おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

子供が被害に~警察を呼び対応を依頼した結果。

SPONSORED LINK

しかし、ほんとに最近は物騒な世の中になりましたね。

特に子供と女性に対する犯罪が多く、ほんとに許せません。

多くの国民は平和で健やかに生活したいと考えてるのに、ほんの一部の人間の餌食になる。

今回は子供が被害にあったので、警察を呼びました。

その結果についてお知らせしようかと。

面倒だからと警察に言わないで忘れようとしている人が多いと思いますが、次の被害者を出さないようにするのも大切かと。

 

f:id:se-keneconomy:20191214183030j:plain

事件の発端は

子供達と近くのモールのゲームセンターに行きました。

そこで下の子が仮面ライダーのゲームを始めました。

いつもとなりの子供とカードの交換をして楽しむため、お父さんは近くの自販機の所で座っといてって言われます。

その日も同じように少し離れたところで待つことにしました。

今日はお兄ちゃんもいましたが、お兄ちゃんは弟のやっている隣で見ていました。

その時に隣に太ったジャージを着たおっさんがいました。

まぁ、大阪なんでこんなおっさんは珍しくもない。

外に出るにも、汚いジャージ。これはもう定番なんでしょうかね。

子供がいつものようにゲームを始めました。

少し経つと、お兄ちゃんがやってきて、「隣にいたおじさんに椅子を蹴られ、なんかいろいろと言われた!」って。

座ってた椅子を蹴られたそうで、その前後にすごい勢いで何事かわめいていたとのことです。

すぐに下の子がゲームしているところに行きました。

もちろん、お兄ちゃんはそこに残して。

で、私がいくと、今度は私に向かって大声で笑いながら、何事か叫んできました。

これはやばいと思い、下の子を連れて離れました。

 

正直ゲームセンターには、小さい子も多くいます。

普通ではない大人がいて、かつ子供が実際の被害にあっているということで、その場で警察に電話しました。 

 

 

www.oguecolabo7.com

 

警察官とのやりとり

110番して、状況を伝えました。

そうすると警察官を向かわせるので、その場にいてほしいと言われました。

正直、おのおっさんの近くにいること自体が少し危険ではないかと考えたりもしましたが。

まぁ、警察が来るまでは待つことにしました。

しかし、遅い。

遅すぎる。

20分ぐらい経過したのかな。

2人の警察官が来ました。

すぐに近づいて、通報したのは自分であることを伝えました。

警察官は現場に向かい、その場にいるようにと言われました。

また、ここからが長い。

いつまで待たせるのか。

また20分ぐらいたったような気が。

ここにいて、急におっさんが来て通報したことでもめるのは嫌だったので、違うフロアに行きました。

違うフロアにいると、警察署から電話がかかってきました。

事情を聴きたいので、また現場近くに来てほしいとのこと。

子供がいるので、離れたところでならといい、現場近くに行きました。

そして細かな事情を話しました。

また、実際ゲームをやっていたところに行き、どんな感じであったのかも話しました。

幸いなことにそこには監視カメラが設置しており、それで確認するとのこと。

 

警察官には、直接暴力を振るわれたわけではないため、もう結構ですという感じで言うと、子供に対することなので、直接でなくても十分犯罪に値するとのこと。

ただ、もう訴えることはしないというのであれば、書類にサインいただければ、それで結構ですとのこと。

もちろん、訴えて裁判に持ち込もうなんてこれっぽっちも思っていなかったのでサインしますということにしました。

 

向こうのおっさんも子供連れで来ていたそうで、反省しているとのこと。

ゲームで笑っていたのを自分たちが笑われたと勘違いし、腹を立てたそうです。

警察が監視カメラを確認した結果、実際に椅子を蹴り、子供たちに対して威嚇(暴言)をしたことも確認できたとのこと。

 

まぁ、ここまでわかればもう十分として、サインしました。

しかしサインは子供がしないといけないんですね。

もちろん保護者の私もサインしましたが。

 

警察官が言っていましたが、子供相手の事件が最近多いので、遠慮なく言ってきてくださいねって。

 

 

 

www.oguecolabo7.com

 

最終的には

今回のことで私自身も勉強になりました。

1.警察官はやはり親切だ

警察官は2人きましたが、どちらの警察官もとても親切でした。

上記のいきさつを書く上では、わからないかもしれませんが、全て丁寧に教えてもらい、こうしたらどうですかとか、こういう手続きになりますというのをきちんと説明してくれました。

本当に感謝です。

やはり日本の警察はすごいなって。

2.ただ時間がかかりすぎる

問題はその時間。

時間がかかりすぎますね。

今回も読んでから到着するまでが非常に長かった。

当事者のおっさんがいなくなっていてもおかしくなかった。

私も帰ろうかと思ったぐらいですからね。

また、来てからも長い。

とにかく待つ時間が長い。

まぁ、おっさんに事情を聴いていたのかもしれませんが、とにかく長い。

この事象。通報してから最終的にサインするまで、実に3時間近くかかりました。

これだけ拘束されるのでは、警察に通報する人が減るのではないかと思いましたね。

3.サインも子供がするの?

サインは被害を受けた子供がするとのこと。

途中でお兄ちゃんが用事がありいなくなったので、代わりに下の子がサインすることに。

まだ幼稚園児。

字もスマートに書けません。

警察官は一生懸命寄り添って、私と一緒に平仮名で住所や名前を書きました。

名前はすぐ書けるのですが、住所を平仮名で決められた枠の中に書くのは相当大変でした。

ここは親が書いてもいいんじゃないかと思いましたがね。

そこまで律義にしなくてもって。

こういう事件に2人の警察官が3時間。

いやー、日本は平和だな。ってある意味思いました。

 

しかし、本当に最近は怖い世の中です。

おっさんも、すぐかっとなる性格で、笑われていると勘違いしカッとなったと言っていました。

子供の笑い声に対してこうやって怒る人もいるんだなって、怖くなりました。

 

警察が言うように、何かあればすぐに警察を呼ぶように。

自分の子のことだけでなく、そういう現場を見つけたら通報するようにした方がいいと思います。