おぐけんの経済研究所

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについての記事を中心に書いています。

名目金利と実質金利

SPONSORED LINK

たまに経済関連のテレビで耳にする、名目金利実質金利について。

報道などでは、名目金利の方がよく話題になりますが、本当に考慮しないといけないのは実質金利の方だとか。

それは何故なのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

 

 

f:id:se-keneconomy:20191021222157j:plain

名目金利と実質金利

報道でよく耳にする金利は、名目金利です。

この名目金利にインフレ率(物価の上昇率)を加味したものが実質金利となります。

銀行の金利として表示されているものは、名目金利です。

 

ただし、この金利は、物価上昇率を考慮していない値となります。

物価の上昇率を加味すると、この金利が本当の金利とは言えなくなりますよね。

 

例えば、100万円を銀行に預けていたとします。

金利は3%とします。(仮の話ですよ)

1年後には、103万円になりますが、物価の上昇率が1.0%だった場合、価値が1.0%減るので、実際の金利は、2.0%(3.0%-1.0%)となります。

この2.0%が実質金利となります。

要するに、実質金利は、名目金利からインフレ率を引いた値となります。

 

為替での名目金利と実質金利

為替のレートについても、この実質金利の考え方をするべきです。

よく名目金利だけで、報道されていることがありますが、それだと本質は見えてこないんですよね。

為替は、国家間の金利差が影響してきます。

よく資源国通貨で金利の高い通貨が買われますよね。

これは、金利差によりスワップポイントがもらえるからです。
南アフリカランドとか、オーストラリアドルニュージーランドドルとか。)

例えば、アメリカの長期金利が2%だとし、インフレ率は2.0%とします。

※あくまで例として。

日本の長期金利が1%で、インフレ率が-0.5%とした場合を考えてみます。

名目金利のみで考えると、ドルが2%。円が1%なので、金利差を考えるとドルを買いますよね。

ドルを買う人が多くなるので、為替は円安ドル高にむかうでしょう。

これを実質金利で見た場合はどうなるでしょうか。

ドルの実質金利は0.0%、円は1.5%となります。

名目金利だと、ドルの方が高かったのですが、実質金利だと円の金利の方が高くなります。

実質金利も考慮に入れて考えると、一概にドル高にはならないということになります。

 

www.oguecolabo7.com

 

南アフリカランドの場合

南アフリカランドについても同様のことが言えますよね。

ランドの政策金利は、現在6.5%です。これは名目金利ですよね。

南アフリカは、現在インフレ率が約4.4%なので。実質金利は2.1%となります。

アメリカは、政策金利は2.0%。インフレ率は、1.82%で、実質金利は0.18%。

南アフリカの方が実質金利は高いですね。

南アフリカのランドは、少しづつ持ち直してきており、7.3円を超えてきています。

USD/ZARは、今14.7近辺で推移しており、ランドが買われているようです。

 

 

www.oguecolabo7.com