーターからLANケーブルと電源コードを抜きます。

あと、プロバイダの電源コードを抜きます。

 

そして、30分ほどほったらかしにします。

色々調べてみると、ネットワークの情報が当分の間残っていることが多く、30分程度は放置しておいた方がいいと書いてあったので。

 

2.電源を入れる

で、30分後に電源を入れ、LANケーブルに繋ぎます。

 

実はこれだけでした。

スマフォで確認すると、SSIDが現れ、付属されていた暗号化キーを入力すると普通につながりました。

いったいなんだったんだろうか。

あの不安は。

 

新しいWi-Fiルーターの性能は

では、新しいルーターの性能を計ってみましょう。

 

↓ どうです!これ。
f:id:se-keneconomy:20210130114954j:image

 

download性能が9Mbpsだったのが、68.5Mbps。

7倍以上です。

もう全然違いますね。

 

Wi-Fiルーターを買う時に、店員に今のルーターは6年以上使ってますねって言ったら、えらくびっくりされてた。

えっ、そんなにWi-Fiルーターって買い換えるものなん?

 

今回Wi-Fi 6という規格になりましたが、やはり規格が変われば性能も格段にあがるんだなって。

やはりネットをする時に、スピードが速いに越したことないですからね。

 

意外と嬉しい機能(i-フィルター)

意外と嬉しい機能は、i-フィルター機能。

これは、子供とかいる世帯において、やはり見せたくないジャンルのものってありますよね。

それをフィルターしてくれるというもの。

 

細かな設定はできませんが、小学生レベルとか、高校生レベルなどで切り替えることができます。

f:id:se-keneconomy:20210130175913j:plain

で、これをどの端末で有効とするか、除外するかを指定できます。

 

このi-フィルター機能、実は有料です。

残念ですが。

初回に限り、60日は無料で使うことができます。

それ以上使用する場合には、お金が必要です。

f:id:se-keneconomy:20210130180142j:plain

 

1年間で、3,300円。

月単位で見ると、275円。

これはもう安いって感じ。

275円。1ヵ月で2本缶ジュースを飲むのを我慢すればいいのです。

 

少し使ってみて、効果があるのかを見てみようと思います。