おぐけんの経済研究所

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについての記事を中心に書いています。

公文のロイヤリティは40%程度~老後の小遣い稼ぎとしては厳しい現実

SPONSORED LINK

公文、いくもん!!

公文ってありますよね。

結構CMもやっていますが。

公文って、教材を教室でやらせて、少し採点して、あと宿題出すだけで、結構楽なんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが。

いやいやあれはきついようですね。

 

f:id:se-keneconomy:20191030215209j:plain

ロイヤリティは驚きの40%

大体1教科が6,300円程度。

2教科だと12,600円。

大体50人ぐらいの生徒がいるとすると、月630,000円の売り上げ。

 

おっと、これはいいな!例えば自宅の一室を公文の教室にすれば家賃はタダだしと。

 

しかし、ここからまずロイヤリティ40%が引かれます。

残りは378,000円

 

ガクーンと減ります。

例えば、家の一室を使っているとすると家賃はタダです。

しかし、エアコン代や、そのほか電気代は必要です。

あと馬鹿にならないのが、採点のためのスタッフ

 

ピーク時の時間帯では3人は欲しいところ。

人権費はというと、1日4時間を2人。

週4日とすると、8時間*4=32時間。

月4週とすると、32時間*4=128時間。

時給800円とすると、約10万円。

278,000円。

で、ここからいろんな雑費が引かれるというわけですが。

公文をやっている人のブログを見てみると、やはりいろいろ引かれて50人、100教科だと、月収が10万ちょいと言った感じだそうです。

これはちょっときついですね。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

やはりフランチャイズ契約は圧倒的に不利

最近コンビニの24時間営業が、オーナーを圧迫しているというニュースがよく流れています。

正直もうコンビニの24時間経営は厳しいですよね。

なんせ、バイトが集まらない。

そりゃ、仕事を求めている人も多いでしょうが、今は売り手市場で仕事が沢山ありますからね。

わざわざきついコンビニを選ばないでしょうね。

 

今は、コンビニはいろいろ手出しすぎて、覚えることが多すぎて、大変だそうです。

普通にクレジットで支払いと言っても、結構手間取る新人さんも多いですからね。

また、ストレス社会のため、コンビニの店員に怒りをぶつける人も多いと聞きます。

まったく、立場的に弱い人間に対してしかエラそうにできない人間って、本当にかっこ悪いですよね。

 

フランチャイズ契約は本当に注意が必要です。

手助けをするという考えは基本ないと思っといた方がいいですよ。

単にロイヤリティが欲しいだけなんですから。

オーナーさんが泣き付こうが、本部はどうでもいいんです。

ロイヤリティさえ入れば。

見方だと勘違いしないように。

 

東大阪市のコンビニも本部にいじめられていたとの報道がありましたが。

契約解除をちらつかせている時点でひどいですね。

老後の仕事の一つとして公文いいかなって思いましたが、絶対無理だわ。。。

 

www.oguecolabo7.com